リンクフリーを近日中にとりやめる予定です

すでにリンクを貼っていただいている方、ご一報頂きたくお願い申し上げます。


ごく少数ですが、リンクをお断りする場合があります



ブログ内 風景光景カテゴリー

続編記事などをご希望の方は こちらへどうぞ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

店長、猫どうしたの?

「店長~っ。猫ちゃん飼っているのですかぁ~ ?」



ってビータラボの某スタッフにも訊ねられました・・・



「猫ちゃんがブログに載ってましたよ!」
たしかに。


厳密に言うと
「飼いネコではありません・・・」


動物の愛護に関するルールが厳しくなってから数年経ちます。
「愛らしいペットを手放さないように」という理由で設けられたルールと考えるのが前向きな解釈。
時には飼育が困難に陥る状況もあるのでしょう。

近所に公共施設があります。その公共施設に、年に数回、ペット( 猫 ) の放置が発生します。
たしかに、放置された猫ちゃんは食糧にありつける可能性もありますし、運が良ければどこかのお家で飼ってもらえるのかも。もとの飼い主さんの最後の情けなのでしょうか・・・



一方、数年前、公共施設の管理責任者は少々動物がお嫌いだったようで、悩んだことでしょう。このような張り紙まで・・・あくまでも、過去の例です。

ペットの」と「後始末を」の間に何か抜けています。この文言では残酷な意味にも受け取れるのだ!

当時、ご近所の動物好きな方々と話し合って、公共施設の責任者さんにお伺いしたこところ
「これは、倒置法による表現です」ってお答え。
えぇぇ。学生時代、決してガリベンではなかったけれど、倒置法くらいは知っている。でもこの表現は・・・



桜の花を撮っていた頃・・・2匹の猫を見かけるようになりました。



親子か兄弟なのかハッキリしません。2匹が、仲良く日向ぼっこしている姿を見かけるようになりました。桜の開花から一週間ほどでしょうか。



飼い主に捨てられたトラウマ!?でしょうか。人間を遠くで見ているようでした。ヒトに対して警戒モード。

もともとご近所のどなたかが飼っている猫ならば、ある程度、素性も判ります。

当時は明らかな体格差がありました。
しばしば当ブログで登場していた猫ちゃん( 小さかった ) は色の薄い猫ちゃんの半分くらいの大きさでした。



やがて、チューリップなどの準備に入る頃、



小さかったほうの猫ちゃんが近寄ってくるようになりました。

「お~い。トイレと間違えないでくださいネ!」



猫ちゃんは生き残りをかけてあちらこちらへ・・・



さいわい、ご近所の多くのヒトは動物に対して寛容。
どこかで食糧も確保している様子。

やがて、ヒトに慣れた ( 警戒心の薄れた ) 猫ちゃんたちは頻繁に遊びに来るようになりました。



5月後半ころ、



好奇心旺盛になってきました。



遊び相手がほしいのかニャ??



お花や虫を撮っている際の「シャッター音」が聞こえると、どこからともなくやってきて・・・



被写体の昆虫と遊びだしちゃうことも・・・

飼い猫ではないのです。
虎さんのようにフラっと遊びに来て、どこかへ行ってしまいます。


ここ数日、悪天候のためか見かけない日も増えてきました。
また、猫ちゃんの画像が撮れ次第アップしたいと思います。

今回はこの辺で。

本日も最後までご覧いただきありがとうございます。

「つまらなかった」「判り辛った」という方もご遠慮なくコメント欄へどうぞ

テーマ :
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

No title

10/04(木)

生まれてくる子猫に罪はないんですよね。
野良猫に避妊・去勢手術を施し、
これ以上野良猫が増えないようにしている、
ボランティアの人たちも存在していると聞きましたが…


ウチの実家のミーも11歳、
まだまだ元気なのですが…
もういい歳なので健康状態には気を遣っています。
もっともっと長生きしてほしいですね。

No title

10/04(木)

こんばんは。
倒置法による表現。。。シュールな切り返しですね(^-^)

猫好きにはたまらない画像、ありがとうございます。

放置するという行為は、飼い主失格だと思います。
事情はどうあれ、ペットにとっては飼い主しか頼れる人は
いないですよね(とくに小さい場合は)。
このような話を聞くと、心が痛みます(-_-;)

No title

10/04(木)

写真の猫は、野良でしたか

ここまでの写真を撮らせてくれるとは、随分と店長さんに心を許している様ですねぇ。
それとも、店長さんの撮影技術のなせるワザでしょうか

No title

10/04(木)

初コメします!
猫ちゃん可愛いですね~
野良だったんですか!

また遊びに来ます

No title

10/05(金)

かわいいですね^^
小さい猫はまだ子供なのかな?

うちの親も夕方のお散歩の時に、お山の野良猫に魚の残りを持っていったりしています。
毎日待っているようです。

事情があるにせよ、途中で安易に捨てるというのはよくないですよね。

Re: No title

10/05(金)

らす さま、コメントありがとうございます。

> 生まれてくる子猫に罪はないんですよね。

はい、おっしゃる通り。

> 野良猫に避妊・去勢手術を施し、
> これ以上野良猫が増えないようにしている、
> ボランティアの人たちも存在していると聞きましたが…

こればかりは・・・
「自然に逆らうことに限界がある」ということを私たちは忘れがちです。

> ウチの実家のミーも11歳、
> まだまだ元気なのですが…
> もういい歳なので健康状態には気を遣っています。
> もっともっと長生きしてほしいですね。

猫でも犬でもインコでも、大事な一員。いつまでも元気でいてほしいものです。

今後ともよろしくお願いします。

Re: No title

10/05(金)

ミッド さま、コメントありがとうございます。

> こんばんは。

おはようございます。

> 倒置法による表現。。。シュールな切り返しですね(^-^)

うぅぅむ。ぜんぜん倒置(表現)ではないです。
単純に「誤表記でした」と訂正していただければ良かったのですが、在任期間中はずっと貼ってありました。
「コムズカしい事を言えば煙に巻ける」と考えたのでしょうが、逆に「浅はかなヒト」という印象を抱いてしまいました。

> 猫好きにはたまらない画像、ありがとうございます。

いえいえ、「動物を愛する方々にとっては失礼にあたらないか?」と思いながら、ひそかにアップしておりました。
「平日のマニアックな記事を最後まで読んでいただいたオマケ」程度に載せてあります。

> 放置するという行為は、飼い主失格だと思います。
> 事情はどうあれ、ペットにとっては飼い主しか頼れる人は
> いないですよね(とくに小さい場合は)。
> このような話を聞くと、心が痛みます(-_-;)

はい、おっしゃる通り、動物を好きな立場からはそのように思います。
ただし、以前コメントいただいた昆虫、特定のお花、カエルなり苦手なヒトがいるように、それぞれの事情も配慮せねばならないことも存じております。
なにかと「せちがらいこと」の多くなったご時世とはいえ、心に余裕があるかぎりは、命の尊さを念頭に生きていたいものです。

今後ともよろしくお願いします。

Re: No title

10/05(金)

キョウ頭 さま、コメントありがとうございます。

> 写真の猫は、野良でしたか

はい、今のところ。後で綴らせて頂く旨、ご理解いただけたようで幸いです。

> ここまでの写真を撮らせてくれるとは、随分と店長さんに心を許している様ですねぇ。
> それとも、店長さんの撮影技術のなせるワザでしょうか

ほかの猫ちゃんたちと比べるとこの「寅さん!?」は人間に甘えること(ご機嫌とり)が上手なです。
で、撮影の腕前やワザに関しては???です。まだカメラ歴は短いのです。

今後ともよろしくお願いします。

Re: No title

10/05(金)

yu-ka さま、コメントありがとうございます。

> 初コメします!

ようこそ。お気軽にカキコんでくださいね。

> 猫ちゃん可愛いですね~
> 野良だったんですか!
> また遊びに来ます

野良暮らしとはいえ、今のところ人間の側に寄ってきます。
日に日に大きくなるようで、可愛い盛りでしょうか。
が、いずれ縄張り争いをするようになり、やがてはどこかへ旅に出ていくのでしょう・・・

今後ともよろしくお願いします。

Re: No title

10/05(金)

mobic(モービック) さま、コメントありがとうございます。

> かわいいですね^^
> 小さい猫はまだ子供なのかな?

おそらく、鉢の準備中ころから見ると子供だったのではないかと存じます。ここ最近みるみる立派な体格に育ってきております。画像の準備が整い次第アップしたいと考えております。

> うちの親も夕方のお散歩の時に、お山の野良猫に魚の残りを持っていったりしています。
> 毎日待っているようです。

人工的なエサよりも、なるべく由来が自然に近い食糧のほうが、猫ちゃんのカラダに良いのでしょう。親御さんたちの思いやり、ご立派です。
犬、猫、問わず、もちろん人間も含め、食事の楽しみは大切ですよね。
以前、手術のため10日程入院したことがあります。余暇時間の読書や動画鑑賞は飽きてしまいます。残る楽しみは食事で、廊下に配膳する物音がすると「パブロフの犬」状態になっていたことを思い出します。

> 事情があるにせよ、途中で安易に捨てるというのはよくないですよね。

たとえ、お別れせざるを得ない状況にあるとしても、現代の社会ではいろいろ手法はありますよね。情報交換が足りないのかな・・・
ある集団では「不要」と判断されても、別の世界では「タカラ」として扱われることがあります。
石油の採れる国のヒトにとっての「石油」、私たちの国の「水」。それぞれ立場が逆になると「タカラ」として大事に扱われるのに。

今後ともよろしくお願いします。
検索サイトからお越しの方へ
検索サイトからお越しの方は、ブラウザのアドレス欄vitalaboloveおよび、fc2.comが含まれているかご確認ください。
含まれていない場合、偽サイトを閲覧なされている可能性があります。

偽サイトは、当ブログの文字部分や画像部分が有害サイトへのバナーと置き換わっているようです。
プロフィール

Author:Vitalabolove
ご訪問ありがとうございます。
店長を任されておりますVitalaboloveです。

コメントはお気軽に。
今のところリンクフリーですが、あと数日でとりやめます。

画像データ、文言の引用は事前連絡くださるようお願い申し上げます。事前連絡の際は、左下、メールフォームを経由をご利用ください。

最新記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
ランキング
いつも応援いただきありがとうございました。ただいま休養中につきランキングへ参加していません・・・

フリーエリア
内緒話などはおきてがみをご利用ください。
月別アーカイブ
メールフォーム
掲載された記事について、ご不明な点はここからお問い合わせください

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
スパムと思われるトラックバックは削除しました
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。