リンクフリーを近日中にとりやめる予定です

すでにリンクを貼っていただいている方、ご一報頂きたくお願い申し上げます。


ごく少数ですが、リンクをお断りする場合があります



ブログ内 風景光景カテゴリー

続編記事などをご希望の方は こちらへどうぞ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[未掲載分] 黒いアゲハ (2)

黒い蝶をもうひとつ。見かけたのは前話の黒いアゲハより1ヶ月くらい後。



またまた逆光か!?



前話の黒いアゲハに比べ、細身に見える。
さらに、後翅から飛び出した部分を尾に例えるならば、尾が長いように見える。



後方に回って観てみよう・・・


お知らせ
活動休止にともない、この記事を事前に予約投稿してあります。
トップ記事の固定を目的としています


美味しそうな蜜を発見したようだ。

黒いアゲハ

前話で触れたように、黒い翔にオレンジ色の紋のアゲハ蝶は多数。よく似ていて種が介在し間違い易い。

黒いアゲハ

横腹がオレンジ、というよりも朱色。この点から、クロアゲハやオナガアゲハを除外できる。
この段階で、ほぼジャコウアゲハと考えてよいだろう。

かつて、ジャコウアゲハは日本各地に生息していた。しかし、近年は急激に減少しているとのこと。
埼玉では西暦2002年頃から、準絶滅危惧種に指定されている。
幼虫のエサとなるウマノスズクサの減少が原因らしい・・・

上の画像では横腹うんぬんが判り辛いかも。
以下3つの画像より横腹の違いが判るだろうか・・・

黒いアゲハ

まずは前話の黒いアゲハを横から観たところ。

ジャコウアゲハ

続いて、今回遭った黒いアゲハを横から観たところ。

ジャコウアゲハ

さらに近寄り、若干右斜めから観たところ。

ところで、ジャコウアゲハと似ている黒いアゲハとして、ベニモンアゲハという外来種もいるようだ。
ベニモンアゲハは後翅 ( うしろばね ) の中央に白く大きな斑点あるとのこと。
ほか、ジャコウアゲハの紋が朱色とすればベニモンアゲハの紋は紅色やピンクに近いそうだ。
画像を見る限り、後翅の中央は白くない

ベニモンアゲハを外来種と記したが、もともとはインドから東南アジアにかけて生息していた種。
近年、ベニモンアゲハは沖縄や鹿児島の奄美群島まで生息しているとのこと。
いずれ、気候変動により生息域が広がり関東地方でも見られるのだろうか・・・

2013年12月25日掲載分の記事で触れたアカボシゴマダラの件のように、本来は南方で生息していた蝶が人為的に野に放たれ広がった例もある。

後翅の紋に注目
横腹と比べ、オレンジ色や朱色よりも黄色や黄土色に近い。

ジャコウアゲハのメス

ジャコウアゲハのメスはオスに比べ全体的に色が淡い。
とはいえ、ジャコウアゲハのメスと決めつけてしまうのは短絡的。
ジャコウアゲハのオスでも羽化したばかり、サナギから成虫に変わったばかりの段階ではメスと似た姿をしているとのこと。

かつて、シオカラトンボの雄、雌にて、トンボの若いオス、成虫になったばかりのオスがメスと同じような柄である点を綴った。
オス同士の争い ( 縄張り争いなど ) に巻き込まれないように、若いうちはメスと同じような姿をしているとの説が有力。

また、生き残るには地味が有利?にて、キジのメスは地味な姿であることを綴った。
諸説あるが、「捕食されるのを避けるため」「外敵から身を守るため」というのが妥当。
実際、キジのオスも幼い段階ではメスと同じように地味な柄である。

今回の黒いアゲハは前翅( まえばね ) から推測するかぎり、羽化したばかりでは無いようだ・・・

ほかにも、ジャコウアゲハの特徴として
・他のアゲハに比べゆっくり飛ぶ 等が挙げられる。

撮った頃の記憶を遡るかぎり、
前話の黒いアゲハやミカンの樹に集うアゲハに比べ、ゆったりとしたペースで舞っていた・・・

ジャコウアゲハのメス

お腹いっぱいになるまで、
ごゆっくり~。

スポンサーサイト

本日も最後までご覧いただきありがとうございます。

「つまらなかった」「判り辛った」という方もご遠慮なくコメント欄へどうぞ

テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

[未掲載分] 黒いアゲハ

汗ばむ頃、黒い蝶の姿。



黒く見えるのは逆光のせい!?!?
黒いアゲハを撮りたかったのだが、この画像では判りにくい。



後方に回って観てみよう・・・

予め記しておきます。
黒いアゲハの画像はアゲハ蝶はミカン好き!?のミカンを植える前のモノです。
諸事情により、掲載に至らなかった分です。


お知らせ
活動休止にともない、この記事を事前に予約投稿してあります。
トップ記事の固定を目的としています


ミカンを植えた効果なのか、アゲハと遭う機会が増えた。



とはいえ、目にするのはナミアゲハやキアゲハの姿。



ミカンの側で待っていても黒いアゲハに遭えそうにない・・・



黒にオレンジ色の紋、イコール、クロアゲハと決め付けてしまうのは拙速なようだ。
クロアゲハとジャコウアゲハ、オナガアゲハ、アゲハモドキなどを間違え易いとのこと。

アゲハモドキは、アゲハモドキガという蛾の一種。
たいてい「~~モドキ」と名前がついている場合は「似て非なるモノ」。

黒いアゲハ

まず、蝶か蛾かを確認したい場合、簡単なのは触角に注目すること。
多くの場合、
蝶の触角はマッチ棒のように先端が膨らんでいる。
蛾の触角は先がとがっている。
とされている。
触角を見るかぎり先端がとがっていない。
よって、蛾ではない、つまり、アゲハモドキではなさそうだ。

ほかにも、蝶が舞うのは昼間、蛾は夜行性などなど・・・



次に、ジャコウアゲハならば横腹がオレンジや朱色なハズ。よって、ジャコウアゲハでもない。
ちなみに、ジャコウアゲハは外敵から身を守るため、体内に毒を持っているとのこと。

黒いアゲハ

残る候補はクロアゲハかオナガアゲハ。
クロアゲハはオナガアゲハに似ている、前翅が太い。」等の説明が多い。
前翅は上翅とも書くが、まえばね、つまり、頭に近いほうの羽のこと。
たしかに、後翅から飛び出した部分も長くは見えず、まえばねが太く見える。
ということで、これはクロアゲハだろう・・・

蝶の世界では、亜種や雑種も珍しくないとのこと。
どの種であるかを特定するよりも、舞う姿を楽しむことにしよう・・・



ところで、黒いアゲハが蜜を楽しんでいたのはクサギの花。
クサギは「臭木」と書くように、葉から独特の香りを発する。
それは人間にとっては好ましくない匂いである。しかし、アゲハ達には好評なようだ。

※ マイナスイメージの場合、「匂い」ではなく「臭い」と表記するのが一般的。

黒いアゲハ

お腹いっぱいになるまで、
ごゆっくり~。

本日も最後までご覧いただきありがとうございます。

「つまらなかった」「判り辛った」という方もご遠慮なくコメント欄へどうぞ

テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

[未掲載分] 白い綿状の

梅雨に入った頃だろうか。垣根の側、柿の樹に白い綿のようなモノが・・・



気になるので調べてみた。


お知らせ
活動休止にともない、この記事を事前に予約投稿してあります。
トップ記事の固定を目的としています


図鑑をながめたところ、ワタムシもしくは、アオバハゴロモ ( 青羽羽衣 ) の幼虫。



詳しそうなヒトに画像で確認いただいたところ、アオバハゴロモの幼虫が生息していた跡で間違いないようだ。

アオバハゴロモはヨコバイの仲間だそうで、およそ1cmくらい、薄く緑がかっており、樹液を吸うとのこと。
吸汁性の害虫として取り上げられている場合も多く、薬剤も紹介されている。
「樹液を吸う虫」と言えば樹木を枯らしてしまうようなアブラムシ等を想像してしまう。
アオバハゴロモは、大量に発生しているのでなければ実害が少ないので故意に駆除する必要はない。放っておいて差し支えないとのこと。
観賞目的の場合、アオバハゴロモの幼虫が分泌した白い綿状の物質で見栄えが悪くなる。たしかに害と言えば害・・・

ほか、気になる情報としては、アオバハゴロモは桑、茶、イチジクや柑橘類を好む点。

過去記事
アゲハ蝶はミカン好き!?
アゲハが来るようになったで触れたように、ミカンを植えてからアゲハの姿が増えた。
念のためミカンの樹をチェック・・・



根もとに白い綿状の物質は見当たらない。



葉のあたりも大丈夫なようだ。
画像中、丸く見えるのはアゲハの卵。



アオバハゴロモの姿はない。

さてさて、「どこまでが害」や「大量に発生」といったの判断基準はまちまち。
いずれ薬剤に対し、いわゆる抵抗性を有した子孫だけが残ってしまい、従来の薬剤が効かなくなるものだ。
薬剤による駆除よりも、綿状の分泌物が付着した枝を切り取り焼却処分に託すのが無難かも・・・

本日も最後までご覧いただきありがとうございます。

「つまらなかった」「判り辛った」という方もご遠慮なくコメント欄へどうぞ

テーマ : 花・植物
ジャンル : 写真

検索サイトからお越しの方へ
検索サイトからお越しの方は、ブラウザのアドレス欄vitalaboloveおよび、fc2.comが含まれているかご確認ください。
含まれていない場合、偽サイトを閲覧なされている可能性があります。

偽サイトは、当ブログの文字部分や画像部分が有害サイトへのバナーと置き換わっているようです。
プロフィール

Author:Vitalabolove
ご訪問ありがとうございます。
店長を任されておりますVitalaboloveです。

コメントはお気軽に。
今のところリンクフリーですが、あと数日でとりやめます。

画像データ、文言の引用は事前連絡くださるようお願い申し上げます。事前連絡の際は、左下、メールフォームを経由をご利用ください。

最新記事
カレンダー
07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カテゴリ
ランキング
いつも応援いただきありがとうございました。ただいま休養中につきランキングへ参加していません・・・

フリーエリア
内緒話などはおきてがみをご利用ください。
月別アーカイブ
メールフォーム
掲載された記事について、ご不明な点はここからお問い合わせください

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
スパムと思われるトラックバックは削除しました
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。