リンクフリーを近日中にとりやめる予定です

すでにリンクを貼っていただいている方、ご一報頂きたくお願い申し上げます。


ごく少数ですが、リンクをお断りする場合があります



ブログ内 風景光景カテゴリー

続編記事などをご希望の方は こちらへどうぞ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[未掲載分] マンデビラ

ネコノヒゲに続き、掲載に至らなかった件。



開花直前、やさしそうなピンクに魅かれる。



うまく咲いたら載せるつもりで準備していたのだが・・・


お知らせ
活動休止にともない、この記事を事前に予約投稿してあります。
トップ記事の固定を目的としています


マンデビラはキョウチクトウの仲間で、和名はチリソケイ ( チリ素馨 )。
メキシコからアルゼンチンにかけての熱い地域が原産地。



ところで、マンデビラという語を見てニヤっとしたヒトがいるかも。
はたまた、購入の際、店員さんに訪ねるのが恥ずかしい!?!?

マンデビラ

名前の由来を調べようとすると、おおむね
「19世紀にブエノスアイレスに駐在していたイギリス公使マンデビルにちなんで名づけられました。」
など文言は一律。 さらに、1837年 ( 西暦 ) と揃っている。

マンデビラ

んんん??これって
「ブルーベリージャムが大好きなイギリス空軍のパイロットいて、視力が良かった」とか
「ポパイが強いのはほうれん草のおかげ」といった類の話なのだろうか???



ブエノスアイレスといえば、アルゼンチンの首都。また、古文書を探ってみると、本国への打電、軍需品の見積もりや選挙の名簿などの中に Mandeville の名がみつかる。
よって、その説は妥当なようだ。もっとも、マンデビラは食糧でもないし意図的に普及させる目的は無いだろう・・・



ほかにも ディプラデニア や チリアンジャスミン ( Chilean jasmine ) などの呼び方があるが、「マンデビラ」の呼び方が広く使われているようだ。



もともと中南米の花ということで、陽あたりのほか、水と肥料をたっぷり与えるのが良いとのこと。
とはいえ、手間がかかるモノ、手軽でないモノは広まらない。



日本の風土に合わせて育ち易いように改良されてきたとのこと。
アサガオを育てるような感覚で気軽にチャレンジできそうだ・・・



マンデビラの仲間は 100種類以上も流通しているらしい。



こちらはマンデビラの中でも違う種。



ツボミをみるかぎり情熱的。
マンデビラの花言葉のひとつは「情熱」。



私たちは桜を愛でる。それに比べメキシコからアルゼンチンやチリなどは熱い地。
血が騒ぐような情熱的な花が好まれるのもまた然り・・・
スポンサーサイト

本日も最後までご覧いただきありがとうございます。

「つまらなかった」「判り辛った」という方もご遠慮なくコメント欄へどうぞ

テーマ : 花・植物
ジャンル : 写真

[未掲載分] ネコノヒゲ

眠そうですねぇ~。



それとも、日ざしが眩しいのかニャ!?

クミスクチン

おっと失敬。載せたかったのは猫ちゃんのヒゲではなく、ネコノヒゲという名の植物。



うまく咲いたら載せるつもりで準備していたのだが・・・


お知らせ
活動休止にともない、この記事を事前に予約投稿してあります。
トップ記事の固定を目的としています


ネコノヒゲ( 猫の髭 ) もしくは、ネコヒゲソウ( 猫髭草 )と呼ばれるシソ( 紫蘇 ) の仲間。白のほか、ピンクや紫が出回っている。

クミスクチン

呼び名から「日本に古くから存在している植物!?!?」と間違えるかも。
ネコノヒゲはもともと、インドからマレー半島にかけての熱い地域の植物。寒さや水分不足に弱い点を頭に入れて育てるほうがよさそうだ。



ネコノヒゲは英語でキャッツウィスカー。ウィスカー ( whisker ) は 髭、とくに 頬の髭を指す。
ちなみに、あご髭を意味する語は beard 。



マレーシアやインドネシアではクミスクチンと呼ばれる。
聞きなれない言葉かもしれないが、クミスクチン茶と言えばピンと来るヒトもいるだろう。
※ クミスクチン茶のほか、ネコノヒゲ茶、ねこひげ茶など

クミスクチン

前に載せたトウガン ( 冬瓜 ) と同様、利尿作用や血圧降下を期待できるとのこと・・・

ということで、まずは猫ちゃんのウィスカーパッド。



「ウィスカーパッド」を簡単に言ってしまえば、髭のつけ根あたり。その呼び方はさまざまで「ひげぶくろ」と呼ぶのが多いだろうか・・・



続いて、植物のネコノヒゲに近寄ってみよう。



そのハリやシダレを見るかぎり、この植物が「猫の髭」と名づけられたことに納得。



そういえば、この形状に似た花をどこかで見たような・・・

お腹いっぱい~。もう喰えニャい~っ。



心地よい日ざしの中、眠くなってきたニャ。



おやすみ~。

本日も最後までご覧いただきありがとうございます。

「つまらなかった」「判り辛った」という方もご遠慮なくコメント欄へどうぞ

テーマ : 猫の写真
ジャンル : 写真

[未掲載分] 丸くて大きな瓜

農園を営む方からいただいた見慣れない果実。



参考までに、脇に置いたタバコの高さは 10cm。



その姿はカボチャのような、メロンのような・・・


お知らせ
活動休止にともない、この記事を事前に予約投稿してあります。
トップ記事の固定を目的としています


正体はトウガン ( 冬瓜 )。脇に置いたタバコの高さと比べ、大きさはおよそ 20cm 。
トウガンはもともとはインドや東南アジアで穫れる瓜だそうで、わが国へは数百年前に伝わり広まったのだとか。

中身が気になります。さっそく・・・



収穫してから日が浅いと皮が固いかも。「固い」よりも「硬い」と表現すべきだろうか・・・



よく見ると瓜の仲間で間違いないようです。実のほとんどは水分。



一般的に瓜といえば細長い形状。
「まだまだ成長なかばなのではないか?」と気になったので調べた。
トウガンでも、ヘチマやキュウリのような緑の種もあれば、表面が白っぽく見える種もある。
白っぽく見える種の中では、細長い形の「長とうがん」や丸い形の「大丸とうがん」があるとのこと。
ということで、今回いただいたのは「大丸とうがん」でしょう。つまり、これは成長途中の姿ではなく、熟した段階で丸い形状。
そういえば、丸い形状のスイカも瓜の仲間だ・・・



ところで、トウガンには「冬瓜」という字が当てられている。しかし、いただいたのは暑い盛り。収穫期は夏から秋とされています。
名前の由来には諸説あるようですが、冬まで長く保存できる瓜という説に同感。現代に比べ、冷蔵庫などがない時代には重宝されたことでしょう。
この辺から察するに、ほかの瓜にかぎらず、古来より人々が、「いかに農作物を長く保存するか」という課題に挑んできたのか奥が深そう。先人達が積み重ねてきた知恵、大切にしたいものです・・・

さてさて、トウガンは古くからの作物ということで食し方もいろいろあるようだ。
どのように召しあがろうか楽しみだ・・・

本日も最後までご覧いただきありがとうございます。

「つまらなかった」「判り辛った」という方もご遠慮なくコメント欄へどうぞ

テーマ : 家庭菜園
ジャンル : 趣味・実用

検索サイトからお越しの方へ
検索サイトからお越しの方は、ブラウザのアドレス欄vitalaboloveおよび、fc2.comが含まれているかご確認ください。
含まれていない場合、偽サイトを閲覧なされている可能性があります。

偽サイトは、当ブログの文字部分や画像部分が有害サイトへのバナーと置き換わっているようです。
プロフィール

Author:Vitalabolove
ご訪問ありがとうございます。
店長を任されておりますVitalaboloveです。

コメントはお気軽に。
今のところリンクフリーですが、あと数日でとりやめます。

画像データ、文言の引用は事前連絡くださるようお願い申し上げます。事前連絡の際は、左下、メールフォームを経由をご利用ください。

最新記事
カレンダー
11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
ランキング
いつも応援いただきありがとうございました。ただいま休養中につきランキングへ参加していません・・・

フリーエリア
内緒話などはおきてがみをご利用ください。
月別アーカイブ
メールフォーム
掲載された記事について、ご不明な点はここからお問い合わせください

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
スパムと思われるトラックバックは削除しました
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。