リンクフリーを近日中にとりやめる予定です

すでにリンクを貼っていただいている方、ご一報頂きたくお願い申し上げます。


ごく少数ですが、リンクをお断りする場合があります



ブログ内 風景光景カテゴリー

続編記事などをご希望の方は こちらへどうぞ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新ニャん歓迎会

「冬場になると毛がモジャモジャになる猫」の話を2012年11月 3日に掲載しました。



飼い主のおじさんのところへ寄ってみました。
日本のモノヅクリが盛んであった時代に精密機械の製造や設計に携わっていた方で、いろいろと興味深い話を聞かせていただきました。ほかにも、遠くを撮るための 100cm (1m) 近い手作りのレンズ、世界に数十台しかない電動タイプライターなどなど興味深い機材がたくさん残してありました。

ということで、今回はレトロな道具をご紹介・・・と思いましたが、勘の鋭い皆様はお察しの通り、あと何回筆を進められることやら・・・
今回は、続編要望の多かった猫ちゃんを中心とした話題。


### 過去記事をご覧いただいていない方へのご案内 ###
寒くなるとモジャモジャ
忘ニャん会
忘ニャん会 おまけ画像の続編です。




まずは、冬場になるとモジャモジャになる猫。



もうすぐ夏。
抜けかけた冬の毛皮は白髪のようにも見えます・・・



2012年12月26日掲載分の記事で、
我が子を見守っていた母猫。
( テレビの見過ぎを注意していたような )



あちこち目を光らせています。
いつまでたっても、子どもたちの様子が気になるのでしょう。



忘ニャン会に遅刻して入れなかったのんびり屋さん。



大きな口を明けて、ふあ~あっと。



オイラも負けずに大アクビ!



アニキの大アクビには勝てそうに無いぜぇ~。



さてさて、今回の主役はこの子。
他の兄弟たちは、お星様になってしまったとのこと。

とはいえ、ひとりぼっちで寂しいのではありません。
新入りということもあり、仲間たちに可愛いがられています。



普段は母親の側にべったり。



まだまだ甘えたい年頃だからニャあ・・・



食事となると、母親の下に隠れて移動。
右側に背中だけ見えるのは父親でしょうかアニキでしょうか。
すでに食べ始めています。



父親??の隣でお食事開始っ!
母親は、我が子がしっかり食べているか見守り中。
両脇から子猫をガードしているように見えてきます。



満腹になった後はお遊戯の時間。



親の背中に乗り、トレーニング中!?
うまく登れたかニャ。



ひとりで遊び回りたいお年頃!?



「あまり遠くに行かないでね」とでも言うように、



母親はそっと見守っています。



歩き回って疲れたニャあ。
お腹もいっぱい、眠くなってきた~。



おやすみ~
スポンサーサイト

本日も最後までご覧いただきありがとうございます。

「つまらなかった」「判り辛った」という方もご遠慮なくコメント欄へどうぞ

テーマ :
ジャンル : ペット

ネギにトンボ

春先くらいから、桃色感のあるお花を探していた



桃色がかった花を発見。



5月初旬に撮った、エンドウ豆の花。



花が咲き終わると莢(さや)、果実が伸びてくる。



エンドウ豆、食材として店頭に並んでいる姿は見慣れているが、
花として観てみると興味深い。



これはダイコンの花。



春先から探している桃色感のあるお花。
いかにも花が咲いていそうな場所を巡るよりも、野菜のある畑にオモシロそうなターゲットがあるのかも。



これはネギの花。
ネギ坊主といったほうがお馴染みだろうか。



ミツバチが寄っていることからわかるように、花粉がたっぷり。



私たちが普段、口に入れるのは根もとに近いこちら。

ネギ坊主の成長過程はこんな感じ。



初めのうちは、ツボミは薄い皮に包まれています。



ツボミは、やがて風船のように膨らんできて・・・



ツボミの中から、ネギ坊主がこんにちは・・・と顔を出す。



花粉たっぷりなのでしょう。ミツバチもご満悦の様子。



いつものように
ごゆっくり~。



んん、ネギにトンボの姿が・・・



トンボってネギが好きでしたっけ???
休憩したいようですね。今度こそ
ごゆっくり~。

本日も最後までご覧いただきありがとうございます。

「つまらなかった」「判り辛った」という方もご遠慮なくコメント欄へどうぞ

テーマ : 花・植物
ジャンル : 写真

騒がしいPCは嫌だ -2

騒がしいPCは嫌だ -1の続き、実践編です。
※ 猫ちゃん画像は最後に載せてあります


まず、冒頭にお断りしておきます。
自作した PC において、冷却ファンの交換は自由です。一方、メーカー製のPCに関して冷却ファンの交換などはユーザーの改造とみなされ万が一の際に保証 ( 補償 )を受けられなくなることがあります。


### 過去記事をご覧いただいていない方へのご案内 ###
この記事の発端は
・2013年 5月27日掲載分「暑くなる前のお手入れ」です。
気軽にお掃除できそうな部分に簡しては
・2012年12月26日掲載分「PC周りを大掃除」にて取り上げました

冷却ファンを交換する対象としたのは
White ZERO 430のリリース直前に、ビータラボ株式会社の社長から店長に手渡された
かつての国民的機種を出荷していたメーカー のPC。



古びた掃除機のような騒音が、数部屋先までハッキリと聞こえる状態。
冷却ファンがにぎやか。というよりも、う・る・さ・い。

起動直後は順調に動くのだが、冷却不足のためか 2~3時間で暴走する。
筆者がみたところ、熱暴走のようだ。

一般的にメーカー製 PC の場合、法の定めにより、7年くらいは保守用の部品が残されている。
今回の対象となる PC はすでにこの期間を過ぎたので、メーカーに問い合わせても同じ部品の入手は難しそうだ。

どうせ、保証 ( 補償 )も受けられない。
のであれば、自己責任覚悟でファンを交換してみる。

※ 冒頭にも記したような理由から、腕に自信の無い方は素直に PC ショップ等にお任せすることをオススメします。


CPU の冷却ファンをいじりたいので、ケースを開けてしまいます。



冷却ファンの掃除にしろ、交換にしろPCケースのカバーを外すことになります。
メーカー製 PC の場合、無闇に開けられないようになっています。



このモデルの場合、赤線で囲った部分にあるネジをひとつ外すと、カバーが外れるようになります。



念のため、フロントパネル ( 前面 ) 側にあるネジも外します。



単純にお掃除したい場合もここまでの手順は同じ。



ここで、ていねいにホコリ、チリを除きます。
油カスがあるかもしれないので綿棒でキュっと!
お掃除だけの場合は、これでPCケースを閉じて終了。

今回のお題目は「冷却ファンの交換」です。



交換用の冷却ファンの種類を知る必要があります。
最初に付いているタイプをメモしておきます。
ファンの中央に何やら書いてあります。
重要なのはボルト数とアンペア数、さらに大きさです。
さらに、わかる範囲でファンを製造したメーカー、型番なども記しておきます。
実際はデジカメ、スマホなどでファンの型番などを撮ってからお店へ向かうと良いでしょう。

画像からお判りのように、この冷却ファンは 12V、0.19A。
口径 は60 mm ( 6cm ) 、高さは 10mm ( 1cm ) でした。

PC ケースのカバーを戻し、パーツショップへGo!



現在は 120 mm ( 12cm ) 口径タイプの冷却ファンが主流で、旧来からの 60 mm 、40mm タイプの選択肢はそれほど多くありませんでした。
何件かパーツショップを巡って、一番近いタイプはコレでした。

・静かさの観点から、駆動部分が日本製
・口径、高さといったサイズが一致
・駆動するときの電圧 ( ボルト数 )


までは条件が合致するものの、電流 ( ~~アンペア )が合致するモノは見つからず・・・

結局、~~CFMと書いてある、「送風量」「最大風量」を基にこのファンに決定っ!
ほぼ 0.2Aに近いので何とかなりそう。
あくまでも静穏かどうかは装着するまでわからない・・・

※ ファン交換前に、もう一度PCのカバーを開けるところから掲載すると長くなるので省略します。



ショップから戻り、再度、PCケースのカバーを外します。

冷却ファンがとめてあるネジ ( ビス )を外します。
この時に、ひとつのネジを集中的にグリグリするのは良くありません。
対角線を考えながら少しずつ緩めてゆきましょう。

腕に自信がある方は、ここでグリスを塗りなおすとよいでしょう。
過去記事、暑くなる前のお手入れでも述べたように、
塗りなおしの際は、古いグリスをしっかり落とすことが重要です。



新しい ( 交換用の )冷却ファンをポンっと!
古いファンを外したのと同様、対角線上に締めてゆきます。

実際にファンを交換しても風量が足りないと冷却不足に陥り、PC が熱暴走するかもしれません。
その場合は、もう一段階回転数が速く( 大きい )、 最大風量の多い冷却ファンを付けることになります。
今回、交換後は半日ほど通電してもエラーにならず、動作音も静かになりました・・・

[おまけ画像]


天気が良いからゴロニャンっと。



まだかニャ。



そろそろ終わりぃ~っ!?



まだまだみたいだ。
寝ていよう・・・



ゴロゴロしていようと思ったのに、目がさめたニャ~っ。



視線の先にはスズメがのんびりと・・・



そーっと近づいて・・・



あっ、逃げられた~。
トラと鳥の追いかけっこはまだまだ終わりそうもありません・・・

本日も最後までご覧いただきありがとうございます。

「つまらなかった」「判り辛った」という方もご遠慮なくコメント欄へどうぞ

テーマ : PCパーツ
ジャンル : コンピュータ

検索サイトからお越しの方へ
検索サイトからお越しの方は、ブラウザのアドレス欄vitalaboloveおよび、fc2.comが含まれているかご確認ください。
含まれていない場合、偽サイトを閲覧なされている可能性があります。

偽サイトは、当ブログの文字部分や画像部分が有害サイトへのバナーと置き換わっているようです。
プロフィール

Author:Vitalabolove
ご訪問ありがとうございます。
店長を任されておりますVitalaboloveです。

コメントはお気軽に。
今のところリンクフリーですが、あと数日でとりやめます。

画像データ、文言の引用は事前連絡くださるようお願い申し上げます。事前連絡の際は、左下、メールフォームを経由をご利用ください。

最新記事
カレンダー
05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
ランキング
いつも応援いただきありがとうございました。ただいま休養中につきランキングへ参加していません・・・

フリーエリア
内緒話などはおきてがみをご利用ください。
月別アーカイブ
メールフォーム
掲載された記事について、ご不明な点はここからお問い合わせください

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
スパムと思われるトラックバックは削除しました
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。