リンクフリーを近日中にとりやめる予定です

すでにリンクを貼っていただいている方、ご一報頂きたくお願い申し上げます。


ごく少数ですが、リンクをお断りする場合があります



ブログ内 風景光景カテゴリー

続編記事などをご希望の方は こちらへどうぞ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RAMディスクは本当に速い ? -1

かつて、色々なドライブの速さの話題で、Ramdisk (もしくは Ramdrive)は、HDDやSSDに比べ断然速いことを書きました。

下の図は再掲載になります。





パッと見、速度比較では、明らかに速い !

でもネ。使いこむうちに疑問符なケースが出てきたので・・・

毎度のごとく、人間の作業に置き換えてみましょう。

情報を保存しておくHDDやSSDといったドライブ装置は「庫」。
メモリーは「作業 ( 机 )」と考えることができます。


今回は、
-1 倉庫から品物を出してくる
-2 包装する
-3 レジで精算する
という状況を想像してください。


今まで、HDDなどで行っていた作業は、庫での品の出し入れに相当します。
これが、Ramdisk に替わることで速くなるハズなのです・・・


で、実際は 何か ???

ここで取り上げるRamdisk (もしくは Ramdrive)はソフトウェアによる代行。
装置として成立するRamdiskもありますが、この話の限りではありません。

Ramdiskを庫として考えると、高速な反面、倉庫の管理係が在なのです。

一方、物理的な装置として成立しているHDDやSSDには、倉庫を管理する専属の作業員が在るのです。
そうなると、包装もしくはレジ打ちする係りのうち、手の空いているヒトが庫までいって品を探してくることになります。
当然、専属係りではないため、品物が見つかるまで右往左往することになれば遅くなります。

お客さんを待たせてしまいます。

あなたが経営者だとしたら・・・
倉庫に専門の作業員を置いておく ( 雇う ) ?
それとも、コストの削減の意味で、少人数で作業をこなす ?


このお話の実証編は後日とさせていただきます・・・



「みんな、集合 !」



「寝てないで起きろ~~」



「今なら、店長が見てないぜぇ」



「逃げるなら今だ!」



「俺だけ置いていくな~~」

本日も最後までご覧いただきありがとうございます。

「つまらなかった」「判り辛った」という方もご遠慮なくコメント欄へどうぞ

テーマ : コンピュータ
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

07/27(金)

前半の難しい事はさっぱり分かりませんが、

後半は、ユーモアたっぷりで、いいね!w

Re: No title

07/27(金)

豊岡 さま、コメントありがとうございます。

> 前半の難しい事はさっぱり分かりませんが、
> 後半は、ユーモアたっぷりで、いいね!w

プリズンブレイクされる寸前 ???
来週あたり、カブトムシ脱走劇のお話の続きができるかもしれません。
検索サイトからお越しの方へ
検索サイトからお越しの方は、ブラウザのアドレス欄vitalaboloveおよび、fc2.comが含まれているかご確認ください。
含まれていない場合、偽サイトを閲覧なされている可能性があります。

偽サイトは、当ブログの文字部分や画像部分が有害サイトへのバナーと置き換わっているようです。
プロフィール

Author:Vitalabolove
ご訪問ありがとうございます。
店長を任されておりますVitalaboloveです。

コメントはお気軽に。
今のところリンクフリーですが、あと数日でとりやめます。

画像データ、文言の引用は事前連絡くださるようお願い申し上げます。事前連絡の際は、左下、メールフォームを経由をご利用ください。

最新記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
ランキング
いつも応援いただきありがとうございました。ただいま休養中につきランキングへ参加していません・・・

フリーエリア
内緒話などはおきてがみをご利用ください。
月別アーカイブ
メールフォーム
掲載された記事について、ご不明な点はここからお問い合わせください

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
スパムと思われるトラックバックは削除しました
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。