リンクフリーを近日中にとりやめる予定です

すでにリンクを貼っていただいている方、ご一報頂きたくお願い申し上げます。


ごく少数ですが、リンクをお断りする場合があります



ブログ内 風景光景カテゴリー

続編記事などをご希望の方は こちらへどうぞ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

64ビット版のブラウザ

Windows 7 / Vista 以降、64ビット版のOSが普及してきた。



少し詳しいヒトは今までのソフトの互換性を配慮して32ビット版OSを選択することでしょう。
さらに詳しいヒトは64ビット版を選択するでしょう。中には特に意識することもなく、64ビット版搭載PCを買うヒトも多いことでしょう。



そもそも
「32ビット / 64ビット版ってどう違うの?」
これを書き出すとすご~く長くなるので「てきと~」に書きます。

32ビット版のWindows 7を意図的に選択したくなるのは、「過去の資産との互換性」に関する部分でしょう。「過去の資産」というと難しいかもしれないので「昔から使っているアプリ ( ソフトウェア ) 」と言い換えます。
つまり
「Windows 98 / XP の時代から使ってきたソフトを使いたい!」
という願望が強いヒトほどこの傾向にあるように思える。しかし、Vista 以降アプリを動かす仕組みが変わってしまった。32ビット版の Windows を選択しても過去のソフトが動かないことは案外起こる。
32ビット版の制限として利用できるメモリが 4GBまでということがある。
※ ただし Windows 2003 / 2008 など Server 向けWindows は除く

64ビット版の Windows 7 ではメモリをたくさん使える。最近は 最初から 8GB 、16GB といった大容量のメモリを搭載した PC も増えてきた。中には 32GB搭載しているヒトもいる。
私の個人的な感想で言えば、搭載メモリ量が4GB では若干もたつく、8GB あたりからストレスが減る。境目は 6GBくらいに思える。

よく言われるのが
「32ビット時代のソフトが動かない」という誤解。
実際は Windows 7 / Vista の 32ビット版で動くソフトはほぼ動く。
一部、ワープロ・表計算でマクロ処理をともなうもの ( Visual Basic に依存するもの ) が動かない場合がある。
ごく一部の64ビット非対応のために64ビット版を避けるよりも仮想環境で32ビットを使えば済む話である。

もうひとつ、
「SCSI 機器が動かない」こともよく言われる。
最近ではほとんど USB 接続などで同等の働きをする機材が流通している。SCSI に 関しては一部のヒト向けの情報ではあるが・・・
じつは、Vista の64ビット版にSCSI 用 ドライバ ( 制御ソフト )が含まれている。これをゴニョゴニョすると Symbios ( LSI Logic )系の SCSI ボードは動いた。

PC の内部的な話では、計算を行う際に使えるレジスタ ( 演算器 ) の数が32ビット版では4つに対し、64ビット版では16 と強化されている

結論は
「積極的に64ビット版を選んでOK」ということ。


64ビット専用版ソフトは32ビットとの兼用版よりサクサク動く。32ビット向けを64ビット上で動かす場合、少々通訳作業が必要なのだが、これが省かれると平均50%くらい軽快に動くようになる。

実際のところ、64ビット向け( 64ビット専用 )ソフトはあまり多くない。
作るほうも「より多くのヒトに使って欲しい」と考えるらしく、32ビット向けを出す。( もしくは 64ビット専用版を作る力量に欠けている )



今回のお題である、ブラウザ



メジャーなものでは Internet Explorer , Google Chrome , Firefox である。
冒頭の図のように Internet Explorer においては64ビット専用版が正式に配布されている。



しかし、Windows 7 に限って言えばInternet Explorer 10 の正式公開が遅れている。



今日現在、Internet Explorer 9 が最新版とされている。
IE9 が登場したのは 2011年4月。ひと世代古い感じは否めない。

64ビット版のGoogle Chromeはちょっと見つからない。



けれど、Mozilla Firefox の64ビット専用版はある。



名前は「Waterfox」。バージョンは 16 番台。
Firefox の 16シリーズが正式公開されたのは2012年10月10日頃だから、それほど古くはない。
今日現在最新のFirefox は 18番台。正式発表されたのが2013年 1月8日である。

さて、導入してみよう。手順はFirefox と同じはず・・・
ところが、このまま進むと英語版で動作してしまうのだ~。


Waterfox ( 64ビット専用のFirefox ) を 日本語環境で動作させるには少し長くなりますので、今回はここまで。

続きはまた後日。

本日も最後までご覧いただきありがとうございます。

「つまらなかった」「判り辛った」という方もご遠慮なくコメント欄へどうぞ

テーマ : ブラウザ
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

01/09(水)

こんばんは。

基本的に利用しているMac OS Xについては、現状、基本的に 64ビット専用となっております。
(32ビットで起動もできるようですが、使ったことはありません)

で、Windowsも64ビットにしたかったのですが、まず、職場でWindows7の64ビット版を導入したら、日本郵便の電子内容証明のアプリが起動しませんでした。

その後、自宅で導入したWindows7や8については、とりあえず32ビット版です。
正直、64ビット版とどちらにするか悩みましたが。。。

Re: No title

01/10(木)

愚夫愚父 さま、コメントありがとうございます。

> こんばんは。

こんばんは。

> 基本的に利用しているMac OS Xについては、現状、基本的に 64ビット専用となっております。
> (32ビットで起動もできるようですが、使ったことはありません)

そうですよね。64ビット前提でOSが成り立っていれば、アプリも必然的に64ビットを意識したソースコードで組みますよね。

> で、Windowsも64ビットにしたかったのですが、まず、職場でWindows7の64ビット版を導入したら、日本郵便の電子内容証明のアプリが起動しませんでした。

こちらでは税金に関わるアプリが32ビットしばりです。
あと、ハードウェア(デバドラ)レベルでUSB接続のタイムカード(出欠管理)が腐ってます。
XP時代から64ビットはあったのですが、ソフト屋さん、ハード屋さんにその意識が薄かったのかと思います。
もうひとつは、Vista以降、プログラミングする際のお行儀に変更があったのですが、それも対処できていないソフト屋さんが多いように感じます。

> その後、自宅で導入したWindows7や8については、とりあえず32ビット版です。
> 正直、64ビット版とどちらにするか悩みましたが。。。

使い慣れているアプリほど愛着がありますよね。
しかし、64ビット対応版のアプリが出荷される前にソフト屋さんが消滅したりして、旧来の32ビット版アプリを使わざるをえない状況のときもありまする。

こういうときこそ、Hyper-V や VMWare など 仮想環境が活きてきそうな気がします。

今後ともよろしくお願いします。

こんばんわ~♪

01/10(木)

復帰されたんですね
今年もよろしくお願いします

パソコンの32bitやら64やら
なんのことかさっぱりわかりませんでしたが

単に数字が大きいからいいんじゃないみたいな
感覚でした~(^O^)



Re: こんばんわ~♪

01/10(木)

みおん さま、コメントありがとうございます。

> 復帰されたんですね
> 今年もよろしくお願いします

ちょうど今、そちらに遊びに行ってきたところで入れ違いになっちゃったかも・・・

> パソコンの32bitやら64やら
> なんのことかさっぱりわかりませんでしたが

> 単に数字が大きいからいいんじゃないみたいな
> 感覚でした~(^O^)

おおまかにいえば、それでもOKです。ようは大きいほうが強いってことかも。

そうですね~、コメント欄で良いたとえが難しいのですが、1リットルのバケツが2リットルに増えたようなものかもしれません。
重さを気にしないとして、水10リットルを運ぶのに回数が半分で済みますよね・・・

今後ともよろしくお願いします。

No title

01/10(木)

こんばんは

私は動画編集するので64bitとを使用していますが
当初ソフトをダウンロードするとき
32bit用でやってしまい
作動しなくて・・・
苦い思い出で~す

こんばんは~

01/10(木)

置き手紙ありがとうございました。
今、置き手紙にお返事しようとして変なことになっちゃいました。
ごめんなさいですe-330
『「わんにゃんまったり日記」から報告が完了しました』って・・・。
しかもあなたのブログに・・・設置してみませんか?」って出ちゃって
どうなってるのかしら?
自分の置き手紙をクリックしても同じように出るんです。
よくわかっていなくてすみませんm(_ _)m

で、64ビット版のお話、ちょっと理解できました。
今のPCでIEを推奨されていたのでchromeも入れてますが、主にIEを使っています。
なんか、以前のより格段に速い気がします。

それでもやっぱ、IEよりfirefoxの方が速いんでしょうか?
一度トライしてみようと思いますが、英語版ではチンプンカンプンなので、日本語版で翻訳表示できる方法を伺ってからにいたしますね。

chromeは翻訳機能がついてますものね。

ではではどうぞ本年もよろしくお願いいたします。
貴重な情報ありがとうございますヽ(*´∀`)ノ

No title

01/10(木)

そう言えば私事ですが、X68000でゲームを作った時は、データレジスタ8本とアドレスレジスタ7本を使い果たした事がありましたヨ。
386以降は32ビットCPUなのに、ナゼ汎用レジスタの数は8086時代と変わらず4本だったのでしょうねぇ。
倍の8本にしても、バチは当たらなかったでしょうに

以前「たかがHTMLのレンダリング云々」なんて言ってしまいました。
が、2014年の正式勧告を目指しているHTML5からは、ソレなりのマシンパワーが必要かも知れません。
ブラウザも64ビットコード対応になるのは、自然な時の流れでしょうか

こんばんわ~

01/11(金)

ふ~ん、そうなんですか、わかったような気がします
ようするに64のほうがいいってことですよね

あとWindows8ってどんな感じですかね?

Re: No title

01/11(金)

えぷろん隊 さま、コメントありがとうございます。

> こんばんは

こんばんは。

> 私は動画編集するので64bitとを使用していますが
> 当初ソフトをダウンロードするとき
> 32bit用でやってしまい
> 作動しなくて・・・
> 苦い思い出で~す

64ビットに特化したアプリであればメモリの制限が緩和され、動画編集、音楽編集など大量にメモリを費やす作業では有利ですよね。
Windows 7 の登場以降、64ビット版 OSのユーザーが増えたように思えます。ところが、いまだに32ビット向けのアプリが新規に登場したりして悩みどころです・・・

この記事の続編で触れようかと思いますが、アドオン、プラグインに関しては64ビット非対応どころか、動作しないモノも多かったです。
Windows 7の登場移行、64ビット対応が進んできたようにも思います。それまでは64ビットは異端に扱われていたように思います。

だんだんと64ビット環境が整うにつれ、「以前の苦労」「苦い思い出」と振り返るようなシーンも増えることでしょう・・・

今後ともよろしくお願いします。

Re: こんばんは~

01/11(金)

ariごろう さま、コメントありがとうございます。

> 置き手紙ありがとうございました。

いえいえ。それにしても「ことづて」機能は便利ですよね。

> 今、置き手紙にお返事しようとして変なことになっちゃいました。
> ごめんなさいですe-330
> 『「わんにゃんまったり日記」から報告が完了しました』って・・・。
> しかもあなたのブログに・・・設置してみませんか?」って出ちゃって
> どうなってるのかしら?
> 自分の置き手紙をクリックしても同じように出るんです。
> よくわかっていなくてすみませんm(_ _)m

「ログインがうまくいかない」とそのような状態になることがありますね。
サスペンド・スタンバイ状態から復帰した後に起こるかもしれません。
一度、「おきてがみ」からログアウトし、ブラウザを起動しなおすか、PC ごと再起動した後にログインなされると治るかもしれません。

「おきてがみ」に関しては、ひとりの方が管理・運営に当たっているようです。普通、このような仕組みは複数で手分けして、チーム作業しないと続行が困難です。
運営者さんのご苦労を考えると、たまには不調な日があっても暖かい目で見守りたいところです。

> で、64ビット版のお話、ちょっと理解できました。
> 今のPCでIEを推奨されていたのでchromeも入れてますが、主にIEを使っています。
> なんか、以前のより格段に速い気がします。

64ビットに関して厳密に書き出すと長くなります。「有益である」というイメージだけでもつかんでいただけて幸いです。
本来の能力を全て発揮すれば2倍程度に速くなるのですが、現実にはいろいろ阻害する要因があって 50% から 70% に高速化される幅が抑えられてしまいます。

自動車にも「燃費重視」「安全性重視」「速度重視」とそれぞれタイプが分かれているように、アプリ (ソフトウェア)も設計の際、「安定性」か「速度」か、どちらに重点を置くかで性格が変わってきます。
IE は OSに標準で装備されることから、「安定性」を重視した設計になっていると思います。

Google Chrome の 64ビット版が正式配布されれば、この記事自体も無かったかも・・・

> それでもやっぱ、IEよりfirefoxの方が速いんでしょうか?
> 一度トライしてみようと思いますが、英語版ではチンプンカンプンなので、日本語版で翻訳表示できる方法を伺ってからにいたしますね。
>
> chromeは翻訳機能がついてますものね。

体感的な印象で書きます。同じPCで使う場合、同世代の Firefox や Chrome の方が速いように感じます。

いろいろな分野でそうですが、トップになると保守的になり安定を求めるでしょう。その時、二番手、三番手はトップと競うため様々な改良を加え、切磋琢磨されます。
かつてワープロソフトの覇権争いが行われていた頃も同様でした。速度面での追求が無理になると、利用者の受けを狙って「あんな機能、こんな機能」を付け加えるかもしれません。
結局、ユーザからは「こんなに重いソフトでは使いたくない」と見放され、別のソフトが残る結果となることでしょう。

英語版で「難しい部分」があります。続編では図説を入れる予定です。それでも難しい場合、無理に導入する必要は無いかと思われます。IE 10はそこそこ速いハズです。

補足ですが
翻訳機能に関しては Chrome 以外のブラウザでも、適切にアドオン・プラグインを導入することで、右クリックしたときに出てくるメニューに「翻訳する」が表示されます。

> ではではどうぞ本年もよろしくお願いいたします。
> 貴重な情報ありがとうございますヽ(*´∀`)ノ

こちらこそ、本年もごひいきにお願いします。
昨年に引き続き、平日は PC に関する話題を取りあげたいと考えています。

No title

01/11(金)

こんにちは~

自分もあまり気にしていませんね(^^;

どのプラウザーも、
一長一短。

クロムを主に使用していますが、
結構ハングアップしますし、
IEでしか動かないサイトも多いですし。

まあ、それ以前にPCを何とかしないと家kないかも...

Re: No title

01/11(金)

キョウ頭 さま、コメントありがとうございます。

> そう言えば私事ですが、X68000でゲームを作った時は、データレジスタ8本とアドレスレジスタ7本を使い果たした事がありましたヨ。
> 386以降は32ビットCPUなのに、ナゼ汎用レジスタの数は8086時代と変わらず4本だったのでしょうねぇ。
> 倍の8本にしても、バチは当たらなかったでしょうに

純粋な64ビット版プロセッサとしては Itanium (IA-64)が存在するのですが、命令レベルでの互換問題から、x86(旧来の32ビットプロセッサ)アーキテクチャの拡張で (AMD64/EM64T)が浸透しました。それを前提に、x86に限定した返答とさせていただきます。

おっしゃる通り、モトローラ系のプロセッサからインテル ( 旧ザイログ )系のプロセッサに移るとレジスタ数不足を感じます。16ビット世代の対抗製品が既に16本持っていたのですから、「同数なり32本持つなりの状態でリリースされたならば」今更ながら思います。
とはいえ、最近アセンブラ言語レベルで組む機会も減ってきましたが・・・
当時の86系(i8080)のライバルがモトローラ6809だとすれば4本のレジスタで十分対抗できたのかと思われます。16ビットの8086を開発する際、8080のアーキテクチャを引き継ごうとした結果かもしれません。
プログラマーの多くは「レジスタは 4本」という縛りに慣れてしまい、「こういうものだ」で進んできたからではないでしょうか。C 言語、Basic 言語などを使う限り、レジスタ不足に直面することも少ないでしょう・・・

憶測で書きますと、686世代、カートリッジ型のPentium II かPentium !!!あたりからかと思われますが、「隠れレジスタ・代替レジスタ」が搭載されていた気がします。もちろんデバッグレジスタとは別にです。
前兆として、586世代に FPUが標準搭載され、MMX レジスタ が FPU の スタック(レジスタ) と排他制御される( MMX 演算中 FPUを利用できない) ようになった経緯があります。

現在では「レジスタリネーミング」として一般的に言われていますが、「128本もしくはそれ以上の『代替レジスタ』を搭載している」とされています。プロセッサの種類によってはもっと多く実装されているかもしれません。

現行のx86プロセッサ (EM64Tを搭載したプロセッサ) ではスイッチオンで16ビット互換、旧来の Dos Extender のようにOS起動時に32ビット動作もしくは64ビット動作に移行します。
この時32ビット状態で起動すると、もともと使えるはずのほかの12本のレジスタを使えないようマスクされるようになる、というよりも、64ビット動作で起動したときに「残りの12本のレジスタを使ってよい」というスイッチがオンになると考えるのがよいかもしれません。
つまり、「表向き、人間に見えるレジスタの本数」が少ないというだけで実装はされているのは間違いないです。

これは私ごとですが、Atom D330 に関しては Out of Order のほか、隠れレジスタが少ないように思います。省エネと引き換えに設計された結果なのでしょうかねぇ・・・

> 以前「たかがHTMLのレンダリング云々」なんて言ってしまいました。
> が、2014年の正式勧告を目指しているHTML5からは、ソレなりのマシンパワーが必要かも知れません。
> ブラウザも64ビットコード対応になるのは、自然な時の流れでしょうか

W3Cのことかと存じますが、勧告であって強制ではないにしろ、流れはそれに従ってますよね。

マシンパワーが求められるのと同時にもう、クロックアップは限界が見えていますよね。高クロック化よりも、時代は省エネ駆動を求めているように見えます。

以前もキョウ頭さまにコメントいただいたような「除算が遅い」
http://vitalabolove.blog.fc2.com/blog-date-20120813.html
http://vitalabolove.blog.fc2.com/blog-date-20120820.html
などの話題で取り上げたように、1クロック (1サイクル)あたりで「いかに効率よく演算をこなすか」に開発・改良の力点がシフトされていくことと思います。

既に、開発者向けには128ビット用とか256とかいろいろですね。着々とさまざまな分野での64ビット対応が進んでいます。
時代の趨勢には逆らえないものです。DOS/V向けコード( 16ビット用コード )がレガシー扱いされるように、32ビット用コードもどこかで切り捨てされるのでぢょうがいつになることやら・・・

今後ともよろしくお願いします。

Re: こんばんわ~

01/11(金)

沙みおん さま、コメントありがとうございます。

> ふ~ん、そうなんですか、わかったような気がします
> ようするに64のほうがいいってことですよね

おはようございます。

64ビットに関して本格的に書き出すと長くなります。大雑把に言えば「64のほうがいい」「数字が大きいほうが強そう」ってイメージで合ってます。
要は、同じ機械を「制限つきで使う」か「制限解除で全速力で使う」かに分かれます。使う人間の側から見れば「『待ち時間』が減ること」は好ましいことですよね。


> あとWindows8ってどんな感じですかね?


ううぅむ・・・Windows 8に関してはまだ検証中のことが多く、今は明確に載せられる根拠が不足しています。
64ビット版のアップグレード券がひとつだけなので、今回のように32ビット/64ビットの問題追求が甘さが残っているかもしれません。近いうちにWindows 8 を 別途 2本くらい買ってきま~す・・・

そういえば、Windows 8 って「64ビット版しか出荷しない」というウワサがありました。現実には32ビット版も出荷されています・・・

今後ともよろしくお願いします。

Re: No title

01/11(金)

flowerh さま、コメントありがとうございます。

> こんにちは~

おはようございます。

> 自分もあまり気にしていませんね(^^;
>
> どのプラウザーも、
> 一長一短。

そうですね。安全と速度が背反二律な状態ですので、「どれがベスト」というのは決めつらいです。

> クロムを主に使用していますが、
> 結構ハングアップしますし、
> IEでしか動かないサイトも多いですし。

私事ですが、この記事を掲載するにあたり3つのブラウザが同居しています。に加え検証中ですがWaterfoxで4つ目。Chrome もたまに使いますが Mozilla が活躍中です・・・

64ビット環境でのお話で言えば、Google Chrome の64ビット専用版が出れば全て解決しそうな気がします。問題は32ビットしか想定していないプラグインやアドオンが多いことでしょうか・・・

サイトを作る側にすれば、一番マスの多いIEで動くかどうかで判断してしまうのでしょう。Windows Media なんちゃらの導入を強制するサイトもあったりしますよね。
マイナーなブラウザーを挙げるとキリが無いですが、最低限、今回挙げた三つのブラウザで動くサイトを構築してほしいですよね。

ちなみに、IE以外NGサイトであってもCookie に関わる Agent変数を変更すれば何とか閲覧できるかもしれません。レイアウトは崩れますが・・・

> まあ、それ以前にPCを何とかしないと家kないかも...

そういえば昨年末、格安で一台入手されたのではなかったでしょうか。
TV 録画以外でも活用できると良いですね。

今後ともよろしくお願いします。

XPの64Bit版がでたころは・・・

01/11(金)

ドライバーが対応していない製品が多くて大変だった人も
多そうです。
その経験で32Bit版を選んでいる人もいそうな気がします。
 
いっその事PC2台で64と32で(略)。
それが出来るお金が・・・(遠い目)。

Re: XPの64Bit版がでたころは・・・

01/11(金)

はーちゃん さま、コメントありがとうございます。

> ドライバーが対応していない製品が多くて大変だった人も
> 多そうです。
> その経験で32Bit版を選んでいる人もいそうな気がします。

デバイスドライバーの対応が遅れがちですよね。
次の記事で取り上げた12年前のプリンタやスキャナーも当初64ビット非対応でしたが、大手メーカーならば後々出してきます。今は普通に動くのでよいのですが、ドライバーが揃うまで、新しいOSに移って良いか迷うこともあります。
DDKを使って自分で作っちゃうという手もあるのですが、仕様表が手に入らないと難しい・・・

そういえば、某社のレーザープリンタがXPのSP3を適用した途端に動かなくなって、対応ドライバが配布されるまでの数ヶ月、SP2に戻していた記憶があります。

> いっその事PC2台で64と32で(略)。
> それが出来るお金が・・・(遠い目)。

え~っと、それは夢ではないですよ~。
当ブログの過去記事
http://vitalabolove.blog.fc2.com/blog-date-20121026.html
で触れていますが1台の PC でマルチ OS でブートしたり、64ビット環境に32ビット版を仮想環境で運用するとか・・・
ただし、仮想環境は動画編集とかリアルタイム処理を要求されるゲームには向かないです。

今後ともよろしくお願いします。
検索サイトからお越しの方へ
検索サイトからお越しの方は、ブラウザのアドレス欄vitalaboloveおよび、fc2.comが含まれているかご確認ください。
含まれていない場合、偽サイトを閲覧なされている可能性があります。

偽サイトは、当ブログの文字部分や画像部分が有害サイトへのバナーと置き換わっているようです。
プロフィール

Author:Vitalabolove
ご訪問ありがとうございます。
店長を任されておりますVitalaboloveです。

コメントはお気軽に。
今のところリンクフリーですが、あと数日でとりやめます。

画像データ、文言の引用は事前連絡くださるようお願い申し上げます。事前連絡の際は、左下、メールフォームを経由をご利用ください。

最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
ランキング
いつも応援いただきありがとうございました。ただいま休養中につきランキングへ参加していません・・・

フリーエリア
内緒話などはおきてがみをご利用ください。
月別アーカイブ
メールフォーム
掲載された記事について、ご不明な点はここからお問い合わせください

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
スパムと思われるトラックバックは削除しました
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。