リンクフリーを近日中にとりやめる予定です

すでにリンクを貼っていただいている方、ご一報頂きたくお願い申し上げます。


ごく少数ですが、リンクをお断りする場合があります



ブログ内 風景光景カテゴリー

続編記事などをご希望の方は こちらへどうぞ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[補足] ネギに留っていたトンボ



6月初旬、ネギにトンボが留っている様子。



2013年 6月12日掲載分、ネギにトンボにおいて、
ネギに留っているトンボの姿を掲載しました。
羽を休めていた ( 休憩していた ) 姿を表現したかったところです。

2013年 6月12日掲載分、筆者の旨は、野菜の花をよく見ると興味深いという点です。



誤解の無いように補足しますと、一般的にトンボは肉食性とされており、他の昆虫たちを捕えて食します。
けっして、ネギを食べていたわけではありません・・・

トンボは ( 枝先などの ) 見晴らしの良い場所に留る習性があります。
昆虫たちを見つけるのに都合が良いのでしょう。


お知らせ
活動休止にともない、この記事を事前に予約投稿してあります。
トップ記事の固定を目的としています


トンボは自由奔放に飛び回るイメージが強いのでしょうか、撮り難いという声も聞きます。



たしかに、飛んでいる姿を追うのはひと苦労。
ならば、休憩しているところをパチりっと。



鳥や蝶と同様、静かに近づかないと逃げてしまいます。
トンボは同じ場所に戻ってくる確率が高いようです。



案の定、飛び去ってしまったと思ったところ、同じポールの先に戻ってきました。
トンボの好む昆虫が近くにいるのかもしれません・・・



こちらのトンボは地面に近いところで何かを待っている模様。
何度か飛び立ってはこの場所に戻ってきました。



昆虫を捕えるには、見晴らしが良い場所とはいえません。
どこかでお腹を満たしてきたのでしょうか。それとも、単純に疲れていたの休んでいたのでしょうか・・・



人間が近寄っても逃げる気配がありません。
じっくり観ていれば、首を( 頭を ) 回す場面が撮れるかも・・・



残念ながら、今回は首を回す場面に至りませんでした。
気長に待っていれば、2012年 8月25日掲載分のように、クルっと傾ける姿が撮れたのかも・・・
スポンサーサイト

本日も最後までご覧いただきありがとうございます。

「つまらなかった」「判り辛った」という方もご遠慮なくコメント欄へどうぞ

テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

[検索語彙への応答] お手軽なスズメバチ対策

前回に続き、スズメバチ トラップ ( ハチ取り器、捕獲罠 )のお話。



6月に試してみたスズメバチトラップ。
設置して10日ほど経つと、数匹のスズメバチが浮いていました。
※ 巨大な巣がある場合は役所や駆除業者に相談するのが賢明です。



秋になると、毎年のようにスズメバチによる被害が報道されます。
スズメバチの個体数が増えてきている
と言われている一方、
従来の食糧が手に入らなくなり、人間の生活圏に入ってくるようになった
とも言われています。

スズメバチを積極的に捕獲・駆除するのではなく、
「人間の生活圏内 (庭木など) に入って来なければ良い」
という観点からスズメバチトラップを試してみました。


お知らせ
活動休止にともない、この記事を事前に予約投稿してあります。
トップ記事の固定を目的としています


トラップ ( ハチ取り器 ) を作る際、準備するものは、空のペットボトル、カッター、ペンチ、油性のペン。



ペットボトルの容量としては、1.5 ~ 2 リットル、丸い形状( 円筒状 )が推奨されているようです。
丸い容器のほうが、蜂が滑りやすいのだそうです。加工の際も、窓を作り易いことでしょう。

あくまでも筆者の私的な見解ですが、スズメバチにとって丸い形状、角ばった形状はあまり重要でないのかもしれません。蜂の足が滑るか否かに関して言えば 、
---トラップの中に入った蜂の様子を観ていたところ、しばら羽ばたいていました。やがて、羽を休めようとします。その際、通常は枝や棒状のものなど、なにかに留まろうとします。ところが、トラップの中では留まるところがなく誘引剤 ( 液体 )の中へ落ちてゆきました。---
ペットボトルの内側が滑るか否かよりも、蜂が休息する場が有るか無いか重要ということでしょう・・・



ペットボトルに窓 ( 蜂の入る口 ) を作ります。

窓を切り抜かない。
カタカナで書けば、「ロ」の字ではなく「コ」の字の形に切ります。
仮に切り抜いてしまっても、トラップにスズメバチは入りますが、逃げ出してしまうかもしれません。

窓の大きさは 3cm角が良いそうです。
今回、筆者が用いたペットボトルは横方向に凹凸があり、横幅がおおよそ4cm。



凹凸に逆らうようにカッターの刃を入れるのは手間がかかります。
よって縦 3cm 、横 4cm の窓を作りました。
たしかに、丸い形状で凹凸の無いペットボトルの方が窓を切り易いような・・・



ペンチ等を使って、窓に角度をつけます。



ペンチで軽く挟み、窓の角度を調整
丸い形状のペットボトルのほうが切り込みを入れ易い一方、窓の角度をつけるには角ばったペットボトルのほうが向いているかも・・・



窓を90度以上に開けてしまうと、せっかく入ったスズメバチが出ていってしまうかもしれません。
ある程度、逃げ難い角度に調整します。
( そもそも、開け放った形の窓を作るならば、窓を切り抜いてしまうほうが楽です。 )

トラップに誘引剤を注いで完成です。
「誘引剤」と言うと、お硬いイメージ。
今回は、専門的な薬品は使いません。



お手軽に用意できそうな、清酒、酢、砂糖の組み合わせで良いようです。
前話と重複しますが、筆者は上記のほかにミカンの果汁を加えました。

混ぜ合わせる分量は諸説あります。
地域、環境、スズメバチの種類などの条件によって結果は左右されます。
何通りかの調合を試して、良い結果をもたらす組み合わせを探すことになりそうです。

以下、筆者の私的な感想です。
複数のトラップを仕掛けてみたところ、ニオイの強い誘引トラップのほうが好調のようです・・・

本日も最後までご覧いただきありがとうございます。

「つまらなかった」「判り辛った」という方もご遠慮なくコメント欄へどうぞ

テーマ : こんなのどうでしょうか?
ジャンル : 趣味・実用

[検索語彙への応答] 凶暴なのはスズメバチ

今回は、検索サイトからお越しいただいている方々への応答として、蜂に関する話題です。


※ これは2013年 5月25日に掲載した記事の画像です。
2013年 5月25日 分で掲載した熊蜂 ( クマバチ ) や


※ これは2013年 5月 7日に掲載した記事の画像です。
ミツバチはいたって温厚な性格。



凶暴なのはスズメバチ
ほかのハチたちが花を好むのに対し、スズメバチは肉食系
暑い時期は見かける機会が減りますが、秋になると活発、どう猛になるので注意したいところです。


お知らせ
活動休止にともない、この記事を事前に予約投稿してあります。
トップ記事の固定を目的としています





6月の時点で、小柄なもので2センチ半、大柄なものは4cmを越しています。

※ 巨大な巣がある場合は役所や駆除業者に相談するのが賢明です。

さてさて、虫を見るなり殺虫剤を撒くヒトもいることでしょう。
スズメバチは凶暴なことを考えると、対峙したときにさされる危険性もあります・・・

あくまでも筆者の私的な見解ですが、殺虫剤などで退治を試みたとして、薬剤の効かない子孫が残ってゆくかもしれません。2013年 3月11 日分にて、アフリカナイズドミツバチを触れましたが、抵抗力が増すように進化するのも厄介です。

積極的に駆除するのではなく、
「人間の生活圏内 (庭木など) に入って来なければ良い」
という観点から、スズメバチトラップ( ハチ取り器、ハチ取り罠 ) を試してみました。

市販されているものもありますが、空いたペットボトルと家庭にありそうな調味料で簡単に作れるとのこと。


スズメバチトラップに関しては検索するとたくさんヒットします。
興味のある方はスズメバチ トラップへのリンクをご参照ください。





ペットボトルに 3cmくらいのハチが入る窓を空けます。
カッターナイフやペンチを使う際、手を切らないように注意。

誘引剤としては、清酒、酢、砂糖。
筆者はミカンの果汁を加えました。
ブドウの果汁やグレープフルーツの果汁も良いのだとか・・・



風通しの良い日陰に設置、高さは2mくらいが良いそうです。
画像は栗の木につるしてみた状態です。

このまま 10日から2週間で効果が出るとのこと。



罠を仕掛けて数時間後、
すでにスズメバチが罠の中に浮いていました・・・

本日も最後までご覧いただきありがとうございます。

「つまらなかった」「判り辛った」という方もご遠慮なくコメント欄へどうぞ

テーマ : こんなのどうでしょうか?
ジャンル : 趣味・実用

検索サイトからお越しの方へ
検索サイトからお越しの方は、ブラウザのアドレス欄vitalaboloveおよび、fc2.comが含まれているかご確認ください。
含まれていない場合、偽サイトを閲覧なされている可能性があります。

偽サイトは、当ブログの文字部分や画像部分が有害サイトへのバナーと置き換わっているようです。
プロフィール

Author:Vitalabolove
ご訪問ありがとうございます。
店長を任されておりますVitalaboloveです。

コメントはお気軽に。
今のところリンクフリーですが、あと数日でとりやめます。

画像データ、文言の引用は事前連絡くださるようお願い申し上げます。事前連絡の際は、左下、メールフォームを経由をご利用ください。

最新記事
カレンダー
08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ
ランキング
いつも応援いただきありがとうございました。ただいま休養中につきランキングへ参加していません・・・

フリーエリア
内緒話などはおきてがみをご利用ください。
月別アーカイブ
メールフォーム
掲載された記事について、ご不明な点はここからお問い合わせください

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
スパムと思われるトラックバックは削除しました
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。