リンクフリーを近日中にとりやめる予定です

すでにリンクを貼っていただいている方、ご一報頂きたくお願い申し上げます。


ごく少数ですが、リンクをお断りする場合があります



ブログ内 風景光景カテゴリー

続編記事などをご希望の方は こちらへどうぞ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仮想環境をバックアップする際に

先週、PC の 仮想環境を活用した例を載せました。



実機で泥沼的なトラブルに陥ると抜け出すのは大変。
一方、仮想環境 を利用していて楽なのは、仮想化されたイメージをうまくバックアップしておけば、手軽に良好な状態に戻せるコト。

今回は仮想化されたイメージの管理について考えてみたいと思います。

※ 最新のVMWare Player は Version 5 シリーズが配布されています。まだ登場から日が浅いため、Version 4 シリーズを前提に執筆しました。

冒頭の画像は、USB ( 外付け ) HDD に保存しておいた仮想環境のファイルを PC に戻した際の悪い例。

「今、使っている PC が不調!」
という時、別の PC に Virtual PC や VMWare Player をセットして、仮想環境のデータ ( ファイル ) を PC 内にコピーして使えます。
ところが、その際に、最初バックアップした状態と別の PC での保存先が違う場合、冒頭のようなメッセージが出てきてアタフタします。

先週掲載記事の中で、仮想環境用のファイル ( HDDのイメージ ) を
マイコンピュータ内、C ドライブに VPC2007 というフォルダを作って格納しました。


ふつう、仮想マシンを初構築する際、「マイ ドキュメント」の「My Virtual Machines」フォルダが標準の保存場所になります。
マイ ドキュメント自体が抽象的な扱いで、PC や ユーザー毎に変化します。もちろん、自分で「ドキュメント」フォルダを移動するヒトも多いと思います。

つまり、
その保存位置が固定的でないため、- - - 特定のドライブの特定のフォルダに保存しましょう - - - と提唱したのです。
もちろん、C ドライブではなく D でも E などに置くのもアリです。

最近は
「C ドライブを SSD 、データ用に C ドライブを HDDに」
という構成も考えられます。
SSD の 弱点として,
「頻繁に書き換えを行うデータは不向き」(寿命を縮める)
と言われているのも事実です。仮想環境で使うデータは頻繁に書き換えが行われます。よって、SSD よりも HDD にデータを保存するのが正当かもしれません。



Virtual PC で使うデータはこんな感じです。この2つ3つのデータをバックアップすれば OK です。



一方、VMWare Player で 使うデータはけっこう細々しています。
万が一、復元場所を間違った場合、
Virtual PC ならば、以下の解消方法が手っ取り早いでしょう。


アイコンがマイコンピュータにオレンジ色の四角が付いているような - - 拡張子が.vmc となっている - - - ファイルをメモ帳で開きます。
メモ帳を先に起動しておき、このファイル (アイコン) をドロップすれば楽です。

中身はWebサイトやブログのテンプレートのようにXML形式のファイルです。
の前4文字が .vhd となっている箇所を探し、自分で仮想環境で使うデータをコピーした先に変更すれば OK。

よくあるのが
「今どこのフォルダ ?」



ちなみに、Windows XP で C ドライブ、Windows フォルダを開くとこんな感じ。
アドレスバーを見ると、今どこのフォルダを操作しているのか一目瞭然。




一方、Windows 7 の エクスプローラで同様に・・・

なんだか、判りにくい。



図のように、赤丸あたりを一度クリックすれば、Windows XP 利用時のようにアドレスバーに
C:¥Windows
と表示されます。この文字列をマウスでドラッグしてコピーすれば、「今どこのフォルダ ?」と迷うことはなくなるかも。

では、
冒頭に出てきた 「『VMWare Player の 保存場所違い』も何かの書き換えで治るのでは ?」

その通り。
VMWare Player の場合は 拡張子が .vmx となっているファイルを書き換えます。
Virtual PC の構成情報ファイルを見習えば .vmdk が仮想のディスクに相当します。
しかし、絶対的な位置ではなく、相対的な位置で情報が保存されているのかも。
これも、正しいファイル位置に修正して上書き保存してあげれば問題は解決。

結構、修正手順は面倒。

なので、
初回構築時に場所を決めうちしておき、別の PC で使う際も同じ固定位置に設定することで、後日遭遇するであろう「ファイル書き換え」の手間を減らしたいものです。



パイプ椅子の鉄が冷たくて
いい感じぃ~。




呼んだぁ~ ?



食事ぃ~ ?



そろそろ起きようかニャぁ



まだ暑いから



寝ていたいニョ。



お休みぃ~。

本日も最後までご覧いただきありがとうございます。

「つまらなかった」「判り辛った」という方もご遠慮なくコメント欄へどうぞ

テーマ : コンピュータ
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

09/19(水)

フラッシュメモリは、データの書き込みの時にトンネル酸化膜がヘタっていくのでしたっけ?
まぁ、フラッシュメモリ製品に組み込まれている制御ICが、メモリセルをうまくヤリクリして、それなりの製品寿命を確保しているらしいですが…。
何にせよSSDには、やたらめったら変更がないであろうOS本体やらアプリケーション本体を置くのが賢明でしょうね

あ、以前のi386情報には、ビックリしましたヨw。
汎用レジスタが少ないのがネックの様な気もしますが、プロテクトモードでなら制御用CPUとしてもアリなのでしょうかねぇ…

No title

09/20(木)

こんばんは(^-^)

自分が今使ってるパソコンはウィンドウズ7で、
もう1年以上使ってるんですけど、
今だにXPの方が使いやすかったな、という感想に変化がありません。
とりあえずウィンドウズ7で1クリでファイル開いちゃうのって変更できないのでしょうか。
shiftキーでファイルを一括して選択とかできないので面倒です。



相変わらず猫ちゃん可愛いですね~
この模様が好きなんです。

管理人のみ閲覧できます

09/20(木)

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

09/21(金)

キョウ頭 さま、コメントありがとうございます。

> フラッシュメモリは、データの書き込みの時にトンネル酸化膜がヘタっていくのでしたっけ?

はい、その通りです。現状市販されている SLC タイプ 、 MLC タイプともこの問題は避けられません。
研究段階では面白いモノがあるようですが、いつ流通するのか、その前に採用されるのか・・・
個人的には現状のSSD よりも i-RAM や ANS-9010 のような RAM DISK が普及すると面白かったのですが・・・

> まぁ、フラッシュメモリ製品に組み込まれている制御ICが、メモリセルをうまくヤリクリして、それなりの製品寿命を確保しているらしいですが…。

ここ1年ほどの新製品はそれ以前の製品に比べ進化が著しく、購入時、寿命問題を気にするヒトが減っているように思えます。
大手の製品(バルク品を除く)であれば 3年~ 5年の保障があります。実際にはその前に電源劣化やマザーボード買い替えなどでシステム一掃が先に来るかもしれません・・・

> 何にせよSSDには、やたらめったら変更がないであろうOS本体やらアプリケーション本体を置くのが賢明でしょうね

はい、おっしゃる通りです。
問題はお行儀の悪いアプリケーションが今でも数多いことです。それらは情報ファイルを頻繁に書き換えます。( Vista 登場前まではソフトウェアの情報ファイルをアプリケーションフォルダに置いても良いとされていました。 )
このユーザーデータの保存場所の変更が少々面倒くさいことです。
Windows 7 に限定すればジャンクションという手法も用意されていますが、これもひと手間かかります。
ある程度までは「頻繁に書き換わるデータ」の場所を HDD に変更できます。が、OSの仕組み上、全て HDD 変更というのは無理なので、その辺をふまえて使うのがよろしいのかと・・・

> あ、以前のi386情報には、ビックリしましたヨw。
> 汎用レジスタが少ないのがネックの様な気もしますが、プロテクトモードでなら制御用CPUとしてもアリなのでしょうかねぇ…

え~っと。あまり細かく書けない事情もあるのですが・・・
シングルタスクで軌道計算を延々と行うだけならばアリだと思います。
レジスタが少ない分、高速なメモリに依存。DRAM ではなく 全てSRAM を用いてゴニョゴニョ・・・

今後ともよろしくお願いします。

Re: No title

09/21(金)

らす さま、コメントありがとうございます。
> こんばんは(^-^)

おはようございます。
今後ネタ切れした時に綴ろうと思っていたのですが、らす さまがお困りであれば参考までに・・・

> 自分が今使ってるパソコンはウィンドウズ7で、
> もう1年以上使ってるんですけど、
> 今だにXPの方が使いやすかったな、という感想に変化がありません。
> とりあえずウィンドウズ7で1クリでファイル開いちゃうのって変更できないのでしょうか。
> shiftキーでファイルを一括して選択とかできないので面倒です。

まず、「シングルクリックでファイルが開く件」ですが、こちらで再現できておりません。
2つの例が推測できます。
ひとつめは「プレビューウィンドウ」の問題ですが、
こちらはエクスプローラの右から2番目 (ヘルプアイコンの左) にあるアイコンをクリックすれば表示 / 非表示を切り替えられます。

もうひとつは、
コントロールパネル -> フォルダーオプション
もしくは [Alt] ボタンを押す -> ツール (T) -> フォルダーオプション (O)

「全般」タブ真ん中あたりの「クリック方法」で切り替えられます。
「シングルクリックで選択し・・・」に切り替えてみてください。

次に、「shiftキーでファイルを一括して選択の件」ですが
単純に全てのファイルを選択したい場合は[Ctrl] ボタンを押しながら[A]を押す。
10個あるファイルのうち 2番目から 8番目の一括選択したい場合などの「shiftキーを押しながらの選択」や、
ところどころ選択したいときの「Ctrlキーを押しながらの選択」
はこちらの環境では普通にできます。

もしかすると、大手メーカー製の PC ではないでしょうか ?
出荷時にユーザのためを思ってクセづけされている可能性もあります。初めてのヒト向けには親切ですが、以前から PC を使っている者にとっては煩わしいですよね。

こちらは自力で Windows 7 を導入するタイプなので、違いが生じているのかもしれません。

> 相変わらず猫ちゃん可愛いですね~
> この模様が好きなんです。

猫ちゃんのお話は近々綴るかもしれません。またそのときにでも・・・

今後ともよろしくお願いします。

No title

09/21(金)

匿名 さま、コメントありがとうございます。

了解しました。

今後ともよろしくお願いします。
検索サイトからお越しの方へ
検索サイトからお越しの方は、ブラウザのアドレス欄vitalaboloveおよび、fc2.comが含まれているかご確認ください。
含まれていない場合、偽サイトを閲覧なされている可能性があります。

偽サイトは、当ブログの文字部分や画像部分が有害サイトへのバナーと置き換わっているようです。
プロフィール

Author:Vitalabolove
ご訪問ありがとうございます。
店長を任されておりますVitalaboloveです。

コメントはお気軽に。
今のところリンクフリーですが、あと数日でとりやめます。

画像データ、文言の引用は事前連絡くださるようお願い申し上げます。事前連絡の際は、左下、メールフォームを経由をご利用ください。

最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
ランキング
いつも応援いただきありがとうございました。ただいま休養中につきランキングへ参加していません・・・

フリーエリア
内緒話などはおきてがみをご利用ください。
月別アーカイブ
メールフォーム
掲載された記事について、ご不明な点はここからお問い合わせください

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
スパムと思われるトラックバックは削除しました
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。