リンクフリーを近日中にとりやめる予定です

すでにリンクを貼っていただいている方、ご一報頂きたくお願い申し上げます。


ごく少数ですが、リンクをお断りする場合があります



ブログ内 風景光景カテゴリー

続編記事などをご希望の方は こちらへどうぞ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

IvyにWindows 7

※ この記事は検索サイトよりお越しの方々へ向けたものです。平常ブログ記事はこの記事よりひとつ上です。

Windows 8を導入するにしても、割安なアップグレード版を導入する前に Windows 7が正常に動く状態が好ましい。



Intel DH61 と Ivy世代のCore i3 3220T という組み合わせにおいて、Windows 7を導入する際、
(1) 最新 BIOS ( ファームウェア ) への更新
(2-1) 記憶装置の制御 ( HDDやSSD の IDE/ACHI切り替え )
(2-2) 画面表示の制御

あたりにカベが生じているのではないだろうか ? ・・・
ズバリ辛口に言ってしまえば、この辺りでカベに突き当っているようでは、「自作は向かない」。
静穏性や省電性といった自作の醍醐味を追求するよりも、メーカー製の PC を買うなり、構成を伝えて PC ショップにオーダーした方が賢い。
Intel B75 もしくは Q77 チップセット搭載しているマザーボードであれば、丸口 ( PS/2 )のマウス接続ポートや旧式プリンタポートを持ち、かつ最新 のIvy Bridge 世代 CPU に対応している製品が流通している。一回り大きいサイズで妥協すれば見つかるハズだ。
最近は、「静穏や省エネにこだわった PC を販売しているショップ」も増えている。

(1) 最新 BIOS への更新

このブログで記事を掲載するにあたり、Celeron を別途購入し、自分でBIOS 更新をした。
PCショップなどに 「BIOS 更新作業を依頼する費用」と「最安の Celeron を購入する費用」はほぼ同じであった。
更新作業に自信が無く、「一度かぎり」と限定できるのであれば、PCショップなどに依頼するのも良いだろう。

(2) 制御に関わる部分

自分で PC を組み立てる場合、



OS を導入して・・・



同包されている CD/DVDを起動すればスムーズに完了するハズである。

※ しばしば、PCをセットアップする際には「ドライバー」というコトバが出てくる。ネジ回しやゴルフの道具ではない。バスや電車の運転手のことを「ドライバー」と呼ぶのと似ている。それ専門の担当係りのようなものである。

ところが、今回、Intel DH61DL に付属してきたディスクは Sandy Bridge を利用することが前提となっていた。このため、ディスク制御に関わるファイルと画面表示に関わるファイルが Ivy Bridge と適合しないのだ。

(2-1) ディスクの制御 IDE/SATA/AHCI 切り替え

Intel のサイトから最新ファイルをダウンロードしておき統合ディスクを作成できればラクなのだが・・・検索エンジン経由で当ブログに真っ先にお越しになっているとすれば、統合ディスクの作り方すら難しいのだろう・・・

な・ら・ば10月16日付記事と同様、Windows 7 を IDE モードで導入してしまえ!

後から、レジストリを変更して再起動。
再起動の際、BIOS 設定画面でAHCI 動作に切り替えるのをお忘れなく。
これで、Windows 7( Microsoft謹製 ) のAHCI 用ドライバで動くハズだ。

レジストリの変更方法は



左下スタートボタンから



レジストリエディタを起動し

HKEY_LOCAL_MACHINE¥System¥CurrentControlSet¥Services¥Msahciのサブキーを選択。



「Start」の数値を3から0に変更し保存を行う(もとの数値が4の場合なども有り)

「Start」というキーが見つからないとき



画面右ペインの何も無い部分を右クリックして

[新規作成]->[DWORD値] の順にクリックしよう。


(2-2) 画面表示の制御 - VGAドライバ

Intel DH61DL に 同包されているセットアップ用ディスクは Sandy Bridge を装着することを前提にしたバージョンである。よってIvy Bridge 世代では上手く動かない。



内蔵用グラフィクス用のドライバーソフトはIntel のサイトにて
Ivy Bridge 対応の最新のVGAドライバが配布されている。これをダウンロードして実行すれば、2D 、3D 描画・動画再生とも上手くいくハズだ。



ここまでの手順は、PC が普通に動作していれば事前の情報収集としてアタリマエのことなのだが・・・



今まで使っていた機材が急に壊れたので買い換える。よくあることだ。今まで、一台のPCで切り盛りしていたとして、これがクラッシュすれば情報収集どころではないだろう。

で・も・ね・
状況によっては業務外のWebサイト閲覧をしていないか監視されていることもあるだろう。だから
「職場にある他の PC も全てクラッシュしたの?」とは返答しづらい。落雷などでそのような被害に遭うことも否定できない。

それでもだめなら友人・知人宅で閲覧させていただくなり、ネットカフェなり・・・


この話題に関して検索サイト経由で訪問なされた理由はうなずける。

「商品レビューサイト( 口コミサイト ) を見たけれど、欲しい情報が載っていない」ことはよくある。次に検索サイトに頼るのは当然。本来は当ブログに辿りつく前にIntel のサイトなどに行けば済みそうなことだ・・・



商品レビューサイトで得られる情報は「どこで買えるのか?」「いくら位なのか? ・・・ 相場」。
あとは、サクラ的なホメコトバか、実際に買ってみたけれど使えないで困っている泣き言。出荷数の多いものはそれなりに実使用のリポートが載るが、今回のようなタマ数が少ないと情報が見つからないときもあるだろう。
本来ならば、この種の話題はブログに載せるのではなく、商品レビューサイトに載せるほうが適しているのだ。
しかし、なぜかその気になれない。なぜならば、「普通に使える場合レビューを投稿しようという動機が生じない」からだ。

過去、何回かにわたりアキバへ行った話題を掲載した。

「わざわざ、通販で買えるのにアキバまで行ってきたの?」
と思われたヒトもいるハズ。


店頭まで足を運び、店員さんと情報を交換しながら選択するのも大切なのだ~。

本日も最後までご覧いただきありがとうございます。

「つまらなかった」「判り辛った」という方もご遠慮なくコメント欄へどうぞ

テーマ : 自作パソコン
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

検索サイトからお越しの方へ
検索サイトからお越しの方は、ブラウザのアドレス欄vitalaboloveおよび、fc2.comが含まれているかご確認ください。
含まれていない場合、偽サイトを閲覧なされている可能性があります。

偽サイトは、当ブログの文字部分や画像部分が有害サイトへのバナーと置き換わっているようです。
プロフィール

Author:Vitalabolove
ご訪問ありがとうございます。
店長を任されておりますVitalaboloveです。

コメントはお気軽に。
今のところリンクフリーですが、あと数日でとりやめます。

画像データ、文言の引用は事前連絡くださるようお願い申し上げます。事前連絡の際は、左下、メールフォームを経由をご利用ください。

最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
ランキング
いつも応援いただきありがとうございました。ただいま休養中につきランキングへ参加していません・・・

フリーエリア
内緒話などはおきてがみをご利用ください。
月別アーカイブ
メールフォーム
掲載された記事について、ご不明な点はここからお問い合わせください

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
スパムと思われるトラックバックは削除しました
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。