リンクフリーを近日中にとりやめる予定です

すでにリンクを貼っていただいている方、ご一報頂きたくお願い申し上げます。


ごく少数ですが、リンクをお断りする場合があります



ブログ内 風景光景カテゴリー

続編記事などをご希望の方は こちらへどうぞ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デフラグしないのススメ

Windows にはもれなくついてくるデフラグ。



いまだに「デフラグのススメ」などと称した記事を見かける。

今回はデフラグしないことを推奨する。

※ SSD が浸透してきた。SSD はデフラグしても高速性を保てない。むしろ、確実に寿命を縮める。
※ 現在流通している SSD で高速性を維持するには「OPゾーンを設定すること」や「週に一度のTrim 作業」などでゴミ掃除を行うほうが有益である。


この種の記事は新聞や雑誌 ( PC系以外 )のコラムコーナーなどでも見かける
・筆者は本当にPC に詳しいのか ?
・前任者が書いた記事を載せていないか ?
などと疑いたくなる。
年末が近いので「PCの大掃除」などのタイトルで「デフラグのススメ」を執筆するヒトが減ると良いけれど・・・

デフラグ( データファイルの断片化を減らす作業 ) は HDDが前提、しかもWindows 95/98/Meまでを対象とした記事が多い。今となってはWindows 95/98は希少だ。



デフラグによるメリットが得られたのは過去の話。今となっては、SSD や HDD の寿命を縮めるといったデメリットが大きい。

※ 最近は HDDも進化し極端な速度低下は減った。むしろ速度低下の原因が他にあるかもしれない。思い出したくもないがカニさんとか・・・
※ HDD で高速化を追求するならばRAIDなどを検討するべきである

Windows XP はWindows 98の後継版としての色合いが強い印象がある。インターネット文化の普及とともに家庭向けでも利用層が増えた。が、Windows 2000 や XP は Windows NT (3.51 や 4.0)の延長上に生まれた。



元来Windows NTは業務分野で多用されてきた。その絡みから「むやみにデフラグはしないほうが良い」とされてきた。データファイルを整列するときに破損させてしまうことがあるからだ。
念入りなバックアップをしない状況でファイル破損が起これば当然、技術者に救助を求めることとなる。修復までの間、業務に支障をきたす。

Windows 95 / 98までは FAT ( FAT32 )という形式のフォーマット形式が用いられてきた。
Windows NT、Windows 2000 / XP / 2003においては NTFS という形式のフォーマット形式が採用されている。

一般的に 「NTFS はFAT ( FAT32 ) に比べ断片化が生じにくい」と言われているが・・・
日ごろ頻繁に更新するファイルは断片化しやすい。

フォーマット形式については10月31日の記事で少し触れました。が、もういちど簡単に説明しますと・・・

花だんや畑で例えれば、
パーティション --- 区画、ここからここまではサツマイモを植える、ここより向こうは大根を植える。
フォーマット --- 整地、耕すこと。つまり、植える前の準備。


[<-- ここから 検索サイトから訪問なされる方への補足]

最近、検索サイトから「Windows 98 NTFS」で訪れるヒトが増えてきた。その方々のために、いくらかヒントを載せておく。おそらく、Win98 環境でNTFS形式のディスクを扱いたいのだろう・・・
NTFS形式でフォーマットされたディスクをWin98からアクセスするツールは存在していた。
たしか、NTFS for Win98というツールで、有償であった。今販売されているかは知らないっ!

もっとも手っ取り早いのは、中古でも良いのでWindows XPもしくは2000の動く デスクトップPC を探してきてディスクを繋ぎかえるのが良いだろう。
それが面倒ならば・・・HDDをUSB接続するキットが販売されている。Windows 2000/XP搭載のノートパソコンでも何とかなるハズだっ。

「なにぃっ、Windows 2000 も XPも無い !?」・・・
友人にたずねるなり、ネットカフェを探せばきっと見つかるハズ。

[検索サイトから訪問なされる方への補足 ここまで -->]


いつものように解決策を考えてみる。

イメージをつかむため、内蔵ディスクを今の作業場所 ( 部屋 ) 、外付けディスクを倉庫に例えてみよう。
いちど散らかってしまったモノを一斉に倉庫に移動する。その中から必要な分だけ作業場所 ( 部屋 )に戻す。
これで作業場所 ( 部屋 )がスッキリするハズだ。



※ メールデータのバックアップに関しては10月29日記事10月31日記事をご参照ください。

(1) USB 接続の外付け HDD もしくはフラッシュメモリを用意する。
このとき、PC の内蔵 が NTFS 形式ならば外付け HDD も NTFS 形式が望ましい。一般的に、外付け HDD を買ってきた状態だとFAT32形式のモノが多い。

(2) マイコンピュータからデータのあるフォルダを開く。「データのあるフォルダ」を、そのまま、外付け HDD などに移動。
コピーではなく「移動」を推奨する。コピーした場合は、内蔵ディスクにあるデータを手動で削除する。
外付け HDD などにデータが書き込まれる際、断片化の解消されたファイルが作成される。

(3) 一度、PC を再起動する。
このとき再起動しないと、次の手順(4)でデータを書き戻す際に、断片化が解消されない ( 状態で上書きされる ) こともある。

(4) 手順(2)で外付け HDD などに移動したデータを内蔵ディスクに戻す。
このデータは今後使うかわからない場合は、内蔵ディスクに戻さない。つまりバックアップしたままにすれば良い。

デフラグツールにお世話になると、膨大なデータの移動 (書き換え)、つまり内部移動が起こる。
大人数の職場で考えてみよう。年がら年中配置換えが起こってはアタフタするだけだ。作業に集中できない。

ここで示した手順(1)~(4)であれば、書く、消す、書く、消すだけで済む。デフラグツールに比べ、はるかに書き換え回数が少いのだ~。
それに加え、ディスクの肥やしを減らせるのは良いことだ。


本来、「SSD に Windows 2000を導入する」お話を予定しておりましたが、その前に知っておきたいこと(その1)でした。
続きは後日。

本日も最後までご覧いただきありがとうございます。

「つまらなかった」「判り辛った」という方もご遠慮なくコメント欄へどうぞ

テーマ : Windows 全般
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

12/05(水)

こんばんは☆

そうなのですか…
PCの動作が遅くなると
デフラグをした方が良い…
みたいな知識をどこかで得たので
しょっちゅうやってしまっていました。。。
したらダメだったのですね…
反省してます。。。

Re: No title

12/05(水)

あんこりん さま、コメントありがとうございます。

> こんばんは☆

こんばんは!

> そうなのですか…
> PCの動作が遅くなると
> デフラグをした方が良い…
> みたいな知識をどこかで得たので
> しょっちゅうやってしまっていました。。。
> したらダメだったのですね…
> 反省してます。。。

反省しなくても大丈夫ですよっ!

「しょっちゅう」はオススメしません。けれど、年に1回くらいは良いと思います。気分的にスッキリするために・・・

実は本文中抜けている部分があって、「Windows 2000/XPであればセットアップ直後に一回だけやっておくと良い」という点です。もちろん HDD で利用されていることが前提です。

古来からの知恵で、現代でも活かせるコトは多いのですが、案外、時代とともに適切ではないノウハウもありますよね。今回のお話のキモがまさにそれです。

今後ともよろしくお願いします。

12/06(木)

デフラグをすべきか否かに迷える子羊の一匹でした。
昔はむやみにデフラグをかけてました。
最近はしていません。
でも、フラグメンテーションは解消したい。
解決策をありがとうございます!

管理人のみ閲覧できます

12/06(木)

このコメントは管理人のみ閲覧できます

PC雑誌では、よく書いてありますね・・・

12/06(木)

SSDのデフラグは無意味って・・・。
前と違って、SSDもだいぶ安くなってHDDと同じ感覚で
使用している人も多いのでしょうね、きっと。

No title

12/06(木)

デフラグはあまりしないほうがいいのですね@@;

PCの中身などにはほとんど無知なので色んなことをやってました><



これから気をつけたら大丈夫ですね! 多分(。>ω<)

No title

12/06(木)

何となく、「デフラグ中にクラッシュ」なんてシチュエーションはゴメンだ、なんて思っていました。
やっぱりそういう事って、ありうるのですねぇ

まぁ、HDDのクラッシュなんていつ起こってもおかしくない、てのが常らしいですが…

No title

12/07(金)

こんばんは。

デフラグ、長らくしていませんね。

昔、VAIOノート(Windows2000) を使用していた際はたまにやっていたと思います。

Macに乗り換えてからは、標準でOSに搭載されていないもので。
iDefrugというアプリも存在するのですが、AppleStoreの店員さんからは、デフラグはしないでくださいと、釘を刺されました。
実際、それでiPodにとどめを刺したこともありまして。

Re: タイトルなし

12/07(金)

chihaco さま、コメントありがとうございます。

> デフラグをすべきか否かに迷える子羊の一匹でした。

そんなぁ・・・chihaco さまは詳しそうなのにぃ・・・

> 昔はむやみにデフラグをかけてました。
> 最近はしていません。

なんかモヤモヤしますよね。
以前は「これを良く行っていたのに最近はやらない」・・・文明が進化して、ラクなことが増えたおかげなのでしょう。ならば、誰かが明確に「やらないほうが良い」と指針を示してくれると安心します・・・

> でも、フラグメンテーションは解消したい。
> 解決策をありがとうございます!

今回タイトルを迷いました。おとぼけ的に「最適化はさいてきかぁ?」や「今時デフラグするの?」などにを考えていました。
ブログ記事ということで「少々軽い記事のほうが良いかな」とも迷いましたが少しマジメに書いてみました。
最後まで読んでいただけると励みになります。

今後ともよろしくお願いします。

Re: PC雑誌では、よく書いてありますね・・・

12/07(金)

はーちゃん さま、コメントありがとうございます。

> SSDのデフラグは無意味って・・・。

おっしゃる通り、詳しい執筆者さんたちは記事のホコ先を変えていますよね。
明確に「デフラグが有意義である」ことを示す記事は見かけないです。

> 前と違って、SSDもだいぶ安くなってHDDと同じ感覚で
> 使用している人も多いのでしょうね、きっと。

おっしゃる通り、詳しい執筆者さんたちは記事のホコ先を変えていますよね。
明確にデフラグが有利であることを示す記事は見かけないです。

安価なモノは数年前の HDD並みの価格ですよね。
おそらく、初めて SSD を利用する際に 「HDD の延長」として考えてしまう方も多いと思います。
ショップの店員さんも自分で利用していない ( この辺の情報を持ち合わせてない ) こともあるでしょうし、寿命の件などを購入時に知らせないと思います。

SSD の延命策としては別の情報もあります。ただし、この中にも良くない情報が含まれています。
後日アップしようと思いましたが・・・
たいてい出てくる「8.3形式を記録させない」というネタがあります。これはアプリケーションの実行優先度に関わることでして、「全てのアプリの実行優先度が均一になってしまう」という弊害を考慮していない情報です。

今後ともよろしくお願いします。

Re: No title

12/07(金)

もるもる@猫 さま、コメントありがとうございます。

> デフラグはあまりしないほうがいいのですね@@;

はい。「あまりしない」で良いと思います。

> PCの中身などにはほとんど無知なので色んなことをやってました><

デフラグを年に何回やれば良いかという基準は無いのですが、一度 PC 内のデータを外に出して、必要なデータだけ戻せばスッキリしますよね。
特にWindows 7 より前の OS を使っている場合、空きが半分以下になると不調のもとです。

> これから気をつけたら大丈夫ですね! 多分(。>ω<)

多分大丈夫でしょうねっ!

今後ともよろしくお願いします。

Re: No title

12/07(金)

キョウ頭 さま、コメントありがとうございます。

> 何となく、「デフラグ中にクラッシュ」なんてシチュエーションはゴメンだ、なんて思っていました。
> やっぱりそういう事って、ありうるのですねぇ

「デフラグ中にクラッシュ」はありえます。この辺は不良セクタなどの問題が絡んできますので今回省きました。

> まぁ、HDDのクラッシュなんていつ起こってもおかしくない、てのが常らしいですが…

以前飲み会で聞いた話ですが、「某企業では年一回だか半年おきに、強制的に HDD を新品と取り替える」のだそうです。それなりに大人数の従業員を抱えていて、専属係りが連休中に徹夜で交換してゆくのだとか・・・
「HDD は消耗品」「いずれクラッシュする」という認識で業務にあたっているのだとか。以前アップした、「『きゅうはちっ』と大きな声を出していた取締役レベルの方」と正反対です。

今後ともよろしくお願いします。

Re: No title

12/07(金)

愚夫愚父 さま、コメントありがとうございます。

> こんばんは。

こんばんは!

> デフラグ、長らくしていませんね。
> 昔、VAIOノート(Windows2000) を使用していた際はたまにやっていたと思います。

Windows 2000 が登場した頃、家庭向けには Windows 98が浸透していましたよね。
PC 系の情報誌でもデフラグを推奨している記事をよく見かけました・・・

> Macに乗り換えてからは、標準でOSに搭載されていないもので。
> iDefrugというアプリも存在するのですが、AppleStoreの店員さんからは、デフラグはしないでくださいと、釘を刺されました。

店員さんの「先見の明」に感心します。Apple が断片化解消を標準搭載しない理由も今となっては理解できる話です・・・
装置が年々高速化、大容量化してきたことにより、「デフラグしたことにより、高速化されて徳する時間」よりも「デフラグ作業そのものに掛かる時間」のほうが大きくなったりします。

> 実際、それでiPodにとどめを刺したこともありまして。

なんと、それは痛いですね・・・機材の故障よりも、失ったデータが「プライスレスな価値」だったりすると悲しみが増します。こればかりは、日ごろのバックアップ次第ですね。

今後ともよろしくお願いします。

No title

12/07(金)

いつも応援頂き感謝しております。
PC・・・デフラグ??
すみません・・・知識がないわ!
記事に関連ないですが、お礼にPOCHI!!

Re: No title

12/07(金)

Sabimama さま、コメントありがとうございます。

> いつも応援頂き感謝しております。

いえいえ、こちらこそ。
猫ちゃんは大好きニャのだ~。

> PC・・・デフラグ??
> すみません・・・知識がないわ!
> 記事に関連ないですが、お礼にPOCHI!!

簡単にいうと、「パソコンの中の写真データや音楽データを掃除したいけれど、どうしたものだろう」ということなんです。

以前は散らかっていると見つけ出すのが遅くなることがりました。そのため、定期的に整頓するように言われておりました。最近は入れる場所( 部屋 ) が大きくなったので、無理な整頓は不要になりました・・・という感じです。
無理に整頓、掃除しようとした結果、何かを壊してしまうので注意ということでもあります。

今後ともよろしくお願いします。

No title

12/08(土)

こんばんは(´∀`)

デフラグはあまりしないほうが良いという話は聞いたことがありますが、
その理由まではよくわからなかったので勉強になりました。

今使っているパソコンは買ってから数年経ちますが、
今のところデフラグは1回のみです。
よく使うプログラムの起動が早くなったような気がしますが、
あくまでも体感レベルですね。

まだ完全には理解できていない部分もありますが、
とりあえず、デフラグはやらないほうがいいということで、
自分も今後はその方針でいこうと思います(^-^)/

Re: No title

12/09(日)

らす さま、コメントありがとうございます。

> こんばんは(´∀`)

こんばんは。

> デフラグはあまりしないほうが良いという話は聞いたことがありますが、
> その理由まではよくわからなかったので勉強になりました。

案外、理由がハッキリしないまま、「これはダメ」とか「こうしなさい」という習慣って多いですよね。
理由とだけではなく、
実物 の HDD で消耗してゆく状況の掲載も考えたのですが、
うまく伝えられそうにないので省いてしました。

> 今使っているパソコンは買ってから数年経ちますが、
> 今のところデフラグは1回のみです。
> よく使うプログラムの起動が早くなったような気がしますが、
> あくまでも体感レベルですね。

らすさまのお使いの環境がWindows7だったかと思います。
私もHDD運用ならば一度だけデフラグします。
OS ( Windows ) とアプリ( ソフト ) を一通り導入が終わって、バックアップイメージを作る直前に行います。
もっと細かいことを言いますとMFTと呼ばれる「ファイルの住所録みたいなもの」があって、これの断片化を解消してからバックアップします。

その「体感レベル」が微妙なんですよね。速くなったり、ならなかったり・・・

> まだ完全には理解できていない部分もありますが、
> とりあえず、デフラグはやらないほうがいいということで、
> 自分も今後はその方針でいこうと思います(^-^)/

デフラグを行うにしても、最小限で留めたいですね。
本当は 「PC 内データの大掃除」的に考えると、OS と データを別々の区画に入れてある状態であれば、
「データ専用区画を一度フォーマットして、必要なデータだけ入れなおす」が大掃除の方法としては最も簡単なのかもしれません。

今後ともよろしくお願いします。
検索サイトからお越しの方へ
検索サイトからお越しの方は、ブラウザのアドレス欄vitalaboloveおよび、fc2.comが含まれているかご確認ください。
含まれていない場合、偽サイトを閲覧なされている可能性があります。

偽サイトは、当ブログの文字部分や画像部分が有害サイトへのバナーと置き換わっているようです。
プロフィール

Author:Vitalabolove
ご訪問ありがとうございます。
店長を任されておりますVitalaboloveです。

コメントはお気軽に。
今のところリンクフリーですが、あと数日でとりやめます。

画像データ、文言の引用は事前連絡くださるようお願い申し上げます。事前連絡の際は、左下、メールフォームを経由をご利用ください。

最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
ランキング
いつも応援いただきありがとうございました。ただいま休養中につきランキングへ参加していません・・・

フリーエリア
内緒話などはおきてがみをご利用ください。
月別アーカイブ
メールフォーム
掲載された記事について、ご不明な点はここからお問い合わせください

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
スパムと思われるトラックバックは削除しました
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。