リンクフリーを近日中にとりやめる予定です

すでにリンクを貼っていただいている方、ご一報頂きたくお願い申し上げます。


ごく少数ですが、リンクをお断りする場合があります



ブログ内 風景光景カテゴリー

続編記事などをご希望の方は こちらへどうぞ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VMWare Player DVD-RAM



6月中にご訪問頂いた中で、
「VMWare DVD-RAM」「VMWare DVD-RW」
で語彙検索して来るヒトが多かった・・・

たしかに、VMWare Playerに関する記事を載せていたけれど、
「DVD-RAM」に関する話題はしばらく載せていないのだ!


CD-RW / DVD-RWだと書いたり消したりの回数に上限があるのだが、
DVD-RAMはほぼ無制限に書き換えが可能。
つまり、DVD-RAMは大容量のフロッピーやMOと同等なのだ。


DVD-RAMの使途として、
(1) 動画の編集
(2) PCデータのバックアップ
の2つ。


(1)に関しては、動画編集ソフトも最新のWindowsへの対応が進んできたので
VMWare Playerで使うよりも、実機で行うのが良い。


ということで、今回の主題は(2)のバックアップに関して。

- - - VMWare Playerの中でExcel 2000 / 2003で表計算しました。
そのデータをバックアップしたい
- - - などの場合に有効。



ちなみに、今使っているのは、
P△△△sonicのUSB接続 ( 外付け )ドライブ。
この場合、ドライバ ( 制御ソフト )を正しく導入できれば、ほぼ問題なくDVD-RAMにアクセスできる。

で、考えられるのは、
「P△△△sonic以外の装置を使っている場合、ドライバがうまく導入できない」件


「回避策は ?」
あります。

米国のTOS△△△Aサイトでドライバが配布されているハズ。

詳しくは、P△△△sonic限定のドライバ汎用的なドライバを調べてね。

でも、これは大変そう。

ならば、ゲスト ( VMWare Player ) からホスト( 実機・Windows7 ) 側にデータをコピーして、
それをバックアップすれば良いのだ!


Windows 7上のXPモードだとシームレスが売り・・・
つまり、直感的にホスト <-> ゲスト間でデータをやりとりできる。


VMWare Playerの場合は、ホスト -> ゲスト にデータをコピーするのは簡単。マウスでドラッグ操作するだけ。

それに比べ、
( ゲスト -> ホスト にデータをコピー )は面倒。

例題として、
Windows 7のデスクトップに「新しいフォルダー」を作り、データをやりとりするのがかも。



ホスト ( Windows 7 ) で「新しいフォルダー」を作る。
次に、これを共有する。



VMWare Player ウィンドウの右下、フロッピーとプリンタアイコンの間に
「ネットワークアダプタ NAT」があるのでクリックする。


メニューから「設定」をクリック。



「オプション」タブをクリックして、



左半分にある「共有フォルダ」を選択します。




ダイアログボックスの右半分にある
常に有効」のラジオボタンをクリックし、
「Windows ゲストのネット・・・」チェックボックスをオンにします。


そして、下のほうにある「追加 (A)」ボタンをクリック。



ウィザード画面に移ったら、
「参照 (R)」ボタンをクリックし、



ホスト ( Windows 7 ) の共有したいフォルダを選択します。



ゲスト ( VMWare Player ) の Windows XPでマイコンピュータを開けば、
ネットワークドライブが増えているハズ。




コレを開いて、バックアップしたいデータをドロップします。



データコピーが完了したら、
「常に有効」のラジオボタンを「無効化 (D)」に戻し、
「Windows ゲストのネット・・・」チェックボックスをオフにします。


これはセキュリティ面での策です。
ゲスト ( VMWare Player ) 内がウィルス、ワームなどに感染すると、ホスト ( 実機 ) 側に悪影響を及ぼすかもしれません。
ゆえに、普段は、有をっておきます。


常に共有し続けるのはパフォーマンス低下の要因となることもあります。

ここまでうまく出来たら、
ホスト ( 実機 )に転写されたデータをバックアップして完了。

バックアップ先はDVD-RAMに限定しなくても良いのだ!
保存先はUSB-HDDやUSBフラッシュメモリでOK。



本日も最後までご覧いただきありがとうございます。

「つまらなかった」「判り辛った」という方もご遠慮なくコメント欄へどうぞ

テーマ : コンピュータ
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

07/09(月)

こんばんは。

DVD-RAM。
しばらく使っていませんねえ。

うちにもP社の、LFーD340というものがあります。
割と初期に出た商品だったと記憶しておりますが。

もう10年近く起動していないと思います。。。

P社のTVチューナー内蔵のBD/DVDレコーダーではDVD-RAMは今も使えるはずですが、カートリッジタイプは、中身を取り出さないとだめなんですよね。

そう言えば、うちに、取り出し不可のDVD-RAMディスクあったなあ。。。

Re: No title

07/09(月)

愚夫愚父 さま、コメントありがとうございます


> しばらく使っていませんねえ。
> うちにもP社の、LFーD340というものがあります。
> 割と初期に出た商品だったと記憶しておりますが。

こちらは、LF-M720 , LF-D521 それとLF-D101があります。
LF-M720はPATA接続、LF-D521は動作不調、さらにLF-D101はSCSI外付け接続なので・・・
LF-D101自体の調子は良く、取り出せないタイプの媒体やDVD-RAMの前進であるPDが読めることや、2.6GBタイプの媒体を扱えるので、過去のデータを取り出すときに使うことがあります。
最近PCIバスのサポートが打ち切られたようなのでいつまで使えるのやら・・・

> P社のTVチューナー内蔵のBD/DVDレコーダーではDVD-RAMは今も使えるはずですが、カートリッジタイプは、中身を取り出さないとだめなんですよね。

はい。ダメです。
で、録画などが終わったら保護の意味でカートリッジ内に戻すのが賢明かと存じます。

実は、その類のテーマを2011年10月21分記事
http://vitalabolove.blog.fc2.com/blog-date-20111021.html
近辺で取り上げました。ご参照いただければ幸いです。
検索サイトからお越しの方へ
検索サイトからお越しの方は、ブラウザのアドレス欄vitalaboloveおよび、fc2.comが含まれているかご確認ください。
含まれていない場合、偽サイトを閲覧なされている可能性があります。

偽サイトは、当ブログの文字部分や画像部分が有害サイトへのバナーと置き換わっているようです。
プロフィール

Author:Vitalabolove
ご訪問ありがとうございます。
店長を任されておりますVitalaboloveです。

コメントはお気軽に。
今のところリンクフリーですが、あと数日でとりやめます。

画像データ、文言の引用は事前連絡くださるようお願い申し上げます。事前連絡の際は、左下、メールフォームを経由をご利用ください。

最新記事
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
ランキング
いつも応援いただきありがとうございました。ただいま休養中につきランキングへ参加していません・・・

フリーエリア
内緒話などはおきてがみをご利用ください。
月別アーカイブ
メールフォーム
掲載された記事について、ご不明な点はここからお問い合わせください

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
スパムと思われるトラックバックは削除しました
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。