リンクフリーを近日中にとりやめる予定です

すでにリンクを貼っていただいている方、ご一報頂きたくお願い申し上げます。


ごく少数ですが、リンクをお断りする場合があります



ブログ内 風景光景カテゴリー

続編記事などをご希望の方は こちらへどうぞ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その組み合わせでは動きません!

ってパーツショップの店員さんに言われました。



んなぁこたぁない。

おそらく、
「このサービスで動くようになりますよ、料金は▲▲▲▲です。」などのお誘いがあるハズ。

本当に動かなかった場合はこの記事自体がボツになっている・・・

正確に言うならば
「動かない」ではなく、「本来の性能が出し切れない」とか「能力が無駄になる」と言ったトコロ。

しばしば PC のカタログで「Core i▲ 搭載」などと書かれている。
これは CPU ( 自動車でいうエンジンに当たる部品 ) を指している。少し前まではPentium とか Celeron というブランド名称で呼ばれていたが最近は Core ~~という名称で呼ばれる。
現在店頭に並んでいる CPU は 上位からCore i7 , Core i5 , Core i3 となっており、もっとも廉価なモノは Celeron シリーズ。

CPU を買ってきても、マザーボードの世代に依っては装着できないこともある。
今回、買った CPU は Core i3 の中で省電力な部類の 3220T。
一般的な CPU が 65W ~ 95W 消費するのに対し、このタイプは 35Wとされている。実質 10数Wだろう。
発売されたのは、今年の夏。
一方、それを載せようとしている基盤はIntel DH61DL シリーズで、昨年夏ごろのモノ。
現状で販売されているモノは数字の部分が70番台。

「問題なく動かすためには、今年春以降に発売されたマザーボードを買う必要がある。」と言われている。
つまり、マザーボードに適合する CPU 買うのであれば、 1年くらい前に販売されていた Core i3 2100T もしくは 2120Tなのだ。
運悪く、在庫切れ、入荷予定は未定とのコト。全般的に 1年くらい前のCoire i シリーズ( 2000番台 )は出荷終了らしい。

一般的に BIOS と言われるのだが、



PC の電源を入れたときにメーカーのロゴが表示されたりするハズ。
この間に、キーボードは繋がっているか、HDD は正常に繋がっているか、メモリはどれ位搭載されているか・・・などをチェックしている。



このBIOS ( ファームウェア、CMOSセットアップ ) を最新バージョンにアップグレードすれば、一年くらい前のマザーボードでつい最近発売された CPU は動くのだ!



動かない場合はこの画面どころか起動しないハズ。

このアップグレード作業がフツ~は面倒。なのでパーツショップが代行したがるのだ。でも、一昔前に比べると難しくない!

・メーカーの Webサイトを開いて最新版 BIOS をダウンロードする
・ダウンロードしたファイルをUSBメモリにコピー もしくは CD/DVD に焼く。
・USBメモリを装着したまま、PC を起動。
このマザーボード限定の方法だが、電源オンしてすぐに[ F7 ]キーを押す。

そして最新版に更新されるのを待つ。おおよそ 3分 ~5分程度で完了。

PC ショップに依頼すると樋口一葉さん一枚くらい経かる。



樋口一葉さん一枚分を浮かして、別途 、一世代前の 最下グレード CPU ( Celeron ) を調達。

これをひとつ持っているほうが、何かと使い回しがきく。
後日メイン PC も保守せねばならないのだ。そのような時に動作チェックや BIOS 更新用に使うことができそうだ。


あとは組み上げて、OS ( Windows ) をセットして、今使っているソフトを導入すれば 乗り換え 官僚  完了。

HDD は メイン PC を直そうと思って買ってきた分が余っている。
今までの 予備 PC に着いていた ノートPC 用 HDD をそのまま着け換えて多少の操作で利用可能にもなる。


最近、お家の大部分を工場で作って、現地で組み込む手法が流行している。
今回の部品も仮組みや動作確認してから使うのだが・・・あまり、お奨めできる方法ではないが・・・数分や数時間程度ならダンボールの上でもOK。あくまでも確認程度であれば・・・




「『正式に動いた!』って段階で組み込めば良い。」
と思っていたけれど、新しいケースがお手ごろなので欲望に負けた。




仮組みや動作テストをこれで行い、本運用の段階でコンパクトなケースに移すことにする。
当面、メイン PC のリリーフとして運用することを考えると誘惑よりも必然だったのか・・・



ケース内に、サウンドカードを増設するスペースも確保できそうだ。

誘惑に負けたのはコレだけではない・・・

今、Windows 7 を買うと\1200で Windows 8 へアップグレードできるのだ!
ってWindows 7 は既に持っているし、このマシンはXPで運用予定。ううむ、Windows 8 も試してみたい・・・



だから、一番安価な Windows7 の Home 版を買うことに。
とはいえ、Windows 7 単体では買えない。HDD は先日買ったばかり。何かとバンドルで買うことが前提。


候補は、メイン PC の補修用にプレクスター の SSD。
Intel の SSD はもう使っているし、習性も判っている。



巷で評判のプレクの性能も見てみたい・・・結局、「バックアップ・復元ソフト付き」の誘惑に負けた。
バックアップ・復元ソフトとしてはTrue Imageを持っているのだが3年前の2009 版。SSDを利用するには適さない不具合を抱えている。

プレクのSSDにはTrue Image HD ( 2010 )が同胞されているのだ。
当然、SSDに付属しているソフトなのだからアライメント問題は修正済み。ほかの不具合修正もWebサイトから修正版をダウンロードできる。

続きは後日。

本日も最後までご覧いただきありがとうございます。

「つまらなかった」「判り辛った」という方もご遠慮なくコメント欄へどうぞ

テーマ : コンピュータ
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

10/10(水)

こんばんはー!
 
 僕も自作PCですが、win7が登場した頃のものなんで、
何年前でしょうか(笑)
win7 32bitで組んじゃったので、最近、メモリーが足らなくて
困ってます。年末あたりにリプレースしたいなー。Win8 64bitで
CPUは同じくcore i3!ココまでは決まってます!(^^)!
っが、多分、嫁さんの稟議が降りないでしょう・・・

Re: No title

10/12(金)

onorinbeck さま、コメントありがとうございます。

> こんばんはー!

ようこそー!

>  僕も自作PCですが、win7が登場した頃のものなんで、
> 何年前でしょうか(笑)

> win7 32bitで組んじゃったので、最近、メモリーが足らなくて
> 困ってます。年末あたりにリプレースしたいなー。Win8 64bitで
> CPUは同じくcore i3!ココまでは決まってます!(^^)!
> っが、多分、嫁さんの稟議が降りないでしょう・・・

調子の悪くなったメイン PC は まさに同世代です。その時、鉄板と名高い GA-EP45-UD3Rです。
巷で言われていたネットワークアダプタが弱点という点は今年の夏まで皆無でした。
ほかにも不調箇所が露呈し、常用するには不備な状態です。こちらのリプレースを考えるとXenon か Core i7、削って i5の最高速版で VT対応のモノを選択することになりそうです。

で、今回のお話のキモである 予備 PC はその 1年前、しかも atom シリーズで常用するには非力。ブログのアップや皆さんのサイトへの訪問も辛い・・・ので、乗り換えを取り組んでいるトコロです。
当面 メイン PC の代役もこなす必要があるので Core i3 をチョイスしましたが、本当に atom の入れ替えの場合 Celeron の T 付き ( 省電力版 ) とノート PC用電源で運用が賢い選択と思われます。

メモリー不足に関しては、詳細が不明な段階で返答するのをお許しください。
仮に、32bit環境だとすれば、当ブログで何度かとりあげたRAM Disk ( RAM ドライブ )が活きてくるかと思われます。
画像加工の作業ファイル置き場、Webを閲覧する際の一時ファイルを置いて、高速化とメモリの有効活用になります。
ただし、32bit環境で動画や音声加工を行う場合は本当にメモリ不足が起きるかも。その場合は、OSのチューンナップなどで回避する方法もあります。
起動不能などの危険を伴うため、まだ、ブログ内でとりあげていません。

どうやってご家族の了承を獲るか・・・
ひとつだけ。マザーボードの電源コード(20/24 Pin)を抜いて 3~4日置いておくのはいかが ?
すると、PC が動かない -> マザボの交換 -> CPUとメモリも交換せねば -> いままでより遅いPCは嫌だよね -> Core i3 か i5 が必要だね ->
・・・あくまでも妄想です。

今後ともよろしくお願いします。
検索サイトからお越しの方へ
検索サイトからお越しの方は、ブラウザのアドレス欄vitalaboloveおよび、fc2.comが含まれているかご確認ください。
含まれていない場合、偽サイトを閲覧なされている可能性があります。

偽サイトは、当ブログの文字部分や画像部分が有害サイトへのバナーと置き換わっているようです。
プロフィール

Author:Vitalabolove
ご訪問ありがとうございます。
店長を任されておりますVitalaboloveです。

コメントはお気軽に。
今のところリンクフリーですが、あと数日でとりやめます。

画像データ、文言の引用は事前連絡くださるようお願い申し上げます。事前連絡の際は、左下、メールフォームを経由をご利用ください。

最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
ランキング
いつも応援いただきありがとうございました。ただいま休養中につきランキングへ参加していません・・・

フリーエリア
内緒話などはおきてがみをご利用ください。
月別アーカイブ
メールフォーム
掲載された記事について、ご不明な点はここからお問い合わせください

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
スパムと思われるトラックバックは削除しました
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。