リンクフリーを近日中にとりやめる予定です

すでにリンクを貼っていただいている方、ご一報頂きたくお願い申し上げます。


ごく少数ですが、リンクをお断りする場合があります



ブログ内 風景光景カテゴリー

続編記事などをご希望の方は こちらへどうぞ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[番外編] 信長の野望 嵐世記 番外編(4)

武田軍と上杉軍は幾度となく川中島の戦いで対峙した。



もしも「川中島で武田軍と上杉軍が争っていなかったなら?」
別の言い方をすれば、
「武田家と上杉家が対峙せず、もっと早く上洛を考えていたなら?」
と疑問が沸いてくる・・・

お知らせ
活動休止にともない、この記事を事前に予約投稿してあります。
トップ記事の固定を目的としています


武田信玄公と上杉謙信公は心底憎みあっていた?
この見解はビミョウ。

武田信玄公は晩年、西へ向かって進軍を始めました。京都を目指していたのでしょう。その途中、三方ヶ原の戦いの後、病で亡くなったとされてる。信玄公が亡くなり、武田軍を率いたのは四男の勝頼公。

信玄公の家督を誰が継いだのかについては幾つかの説がある。
甲陽軍鑑によれば、勝頼公の長男 ( つまり信玄公の孫 ) が真の後継者であり、信勝公が元服するまでの間、勝頼公が武田家を率いていたとも考えられる。
ただし、甲陽軍鑑の内容に矛盾があるのは否めない。

さらに、信玄公は勝頼公に
「いざという時は上杉謙信を頼りにするように。困った時には必ず助けてくれるハズだ」との旨を残したとのこと。謙信公の義理堅さを高く評価していたと理解できる。

謙信公が武田家を憎んでいるのであれば、信玄公が亡くなったのを機に、
「織田信長公と手を組み挟み撃ちにして武田家を滅ぼす」ことも可能だったハズである。
上杉家臣からもその声が挙がったようである。織田・徳川連合軍は武田軍への追撃を始めたのに対し、謙信公は「義に反する」として拒否したとされている。

さらに、たとえ敵であっても苦しんでいれば助けるという意味で「敵に塩を送る」というコトワザもあります。
これは、山間地の武田家が塩不足で困っていた際、上杉家が塩を送ったことが由来とされています・・・

なぜ武田軍と長尾軍が衝突したのか?

武田家の側に支配地域を拡大したい事情があった。武田家の本拠地は甲斐の国。現在の山梨県甲府周辺、山間地である。地域柄、石高は低い。



石高を簡単に言ってしまえば大名家の年収である。信玄公は収入を増やそうと治水などに力を注いでいた。
しかし、戦国乱世においては軍勢を率いて支配地を拡げてしまう方が手っ取り早かったのかもしれない。
武田軍の騎馬隊は戦国最強と評されていた・・・



武田軍は信濃各地の攻略に成功。やがて、北信濃の高梨家にも武田軍が迫ってきた。これを境に長尾景虎 ( 若き頃の上杉謙信公 ) が救援に向い武田軍と度々争うようになった。



高梨家は長野県中野市から須坂市を領地としていた。
謙信公の祖母は高梨家で生まれた。また、謙信公の叔母に当たる女性が高梨家へ嫁いでいるなど、長尾家と高梨家の縁が深い。

あくまでも推測だが、海に面した地域を手にいれたいと考えていたかもしれない。
武田家の本拠地は山間部ゆえに海産物の調達に苦労していた。( 現在のような冷蔵や運送の技術は無い)
とくに塩の不足は人命に関わる。
武田家、北条家、今川家の三者間は同盟が成立しており、現在の神奈川、静岡、愛知方面など太平洋側へ軍を進めることは不可能。となると、日本海に面した地域を手にいれようと企てることだろう。
北信濃から越後へ攻め入るよりも越中 ( 現在の富山 ) や越前へ進むのが良かったのだろうか?
越中では椎名家と神保家が争っていた。椎名家は上杉家側、神保家には武田家側となり代理戦争を展開していた・・・



信玄公は晩年上洛を目指した。西上作戦とも呼ばれている。
信濃をめぐる上杉軍との争いに明け暮れていたために遅くなってしまったのだろうか。

当時の状況からすれば美濃飛騨から近江を経るよりも海路を選ぶのが妥当。
かつて武田家と今川家は同盟関係にあった。今川義元公が桶狭間で討たれる前は今川家が三河と駿河を治めていた。援軍要請でもないかぎり、同盟相手の領内に自軍を進めることはトラブルのもと。
ところが、桶狭間の戦いで義元公が亡くなったのを機に、徳川家康公が今川家から独立した。家康公は岡崎城を居城とし三河を統治にとりかかった。武田家と徳川家は同盟関係ではない。三河に進軍できない理由は無い・・・

この話題の原点は信長の野望。信長の野望 嵐世紀にはミッションチャレンジが用意されている。その中の「夢幻の章」の3番目、ミッション31 「日本三景を見たくて」では武田騎馬隊を率いて陸前、丹波丹後、安芸備後を支配するのが課題。
現在の山梨県から広島県へ進むことになる。



「陸路ではなく海から」が理解できれば攻略の近道となるハズ。
ゲーム中、水軍衆と親交を深めることで船で運んでもらえる。親交を深めるにはコマメに物資を援助すればよい。さらに、水軍衆と交渉するには海に面した地域を支配していなければならない。
開始当初は今川家、北条家と同盟関係に設定されている。現実の世界で契約を結んだり破棄を繰り返す行為は信用を失う。ここはゲームと割り切って一時的に同盟を破棄し、三河を手に入れるのが近道。そして、三河から伊勢志摩へ渡るのが良いだろう・・・

ところで、信玄公亡き後、織田・徳川連合軍と武田軍が戦い、武田勝頼公と弟の仁科盛信が亡くなり武田家は滅亡した・・・と考えがちである。戦国時代、敗れた側は全て討ち取らたように描かれた作品も多い。読者、視聴者を魅きこむには、ある程度の脚色、誇張は盛り込まれるのもいたしかたない。
信玄公の息子のうち、次男と七男は討ち取られていません。七男の安田信清は上杉家の領地まで逃れたとのこと。現在、両者の子孫がご健在のようです・・・
スポンサーサイト

本日も最後までご覧いただきありがとうございます。

「つまらなかった」「判り辛った」という方もご遠慮なくコメント欄へどうぞ

テーマ : その他
ジャンル : その他

[番外編] 信長の野望 嵐世記 番外編(3)

上杉謙信公を軸に巡ったお話の続き。



近代になって復元された高田城 (の三重櫓) である。春日山城跡から高田公園まで車で30分くらい。
謙信公にご縁のある土地を巡る間に立ち寄ったのだが、上杉家 ( 長尾家 )とは縁が薄い城なので、前話では省いた・・・


お知らせ
活動休止にともない、この記事を事前に予約投稿してあります。
トップ記事の固定を目的としています


謙信公には実子が無く、謙信公の甥にあたる上杉景勝公と北条氏康の七男である北条三郎を養子としていた。
北条三郎は景勝公の妹と結婚し、上杉景虎と名乗った。

上杉家と北条家は関東の支配権をめぐって激闘をくり返していた。
なぜ、敵対していたはずの北条家から養子を迎え入れたのだろうか!?!?

北条家は当初、武田家、今川家と同盟関係にあった。
同盟と言うと堅苦しい。簡単に言えば、北条氏康公、武田信玄公、今川義元公の間で交わした約束事である。



攻守の協力やお互いの領土を侵さない等は現在の「同盟」という考え方と同様。さらに、「婚姻」という要素が加わる。相手方大名家から養子を迎えることもある。
紙切れだけの約束は簡単に破棄されてしまう。身内の命が大事だからこそ、約を反えないように相手方大名との関係を保とうとする。

大名家の当主間で協定を結ぶという性質上、大名家の当主が変わると破棄や無効になる。
はたまた、突発的な出来事で同盟が崩れてしまうこともある。

桶狭間の戦いで今川義元公が討たれ、この世を去った。
義元公の後継者となった今川氏真公は北条家、武田家、今川家の同盟継続を希望していたようだ。しかし、武田家では信玄公の長男が亡くなり、今川家から嫁いだ義元公の娘が送り返された。これにより、今川家と武田家の婚姻は解消されてしまった。
同じ頃、信玄公の四男である武田勝頼公と織田信長公の姪の婚姻が成立し、武田家と織田家は同盟関係となった。
義元公が討たれた直後、徳川家康公は今川家から独立した。徳川家と織田家は同盟関係である。
依然、織田家と今川家は敵対関係である。



西暦1569年武田家が今川領駿河へ攻め入った。この時、今川氏真公と北条氏康公の娘が婚姻関係であり今川家は北条家を頼ることとなる。武田家は牽制のため北条家の領地にも攻め入った。

上杉家、北条家とも度重なる戦により疲弊していた。今まで北条家の味方であった武田家が敵に回った。そこで北条家は宿敵であった上杉家と手を組み武田家を撃退しようと考え同盟に至った・・・

・・・といった流れで、北条家から上杉家への養子縁組の運びとなった。

西暦1578年、謙信公は後継者を指名せずにこの世を去った。
上杉景勝公と上杉景虎、どちらが家督を相続するかで争いとなった。翌年、景勝公が争いを制し謙信公の後継者となった。

なお、その後も大名家間の同盟関係は刻々と変化した。武田家と北条家は再度同盟を結び、武田家と織田家の間の同盟は手切れとなり、武田家は織田徳川連合軍によって滅びてしまった・・・



上杉景勝公は豊臣秀吉公に厚遇された。西暦1598年、景勝公は120万石に加増にともない、会津 (現在の福島県西部 )に移った。それまで景勝公は春日山城を拠城としていた。景勝公が会津に移った後、織田信長公の側近であった堀秀政の息子や孫にあたる、堀秀治、堀忠俊が城主を勤めた。
春日山城は山城であった。戦国の世であれば山城の堅固な守りが活きてくる。しかし、平時においては不便である。
城主の堀秀治は直江津に近い場所に福島城を築いた。生活しやすい場所に城を移したかったのであろう。

西暦1607年、福島城が完成すると春日山城は廃城となった。しかし、福島城は海に近すぎる、治水など諸々の問題があったようだ。西暦1610年、福島城主となった松平忠輝公は内陸部へ城を移した。

高田城は西暦1614年頃に築かれ江戸幕府の終焉まで続いた。西暦1871年、廃藩置県により江戸時代からの城は無用の長物とみなされ、西暦1873年、廃城令により取り壊された。
その数年前、西暦1870年頃の火災にみまわれ本丸や三重櫓は焼け落ちたとされている・・・



高田城の跡地は現在高田公園となっていて、三重櫓は近代になって復元されたものである。
たしかに、再築されたモノと数百年間残ってきたモノでは重みが違うかも・・・



高田城跡のみどころは、ていねいに整備されている桜の木々。
東京の上野恩賜公園、青森の弘前公園と並び、
高田公園の桜は日本三大夜桜のひとつと称されている。

桜満開の頃に訪ねてみたいものだ・・・

本日も最後までご覧いただきありがとうございます。

「つまらなかった」「判り辛った」という方もご遠慮なくコメント欄へどうぞ

テーマ : 城めぐり
ジャンル : 旅行

検索サイトからお越しの方へ
検索サイトからお越しの方は、ブラウザのアドレス欄vitalaboloveおよび、fc2.comが含まれているかご確認ください。
含まれていない場合、偽サイトを閲覧なされている可能性があります。

偽サイトは、当ブログの文字部分や画像部分が有害サイトへのバナーと置き換わっているようです。
プロフィール

Author:Vitalabolove
ご訪問ありがとうございます。
店長を任されておりますVitalaboloveです。

コメントはお気軽に。
今のところリンクフリーですが、あと数日でとりやめます。

画像データ、文言の引用は事前連絡くださるようお願い申し上げます。事前連絡の際は、左下、メールフォームを経由をご利用ください。

最新記事
カレンダー
04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カテゴリ
ランキング
いつも応援いただきありがとうございました。ただいま休養中につきランキングへ参加していません・・・

フリーエリア
内緒話などはおきてがみをご利用ください。
月別アーカイブ
メールフォーム
掲載された記事について、ご不明な点はここからお問い合わせください

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
スパムと思われるトラックバックは削除しました
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。