リンクフリーを近日中にとりやめる予定です

すでにリンクを貼っていただいている方、ご一報頂きたくお願い申し上げます。


ごく少数ですが、リンクをお断りする場合があります



ブログ内 風景光景カテゴリー

続編記事などをご希望の方は こちらへどうぞ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[未掲載分] 天井裏が騒がしい (2)

近年、アライグマやハクビシンによる害が報道されるようになりました。



前話の通り、天井裏で騒いでいたのはアライグマでした。

野生化したアライグマによる被害は、
埼玉だけでなく、神奈川、千葉などいわゆる郊外で顕著だとのこと。



一説によれば、
アライグマの飼育が禁止される直前、飼い主さん本人、もしくは依頼を受けた業者さんが、放獣したことにより増えたとのこと。

都心から高速道路で小一時間程度走れば、少し自然が豊かな地域。
「この辺りで余生を過ごしてもらいたい」と願う飼い主さんの最後の愛情でしょうか・・・
むろん、その地域の住人にとっては、放獣されたことを知る由もありません。



アライグマの繁殖力は強く、一度に6頭前後の子どもを産むとのこと。
さらに、外来種にありがちな、天敵がいないことも我が国で急増した一因かと思われます。


お知らせ
活動休止にともない、この記事を事前に予約投稿してあります。
トップ記事の固定を目的としています


筆者は普段、生き物を尊ぶという立場ですが、人間の生活に害を与えるとなると話は別です。



役所の職員さんに捕獲用の罠(カゴ)を設置していただきました。
前話で触れたように、個人で罠を設置する場合は狩猟免許が必要となるそうです。

暗黙の了解で、設置場所はある程度変更しても良いとのこと。
何らかの獣が罠に入った場合は、役所の職員さんに連絡するお約束です。

アライグマやハクビシンは強い病原菌や寄生虫を持っていることが多いそうです。噛み付かれたり、引っかかれたりしないように注意。

個人で行うべきことは毎日、罠のエサを交換すること。



捕獲罠の奥にある釣鐘 ( フック ) にエサをぶら下げます。
フックを引いたとたんに、罠の入り口扉が閉じるようになっています。
ただ、エサをぶら下げただけでは罠の奥まで入って来ないかもしれません。



2~3m 前から撒き餌をします。
とはいえ、即座に罠にかかるわけではありません。
最初のうちは、「この場所に食糧がある」と思い込ませることが肝心。

ちなみに、アライグマは雑食だそうです。甘い果実も大好きなようです。
筆者はバナナを選択しました。

対象がハクビシンなどの時はリンゴが効果的なのだとか・・・



アライグマは器用と言われています。
網の間からエサだけを抜き取って帰ってしまうことも考えられます。

罠を覆うなどして、奥まで進まなければエサにありつけない状況にしておくのが良いようです。

長くなりましたので続きはまた後日・・・
スポンサーサイト

本日も最後までご覧いただきありがとうございます。

「つまらなかった」「判り辛った」という方もご遠慮なくコメント欄へどうぞ

テーマ : 動物の写真
ジャンル : 写真

[未掲載分] 天井裏が騒がしい (1)

ラスカル~っ。


アライグマは人懐こい。愛嬌ある姿やしぐさ。
動物園など飼育施設で観賞する分には問題ありません。



表題にあるように
「屋根裏が騒がしい」
ということで、筆者が天井裏に顔を出したところ、ラスカル君とご対面となりました。

予め記しておきます。
2013年春頃、筆者は雉( キジ ) を撮ることに夢中で埼玉某所に足を運んでいました。
この件はその頃のヒトコマです。この件に直面していたころ、当ブログは他の話題を進行していたため、掲載却下となった題目です。


お知らせ
活動休止にともない、この記事を事前に予約投稿してあります。
トップ記事の固定を目的としています



「特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律」
という法が平成17年6月頃施行されました。



簡単に言ってしまえば、
「日本に昔から生息していない生物からの被害を減らそう!」
という感じでしょうか。
この法において、アライグマは特定外来生物に指定されています。
当然、アライグマ ( カニクイアライグマ ) の飼育や売買も禁止されています。

※ 複雑な申請手続きを経れば、飼育の許可されることもあるそうです。
観賞目的はほぼ却下となるようです。環境省などのWebサイトなどで情報を入手できます。
外来生物法に関しては環境省、自然環境局のWebサイトに詳しく掲載されています。



動物園などでアライグマを観ているかぎり、人間に危害を加えるイメージは浮かびません。
今回問題視すべきは、家屋の天井裏に出没した点。



「触らぬ~~に祟りなし」のごとく、
無視、放置しておくのが良いのでしょうか!?!?



特定外来生物に指定されている ( わが国に昔から生息していない ) アライグマやハクビシンは、木造の家屋にダメージを与えてしまいます。
まるでジャングルジムで戯れるように遊び廻り、時には断熱材や電気配線などを傷つけてしまうことがあります。
外来種ということで、天敵も皆無。

ほかにも人間にとっての害としては、農作物、とくに甘い果樹を好むようです。
栽培しているスイカなどが何者かにくり抜かれたという話があります。
アライグマは器用な動物です。スイカに丸い穴を開けて、食べてしまったのかもしれません・・・

野生のアライグマへの対処、とくに捕獲や駆除に関しては賛否両論あります。
筆者は普段、自然や生き物を尊ぶという立場です。が、人間に害を与えるとなると話は別です。

検索してみると、アライグマやハクビシンへの対処を得意とする業者さんもあります。
依頼するとなると費用は軽自動車一台分くらいかかる場合もあるのだとか・・・



役所の方に連絡したところ、捕獲用の罠(カゴ)を借りることができました。
また、捕獲に際していろいろ手ほどきをいただきました。
所定の手続きをして捕獲罠を設置。設置は役所の職員さんにお任せ。
個人で罠を設置する場合は狩猟免許が必要とのこと・・・

全ての自治体で捕獲罠の貸し出しを行っているかは不明です。
このような罠は市販されており、費用は諭吉先生数枚とのこと。



仕組みとしては、カゴの奥にフック ( 釣鐘 )があり、ここに餌をぶら下げます。
アライグマなどがフックを引くと入り口が閉じるようになっています。
画像左側、入り口が閉じた状態です。

長くなりましたので続きはまた後日・・・

本日も最後までご覧いただきありがとうございます。

「つまらなかった」「判り辛った」という方もご遠慮なくコメント欄へどうぞ

テーマ : 動物の写真
ジャンル : 写真

[補足] シオカラトンボの雄、雌

そろそろ、背中が夕焼け色のトンボでにぎわう頃でしょうか。前回に続き、トンボのお話。



初夏によく見かけるトンボ。
筆者の周り(埼玉近辺だけ!?)では、一般的にシオカラトンボと言われています。



水色の背中が印象的。
静かに後方から近づいてパチりっと。


お知らせ
活動休止にともない、この記事を事前に予約投稿してあります。
トップ記事の固定を目的としています




シオカラトンボといえば水色と思いがちですが、これはオス、メスの違いなのだとか。
オスが水色から黒になるそうです。


※ これは2013年 6月12日に掲載した記事の画像です。

一見、麦藁のような色あいから、ムギワラトンボと呼ばれることもあります。
ムギワラトンボとはシオカラトンボのメスの別名だとのこと。
※ オスでも若いうちは水色に至らず、麦藁のような色あいで、日が経つことに水色に変化するようです。



オオシオカラトンボ、シオヤトンボでも同様に、オス・メスで柄が違うそうです・・・



もしかして、ヤマトンボ??
近づいて観たところ、オオシオカラトンボのように見えます。



映りこんだ自分の姿が気になるのでしょうか。
はたまた・・・ガラス越しに何を見ているのやら・・・



前話につづき、
「首を回す姿を撮ってみたい!!」
ということで、気長に待ってみました。



しばらく休憩している様子のトンボ、口をパクパクと動かし始めました。
そろそろ首を回すかも!!



撮れたのは、アゴを突き出して上を向いた姿。
その後も、何回か首を回したのですが、うまく撮れませんでした。

撮れた際にはいずれ・・・

本日も最後までご覧いただきありがとうございます。

「つまらなかった」「判り辛った」という方もご遠慮なくコメント欄へどうぞ

テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

検索サイトからお越しの方へ
検索サイトからお越しの方は、ブラウザのアドレス欄vitalaboloveおよび、fc2.comが含まれているかご確認ください。
含まれていない場合、偽サイトを閲覧なされている可能性があります。

偽サイトは、当ブログの文字部分や画像部分が有害サイトへのバナーと置き換わっているようです。
プロフィール

Author:Vitalabolove
ご訪問ありがとうございます。
店長を任されておりますVitalaboloveです。

コメントはお気軽に。
今のところリンクフリーですが、あと数日でとりやめます。

画像データ、文言の引用は事前連絡くださるようお願い申し上げます。事前連絡の際は、左下、メールフォームを経由をご利用ください。

最新記事
カレンダー
09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
ランキング
いつも応援いただきありがとうございました。ただいま休養中につきランキングへ参加していません・・・

フリーエリア
内緒話などはおきてがみをご利用ください。
月別アーカイブ
メールフォーム
掲載された記事について、ご不明な点はここからお問い合わせください

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
スパムと思われるトラックバックは削除しました
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。