リンクフリーを近日中にとりやめる予定です

すでにリンクを貼っていただいている方、ご一報頂きたくお願い申し上げます。


ごく少数ですが、リンクをお断りする場合があります



ブログ内 風景光景カテゴリー

続編記事などをご希望の方は こちらへどうぞ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

動いたの?ダメだったの?

PC パーツショップ店員さんのご忠告はハズレ。



前回書いた通り、
Intel DH61DL と Core i3 3220T




という世代違いの組み合わせでも動きました。

※ただし、本来の能力を全て引き出せない面もあります。

まず、始めは世代の古い CPU を着けて・・・

今は暫定的にメイン PC の代打として運用するので、後日 予備 PC と置き換えることを想定。



仮組みなので電源はノート PC用ではなく、一般的なデスクトップ用電源を利用。



予備 PC として運用する段階では省電力タイプを目指したい。
本来ならば300Wも要らない。

将来はノート PC用アダプタに換えることを想定すると、150W クラスのデスクトップ用電源が在れば良かったのだが今手元にないし、ちょうど良いモノがなかなか売られていなかった。

この段階で基盤 ( マザーボード )にはHDD や 光学装置 ( CD/DVD ) は着けない。CPUとメモリのみ。

次に、前回書いた通り BIOS ファイルを最新版に更新する。
そして、CPU を新しい世代のほう ( Core i3 3220T ) に付け替えて電源オン !

あれ、ビープ音 ・・・ 焦っっっ。
一度、再起動かかって、自動的に認識されました。




あとは例のごとく、メモリが不良品でないか動作確認のテストを行います。



最新世代の全ての能力を使えないのは2つ。制限される事項の一つは HDD / SSDの速度、もう一つはメモリの速度。
HDDの速度に関しては、制限されている上限速度を超えるモノが一般販売されていない。



メモリの速度に関しては、最新世代が1600に対して 1年前の世代が1333。
この差はほとんど体感できないレベル。

省エネという観点からは、これらの制限事項のおかげで「省電力性で有利」となる。

本当はメモリテストを10時間以上連続して行うのが良いらしい。24時間連続テストを行うヒトもいるようだ・・・

長~く待つことになりそうだ。その間に睡眠をとっておこう。

続きは後日。

本日も最後までご覧いただきありがとうございます。

「つまらなかった」「判り辛った」という方もご遠慮なくコメント欄へどうぞ

テーマ : PCパーツ
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

検索サイトからお越しの方へ
検索サイトからお越しの方は、ブラウザのアドレス欄vitalaboloveおよび、fc2.comが含まれているかご確認ください。
含まれていない場合、偽サイトを閲覧なされている可能性があります。

偽サイトは、当ブログの文字部分や画像部分が有害サイトへのバナーと置き換わっているようです。
プロフィール

Author:Vitalabolove
ご訪問ありがとうございます。
店長を任されておりますVitalaboloveです。

コメントはお気軽に。
今のところリンクフリーですが、あと数日でとりやめます。

画像データ、文言の引用は事前連絡くださるようお願い申し上げます。事前連絡の際は、左下、メールフォームを経由をご利用ください。

最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
ランキング
いつも応援いただきありがとうございました。ただいま休養中につきランキングへ参加していません・・・

フリーエリア
内緒話などはおきてがみをご利用ください。
月別アーカイブ
メールフォーム
掲載された記事について、ご不明な点はここからお問い合わせください

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
スパムと思われるトラックバックは削除しました
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。