リンクフリーを近日中にとりやめる予定です

すでにリンクを貼っていただいている方、ご一報頂きたくお願い申し上げます。


ごく少数ですが、リンクをお断りする場合があります



ブログ内 風景光景カテゴリー

続編記事などをご希望の方は こちらへどうぞ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[検索語彙への応答] USB接続のマウスが動かない - (2)

検索サイトからお越しいただいている方々への応答として、USB接続のマウスに関する話題です。


※ これは2012年11月27日に掲載した記事の画像です

2012年11月27日に掲載した記事にて、USB接続のマウスが認識されないことがある件に関して記しました。

前回も述べたように
USB 延長ケーブルを用いて抜き差しするのが単純明快な方法
です。が・・・何らかの策を求めて訪問なされる方がいらっしゃるようなので・・・


お知らせ
活動休止にともない、この記事を事前に予約投稿してあります。
トップ記事の固定を目的としています

前回は32ビット版のOSを前提として話を進めました。今回は64ビット版のOSを前提として話を進めます。
※ 32ビット版のOSへの対処は前話をご参照ください。

今回は64ビット版のOSとして、Windows 7を基にしています。
おおまかな流れとしては前話で示した通りです。
・デバイスの無効 / 有効をコマンドで切り替える
・上記を自動化するバッチファイルを用意する
・上記バッチファイルを簡単に呼び出せるようにする


前話と異なる点としては64ビット版OS に対応した DevCon パッケージ を用いること
それは、何ら難しくないように思えます。

64ビット版の Windows が目につくようになったのは Windows Vista が登場した頃からでしょうか。筆者の体感で言えば、Windows 7 の登場とともに普及に勢いがついたように思います。

昨今、アプリ ( ソフトウェア )が「32ビット用」「64ビット用」などと分けられる例も増えてきました。
おおまかに言えば、64ビット版の Windows において、一般的な32ビット用アプリの多くは利用できます。
しかし、マウス等の機器をつかさどる、デバドラ ( デバイスドライバ )に限って言えば、
64ビット版のOSで32ビット用のそれを動かすのは困難です。

どちらか一方を選ばなければならない状況にあるとして、
パッケージに日本語で「32ビット用」や「64ビット用」と判り易く記されているならば、後者を選び易いことでしょう。

ほかには、「x86」「x64」と分けられている場合も多々あります。これも64ビット版に対応するのは後者だと察することができそうです。



では、図のように
64ビット用と推測できるモノが2つある場合は???
どちらを選ぶべきか迷ってしまうかもしれません。

利用中しているPC の CPU が AMD 製の場合、「amd64」というフォルダを選び易いことでしょう。
自動車でいうエンジンに相当するのは、PCでいえば CPU。
実際、CPU のシェアとしては Intel 製が多数。となると、
「Intel 製 CPU を搭載したPCでは「IA64」で良い!?!?」
と早合点する方もいらっしゃることでしょう。

「IA32」と記されている場合、80386 以降の Pentium や Celeron といった流れを汲むIntel 製 CPU を指します。
最近のCore i7 ~~ や 少し前のCore 2 ~~ シリーズもこの延長線上にあります。

「IA64」記されている場合、Intel 製 の中でも Itanium シリーズを指します。
Itanium シリーズ はデータセンター等での利用を想定されたもので、一般的な職場、家庭などで利用されることは皆無です。旧来の Intel 製 CPU とは別の流れで、命令の互換性はありません。

よって、Intel 製のCore i7 ~~ 、Core 2 ~~ シリーズ、Pentium や Celeron などの CPU が搭載されているならば、64ビット用は・・・この図の中では「amd64」が正解。
※「amd64」のほか、「EM64T」「Intel64」となっている場合もあります。

さてさて、前回の流れに従い、64ビット用の「DevCon コマンド ライン ユーティリティ」を入手しようと試みると、手間取るかもしれません。

以前は、DDK ( Microsoft Driver Development Kit ) の中に含まれていました。
DDK を簡単に言ってしまえば デバイスを操作するアプリを組みたい場合に、Visual Studio 等と組み合わせて使うライブラリです。
現在では、WDK ( Windows Driver Kit ) と名前が変更されており、その中に含まれています。

筆者が確認した頃、
Windows Driver Kit Version 7.1の中に64ビット版向けのDevConが含まれていました。
このバージョンは2010 年春頃から配付されていたものです。
話題の原点は2012年11月下旬でした。この記事が掲載されている時点では、新しいバージョンの Windows Driver Kit が配付されていることでしょう。

Windows Driver Kit Version 7.1 はISO 形式で配付されていました。マウントするアプリを使うか、DVD-Rに焼くなどしてから実行します。



全てをセットアップする必要はありません。
「Tools」にチェックを入れて、[O K]ボタンをクリック。



セットアップする場所をたずねられます。ここはこのまま進みます。
何も指定しない場合は、Windows の起動ドライブに「WinDDK」というフォルダが作られます。



バージョン名を現す数字のフォルダの中に、「Tools」というフォルダがあります。これを開きます。



「DevCon」というフォルダの中に「amd64」「i386」「IA64」などのフォルダがあります。
この中それぞれに「devcon.exe」というファイルがあります。

少し前で述べたことと重複します。
32ビット版の Windows を利用している場合は「i386」、64ビット版の Windows の場合、たいていは「amd64」。
※ Itanium シリーズが搭載された PC で 64ビット版の Windows ならば「IA64」
一般的な職場、家庭での利用を想定し、ここでは「amd64」として話を進めます。

ここから先は前話の流れとほぼ同じです。

まず、自動実行させるバッチファイルを作ります。テキストファイルを作り、名前を変更すればOKです。
筆者は拡張子が表示されている状態で進めています。

拡張子を表示するように切り替えるには、キーボードの[Alt]ボタンを押し、



「ツール (T)」→「フォルダー オプション (O)」を選択。



ダイアログ中の「表示」タブに移動して、



「登録されている拡張子~~」のチェックをオフにします。
これで、拡張子も含め、ファイルのフルネームが表示されます。

メモ帳を起動して、新しくファイルを作ってもOKですが、テキストファイルの作成は近道を通りましょう。
ショートカットメニューを呼ぶには、
フォルダの何も無いところを右クリックするか、「Shift」ボタンを押しながら「F10」を押します。
もしくは、キーボード右側「Ctrl」ボタンの隣あたりにメニューと矢印が刻まれたボタンを押します。



「新規作成」→ 「テキスト ~」と進み、ファイル名を変更します。

前回と同じく、ファイル名を「mouse_ms.cmd」等に変更しようとすると、確認のダイアログ ( メッセージボックス ) が表示されます。



ここではファイル名を変更したいので、「はい(Y)」を選択します。



バッチファイルを編集します。
右クリックするか、「Shift」ボタンを押しながら「F10」を押します。



メモ帳で貼り付ける内容は前話とほぼ同じです。

2行目、CD ~~の部分が、前回と異なります。
~~の部分を、その PC に適した Devcon.exe のあるフォルダに変更します。

ここでは、Windows 7 で一般的な Intel 製 CPUが搭載された PCと想定し、64ビット用 ということで
CD C:¥WinDDK¥7600.16385.1¥Tools¥devcon¥amd64
と変更しました。
32ビット版の Windows 7 であれば「amd64」の部分を「i386」に置き換えれば OKです。
ほか、USB接続の機器を再認識させる部分は同じです。

前回はこれをスタートボタンから呼び出せるようにして完了でした。今回は、Windows 7 を軸に考えているので少々手間を加えます。

Windows Vista 以降に加った機能として、UAC ( ユーザーアカウント制御 ) があります。
UAC は、不審な命令を無闇に実行させない仕組みともいえますが、それゆえにバッチファイルの実行を止められてしまうかもしれません。
そこで、このバッチファイルを管理者権限で実行できるように変更します。



右ドラッグして、( マウスの右ボタンを押しながらグリグリっと・・・ )



ショートカットアイコンを作成します。



アイコンやタイトルを前回と同様、判り易いように変更。

「詳細設定 (D)」ボタンを選択し、



「管理者として実行 (R)」にチェックを入れて キーボードの[Enter] ボタンを押す。

スタートボタンからショートカットアイコンを呼び出し易くします。



前話と同じ要領です。ショートカットアイコンをスタートボタンにドラッグ。



スタートメニューにショートカットアイコンが表示されていればOKです。

もし、USB 接続のマウスが認識されなくなった際は
キーボードの [Windows ロゴ] ボタン、もしくは[Ctrl]ボタン を押しながら [Esc]ボタン を押し、
このショートカットアイコンに照準を合わせて [Enter]キーを押します。

この図のような状態ならば、
キーボードの [Windows ロゴ] ボタンを押して、[↓](方向キー、下向き矢印)を2回、そして[Enter]キーの4ステップ。



「DevCon コマンド ライン ユーティリティ」が USB接続のマウスを認識するまで数秒・・・

今回も長くなりました。やはり、ここまでの手間を考えると、
USB 延長ケーブルを用いて抜き差しするのが単純明快な方法
である旨、ご納得いただけたでしょうか!?!?

度重なる抜き差しは、やがてUSB 接続ポートを痛めてしまいます。PC 本体 ( マザーボード ) の修理となると腰が重くなりがちです。それに比べ、USB 延長ケーブルの交換で済むならば決断も素早いことでしょう・・・

ところで、今回と前回で綴ったのは、Windows 起動直後やスリープからの復帰した際に、マウスの認識に失敗する場合のお話です。
アプリ ( ソフトウェア ) の操作中にマウスを頻繁に見失うなどのケースであれば、ここでのお話は参考にならないかもしれません。そのようなケースならば、マウスもしくはマザーボードの点検が必要かも・・・
スポンサーサイト

本日も最後までご覧いただきありがとうございます。

「つまらなかった」「判り辛った」という方もご遠慮なくコメント欄へどうぞ

テーマ : Windows
ジャンル : コンピュータ

[検索語彙への応答] USB接続のマウスが動かない - (1)

検索サイトからお越しいただいている方々への応答として、USB接続のマウスに関する話題です。


※ これは2012年11月27日に掲載した記事の画像です

2012年11月27日に掲載した記事にて、USB接続のマウスが認識されないことがある件に関して記しました。


※ これは2012年11月27日に掲載した記事の画像です

該当記事においては、USB 延長ケーブルを用いて抜き差しするのが単純明快な方法であるとの旨、扱いました。

Windows にかぎっていえば、アプリ (ソフトウェア) で何とかする方法もあります。
ただし、不完全な面があり、載せるべきか否か迷った結果、却下となった話題です・・・


お知らせ
活動休止にともない、この記事を事前に予約投稿してあります。
トップ記事の固定を目的としています

この問題の答えとしては、USB装置を再認識させることです。
利用中のOSが32ビット版なのか64ビット版なのかによって、若干異なります。
今回は32ビット版のOSを前提として話を進めます。
※ Windows 7 / Vista や64ビット版のOSへの対処は次回を予定しています。

32ビット版のOSということで、今回はWindows XPを主体とします。
おそらく、Windows 2000やWindows Server 2003においても同様の手法が通用すると思います。

余談ですが、Windows XPについては2014年春、Windows Server 2003に関しては、その1年後にサポート終了と告げられています。
筆者の推測を述べます。かつて、Windows 2000のサポート期間が終了する際、法人向けを前提に有償サポートが案内されていました。Windows XPサポート終了に関しても、法人向けに有償サポートが実施されるのではないでしょうか・・・

話を戻し、
「マウスが認識されない場合どうすれば良いか?」
を考えてみます。

デバイスマネージャで、USBポートに接続されているマウスを一旦無効にして、その後、再度デバイスマネージャでマウスを有効にする。筆者が試したかぎりでは、この方法で解消されます。

仮に、マウスが正常に動いている状態であれば、



「マイコンピュータ」のアイコンを右クリックして、



「デバイスマネージャ」をクリック。



ウィンドウの右ペインにある「HID 準拠マウス」を右クリックして・・・
となりますが、直面しているであろう状況は「マウスが効かない」・・・
おそらく、キーボードに頼って、この操作を行うことになるでしょう。キーボードの [Alt] ボタンや[Ctrl]ボタン、[Tab]ボタン等、アレコレ押すことになります。
順調に進んで数十秒、さらに、頻繁に発生する (この操作が必要になる) とすれば面倒に感じるかも。

ということで、
・デバイスの無効 / 有効をコマンドで切り替える
・上記を自動化するバッチファイルを用意する
・上記バッチファイルを簡単に呼び出せるようにする

の3点を目標に話を進めます。

※ マウスが効かない状態ですと、この後に述べる内容が難しくなると思われます。この後の内容を試みる場合は、面倒でも、一度抜き差しする等、確実にマウスが利用できる状態でお進みください。

まず、1点目の「デバイスの無効 / 有効を切り替える」ためには
Microsoft 勤製の「DevCon コマンド ライン ユーティリティ」を用います。もちろん無料。

検索すると簡単に見つかるハズですが、見つからない方は下記の検索リンクを参照ください。
検索用リンク - その1
検索用リンク - その2

おそらく、Microsoftの(公式な)サポートページは検索順位上位に表示されると思います。
そのサイト内にあるDevCon パッケージ をダウンロードします。

ファイル名は「devcon.exe」となっていて、日付は10年以上前の2003年1月頃。
対応OSはWindows 2000、Windows XP、および Windows Server 2003となっています。
言い換えれば、Windows 7 / Vista や 64ビット版のOSでの動作は不明・・・



入手した「devcon.exe」というファイルを実行します。
PCの状態によっては、末尾の4文字「.exe」が表示されない場合もあります。



解凍先を問われますので適当に設定して,ダイアログ右上の「Unzip」ボタンをクリックします。

ちなみに、筆者はCドライブに「device」というフォルダを作り、さらにその中に「USB」というフォルダを作り解凍しました。



解凍作業が完了すると「i386」および「ia64」というフォルダ、さらにEULA(ソフトウェア利用許諾契約)が作成されます。

この中の「i386」というフォルダに入っている「devcon.exe」を実行します。

使い方はコマンド プロンプトから
devcon.exe オプション ”~~”

となります。

デバイスを無効にするには「devcon.exe disable ”~~”」、デバイスを有効に戻すには「devcon.exe enable ”~~”」とキーボードから打ちます。「.exe」の4文字は省略可能です。



コマンドラインを入力して操作する方法に馴染んでいるヒトにとっては苦にならないかもしれません。
しかし、検索サイトからお越しになっている方々には辛い作業かもしれません。



そこで、自動実行 ( コマンド入力作業を簡略化 ) させるためのバッチファイルを作ります。

まず、メモ帳を起動。
以下の内容で保存します。

echo USB接続のマウスを再認識
cd C:\device\USB\devcon\i386
devcon disable "USB\Vid_045e&Pid_0084&Rev_0000"
devcon enable "USB\Vid_045e&Pid_0084&Rev_0000"

pause




ファイルの保存は、マウスが有効な状態と仮定すれば、メニューからファイル(F) -> 名前をつけて保存(A)、
キーボードから操作する場合は、 [Alt] ボタンを押しながら[F]を押し、[S]を押します。
[Ctrl] ボタンを押しながら[S]を押すほうが速いかも・・・



Windows において、コマンドライン用のバッチファイルは、ファイルの拡張子 ( ファイルの種類 ) が「cmd」もしくは「bat」とするのが一般的です。



ファイル保存ダイアログにおいて、「ファイルの種類(T)」は「すべてのファイル」に変更します。
そして、「ファイル名の(N)」の欄に適切な名前を入力して保存します。・・・この段階で、メモ帳を終了しない(閉じない)ことが望ましい・・・

ちなみに、筆者は「MOUSE_MS.bat」という名前で保存しました。「後日、このファイルはMS社のマウス向けバッチファイルであるということが、判り易いように」との想いからです。
実際は、マウスのメーカーやモデルが異なるごとに別々のバッチファイルを用意する必要があります。

バッチファイルの内容が怪しいと思う方や判り難いと思われる方のために少々補足。
まず、2行目
cd C:¥device¥USB¥devcon¥i386
に関してですが、「devcon.exe」の在り処をPCに伝えています。
古くからPCを使っている方にはお馴染みの、「パスを通す」です。
バッチファイルが「devcon.exe」と同じフォルダ (パス)に在る場合は省略可能です。

次の3、4行目
devcon disable ”~~”
devcon enable ”~~”

は既に述べた通り、デバイスマネージャのプロパティから無効、有効を切り替えるのと同様の作用のコマンドを実行します。

この例は、あくまでも筆者の利用環境でのバッチファイルです。
実際には、ダブルクォーテーションで囲われた中の文字列現在使っているマウス固有のIDに置き換える(修正する)必要があります。

「現在使っているマウスのハードウエアID」を確認するには、デバイスマネージャから、HID準拠マウスのプロパティを開きます。

HID準拠マウスをダブルクリック、もしくは、右クリックしてメニューの中から「プロパティ (R)」を選択します。



ダイアログ画面の「詳細」タブをクリックします。--- (1)

Windows XPであれば、通常、(2)「デバイス インスタンス ID」が表示されています。
ドロップダウンリストから「ハードウェア ID」を選択します。 --- (2)

この例では
HID¥Vid_045e&Pid_0084&Rev_0000
となっている部分がUSB接続マウスのID。 --- (3)

よく見ればお判りの通り、冒頭の「HID」3文字を「USB」に変えて入力しますので要注意。

マウス操作が可能であれば、図中(3)HID~~の周辺をクリック、マウス操作が不可能であればキーボードの[Tab]ボタンを何回か押してフォーカスを合わせます。
ここで、キーボードの[Ctrl]ボタンを押しながら[c]を押します。

もし、さきほどバッチファイルを保存した際にメモ帳を終了させてしまった場合は、もう一度メモ帳を起動し、バッチファイルを開きます。

メモ帳で、ダブルクォーテーションの直後にキャレット (カーソル)を合わせ、ダブルクォーテーションで囲まれた文字列を消去。
マウスのIDを貼り付けるには、キーボードの [Ctrl]ボタンを押しながら [V] を押します。
貼り付けた文字列の先頭3文字「HID」を「USB」に変更して上書き保存します。
保存の際は、[Ctrl]ボタンを押しながら [S] を押すのも良いでしょう。

※ 貼り付けが出来なかった場合は、
HID¥Vid_○○&Pid_△△
という文字列を
USB¥Vid_○○&Pid_△△
に変更して、キーボードから入力すればOK。

※ 記事では都合上、全角アルファベットを用いています。実際に入力する際は、半角で入力してください。

最後に、バッチファイルを簡単に呼び出せるようにします。
一部では、「この類のバッチファイルをスタートアップに入れておけば良い」との説もあるようですが、筆者の考えは異なります。
たしかに、起動時に毎回マウスを認識できない状態ならば、バッチファイルをスタートアップに入れておくのも有効でしょう。しかし、サスペンドやスリープ( お昼寝状態 )からの復帰時にバッチファイルが実行されないケースもあります。
そこで、ショートカットを作成しておき、マウスが認識されなかった時だけバッチファイルを実行する方針で試みました。

そもそも、起動時に毎回マウスを認識しないようであれば、マウスもしくはPC側のUSBコントローラ等が物理的に壊れている可能性もあります・・・

※ マウスが利用可能な状態であると仮定して話を進めています。

まず、その前に
「ショートカットの作成の方法が判らない」
と言われてしまうと先に進みません。
さきほど作成したバッチファイルを右ドラッグしてみましょう。
同じドライブ内にショートカットを作成する方法は他にもありますが、右ドラッグが楽です。



「右ドラッグって何!?」
という声も聞こえてきそうです。マウスの右ボタンを押したまま少しグリグリと動かして、ボタンを離します。・・・とここまで記すのもどうかとは思いますが、「PCを使って10年以上~~」と主張なされているたヒトが、基本を飲み込めていない例もありましたので念のため・・・

話をショートカットの件に戻します。
この時に表示されるメニューの中に「ショートカットの~~」という項目があります。
この要領でショートカットアイコンを作成することができます。

ここで作られる
「ショートカットアイコンは実態ではなく、影武者」
というか呼び出し係、連絡係のようなものです。

キーボード操作で、「USB接続マウスを再認識させるバッチファイル」へのショートカットアイコンをから呼び出せるように工夫してみます。

以下、スタートメニューと記すのは、( Windows XPにおいては画面左下 ) スタートボタンをクリックした際に開くコンテクスト ( メニュー )を指しています。

スタートメニューにショートカットアイコンが表示されるようにします。
ここでは、バッチファイルのアイコンをスタートボタンの上へドラッグします。



右ドラッグではなく、普通のドラッグでOKです。



スタートボタンにショートカットアイコンが表示されれば成功。



筆者はショートカットのタイトルを「マウス(USB)を再起動」、アイコンをマウスに変更しました。

初めはショートカットのタイトル「USBマウスを~~」としていました。
冒頭にアルファベットの「U」が付いていてしまうと、終了オプションの「U」と重なるため変更しました。
同様の理由から「HID」の「H」も避けたほうが無難です・・・

この状態までたどり着けば、いちいちUSBケーブルの抜き差しを行わなくてもOK。
USB接続のマウスが認識されない場合の対処が楽になりそうです。

キーボードの [Windows ロゴ] ボタンを押して、スタートメニューを呼び出します。
[↓](方向キー、下向き矢印)を2回、そして[Enter]キーを押せばOK。
計4回のボタン押下でUSB接続のマウスを再認識させることができます。

この例では、[↓]ボタンを押す回数は2回で済みます。
実際には、ほかのショートカットアイコンが加えられている場合があります。
[↓]ボタンを押すべき回数は各自の環境に依ります・・・

ところで、
「[Windows ロゴ]ボタンってどれですか!?!」
との声も聞こえてきそうなので参考までに記しておきます。
ここで記した、[Windows ロゴ] ボタンとはキーボード左側、[Ctrl]ボタンと[Alt]ボタンの間に付いている窓や旗のマークが付いているボタンを指しています。
機種によっては[Windows ロゴ] ボタンが無い場合や、判らない場合は [Ctrl]ボタン を押しながら [Esc]ボタン を押してみましょう。[Windows ロゴ] ボタンを押したのと同様にスタートメニューを開くハズです。

さらに補足です。筆者の環境ではキーボードは USB接続ではありません。PS/2ポート (丸口、紫色もしくは青紫)接続です。USB接続のキーボードにおいては、万が一の際、キーボード操作すらできないことでしょう。その場合は、USBケーブルの抜き差しが手っ取り早いのです・・・

2012年11月頃から3部に分けて練ってあった原稿を1回分にまとめたため、今回は長くなりました。
USB 延長ケーブルを用いて抜き差しするのが単純明快な方法である旨、ご納得いただけたでしょうか!?!?

64ビット版 OS での例はまた後日・・・

本日も最後までご覧いただきありがとうございます。

「つまらなかった」「判り辛った」という方もご遠慮なくコメント欄へどうぞ

テーマ : Windows
ジャンル : コンピュータ

検索サイトからお越しの方へ
検索サイトからお越しの方は、ブラウザのアドレス欄vitalaboloveおよび、fc2.comが含まれているかご確認ください。
含まれていない場合、偽サイトを閲覧なされている可能性があります。

偽サイトは、当ブログの文字部分や画像部分が有害サイトへのバナーと置き換わっているようです。
プロフィール

Author:Vitalabolove
ご訪問ありがとうございます。
店長を任されておりますVitalaboloveです。

コメントはお気軽に。
今のところリンクフリーですが、あと数日でとりやめます。

画像データ、文言の引用は事前連絡くださるようお願い申し上げます。事前連絡の際は、左下、メールフォームを経由をご利用ください。

最新記事
カレンダー
12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
ランキング
いつも応援いただきありがとうございました。ただいま休養中につきランキングへ参加していません・・・

フリーエリア
内緒話などはおきてがみをご利用ください。
月別アーカイブ
メールフォーム
掲載された記事について、ご不明な点はここからお問い合わせください

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
スパムと思われるトラックバックは削除しました
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。