リンクフリーを近日中にとりやめる予定です

すでにリンクを貼っていただいている方、ご一報頂きたくお願い申し上げます。


ごく少数ですが、リンクをお断りする場合があります



ブログ内 風景光景カテゴリー

続編記事などをご希望の方は こちらへどうぞ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カセットテープをデジタル変換して残す -3

カセットテープの音源をデジタル化することを考え、
特に、音質などにコダワリが無いのなら・・・


最近、宣伝を見かける、
・・・通販でコードプレイヤーとセットデッキさらにCDに書き込める・・・
などが安直なのだ。


その安直な方法だと、「源をデジタル変した」こととは程いのだ。
その書き込んだCDが再生できなくなればオシマイなのだ。


せっかく残すのだから、より良い状態で残したいのだ!



左は一般的な家庭用装置のケーブル。右は、少し音にコダワる人が使うケーブル。

伝送線はく、距離はいほうが良い。

ということで、アナログ装置からブルーレィに取り込んだ。
あっさりと、画像なしの動画として、デジタル変換済み原版データとして保存できた。
このデジタルデータはHDDやUSBメモリに入れておいても良い。


また、ディスクに書き出して視聴する場合でも、変換済み原版があれば、媒体が読めなくなる心配は減るのだ!

媒体が読めなくなったら、その都度、新しい媒体に書き出すだけで済む

より良い状態で残したい」という観点から考えると幾つか問題点が・・・。
・アナログ / デジタル 変換のレベル( 音量 )などは機材任せ
・デジタル変換された音声はMP3などの圧縮されたモノとなる




圧縮の話や可聴領域の話をここで書くと長くなる - - - ので省くとして、

「できうる限り最適な音量で、非圧縮で変換したい!」などを考えると、
PC用の音源カードの出番なのだ。


本日も最後までご覧いただきありがとうございます。

「つまらなかった」「判り辛った」という方もご遠慮なくコメント欄へどうぞ

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

検索サイトからお越しの方へ
検索サイトからお越しの方は、ブラウザのアドレス欄vitalaboloveおよび、fc2.comが含まれているかご確認ください。
含まれていない場合、偽サイトを閲覧なされている可能性があります。

偽サイトは、当ブログの文字部分や画像部分が有害サイトへのバナーと置き換わっているようです。
プロフィール

Author:Vitalabolove
ご訪問ありがとうございます。
店長を任されておりますVitalaboloveです。

コメントはお気軽に。
今のところリンクフリーですが、あと数日でとりやめます。

画像データ、文言の引用は事前連絡くださるようお願い申し上げます。事前連絡の際は、左下、メールフォームを経由をご利用ください。

最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
ランキング
いつも応援いただきありがとうございました。ただいま休養中につきランキングへ参加していません・・・

フリーエリア
内緒話などはおきてがみをご利用ください。
月別アーカイブ
メールフォーム
掲載された記事について、ご不明な点はここからお問い合わせください

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
スパムと思われるトラックバックは削除しました
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。