リンクフリーを近日中にとりやめる予定です

すでにリンクを貼っていただいている方、ご一報頂きたくお願い申し上げます。


ごく少数ですが、リンクをお断りする場合があります



ブログ内 風景光景カテゴリー

続編記事などをご希望の方は こちらへどうぞ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プログラミングのA・B・C

プログラミングというと難しく聞こえます。言っているほうも格好良さげ・・・



※ 猫ちゃん画像は下の方に載っています。

実際のところ、作業( 命令 ) 手順 を考えてコンピュータに指示しているだけのことです。

料理でも献立、レシピを練るときに順序を考えると思います。
花壇や農園を楽しむとすれば、お花や野菜をいつ植えるのかなどを考えますよね。
手順を決めることができれば、あとは条件判断の基準を与えることがわかれば難しくはないでしょう。

たとえば、運動会。11時にパン喰い競争を予定していたとしましょう。
突然雨が降ってくるかもしれません。
雨が降ってきたら、中止や休憩になりますよね。
これは条件を判断することです。

人間の視点で考えると続行可能か中止かを判断しやすいのです。
しかし、コンピュータ ( などの機械 ) は案外、生真面目。
「もし~~だったら~~しなさい」を厳密に、細かく教えてあげる必要があります。
人間も十人十色で、当然、教え方に上手・下手が出ます。

プログラムを組む、言い換えれば、全体の流れを考える際、設計者の腕を問われることになります。
実生活において、作業手順の流れが悪いと2・3時間で終わる作業が数日かかってしまう場面もあります。
いくら、作業員が熟練さんで素早くこなせるとしても、流れが悪く、どこかで詰まってしまうこともあります。

人間であれば、待っているのも芸がないので、一服休憩したり翌日に持ち越すことでしょう。
「ここの食堂混んでいるから、別の店に行こうぜ~」
といった具合に・・・
一方、( 先ほどの繰り返しになりますが ) 機械は生真面目
流れが詰まっていても、ず~っと待ち続けたり、懸命に繰り返し作業に挑みます。
誰かが「この作業はこの辺で・・・」や「待つのを止めて他の作業をしましょう」と言い出せば済むみます。が、機械にとっては無いのです。
ズバリ言えば「指示待ち」。
一見、「自発的な機械」というのがあります。「自分で考えてお掃除する」など何らかの作業を行ってくれます。
でも、機械の自発的な意思ではないのです。
さも「機械が自発的に動いている」かのように、人間が予めプログラミングして( 指示を与えて )あるのです。

人間ならば「頭が痛い、お腹が痛い」と不調をアピールします( できます ) が、機械は故障するまで指示・命令に従い動き続けます。

この先、「ノイマン型」「非ノイマン型」を綴りだすと長くなるので簡単に進めます・・・

しばしば、調理の「さ・し・す・せ・そ」と言います。
今回は「プログラミング言語に関するA・B・C」について綴ります。

毎度のことですが、これはあくまでもブログです。店長がてきと~に書いていると思って読んでください。本格的な学習は教科書なり専門の学校で!

図形や人間のモーション ( 手足の動き )で指示を出す方法も編み出されていますが、広く用いられているのはプログラミング言語を使って書くこと。
日本語、英語、フランス語といった言語があるように、コンピュータに指示を出すにも何かコトバが必要です。

人間の意志、命令をコンピュータに分かる状態に翻訳することをコンパイルといいます。
インタープリタ、コンパイラに関しては後日触れます。簡単に書くと、同時通訳するか、事前に全て翻訳しておくかの違いです。

スポーツ中継の勝利者インタビューなどでたまに通訳された場面を見て
「あの監督さん、2コト3コトしか喋っていないのに、通訳さんを通すと長いよなぁ・・・」
と思う場面があります。
これは捉え方にもよりますが、通訳さんの親切心なのでしょう。
文化の違いや、独特の言い回しを私たちにわかり易く伝えたいという熱心さかもしれません。
ただ単に不慣れで、ヘタな場合もあります・・・

同じ言語を使うヒト同志で何かを伝えたい時にはあまり意識することはありません。

地球上の各国ごとに異なる言語を持っているように、プログラミングを行う際もたくさんの言語の種類があります。

古くから利用者の多いプログラミング言語の代表格を3つ挙げてみます。わかり易いように A、B、C に分けると
A - アセンブラ言語
B - BASIC 言語
C - C/C++ 言語 もしくは COBOL 言語


結論だけ先に言ってしまうと
習得が簡単な順に並べ替えると B・C・A
実行時の速さから言えば、A・C・B

※ 現在、「ABC」という名称のプログラミング言語が存在します。
※ C 言語の原型となったB言語もあります。

まずはアセンブラ言語。アセンブリ言語とも言います。

利点としては通訳する手間が少ない分、プログラムを実行するときに速いこと。
デメリットは、暗号のような難解さのほかに、ハードウェアの構造を知らなければいけないこと。



コンピュータの命令は、かつてはマシン語と呼びましたが



この図のように16進数の羅列。これはコンピュータにとって母国語
一見、暗号のようです。これらは、数字ごとに意味を持っています。実際のところ、暗記するのは面倒。

そこで、少しわかりやすいように



加算 ( 足し算 ) なら ADD



乗算 ( かけ算 ) なら Multiply を略して MUL と命令を書くようにします。
これらはニーモニックコードと呼ばれています。




古くからPCと関わってきたヒトならば、多少はハードウェアの構造も知っていることでしょう。



しかし、Microsoft の Windows ( 3.1 や 95) が普及した後にPCに触れたヒトがハードをウェアを学ぼうとすれば、Pentium 登場前、Intel 386 、486くらいまで遡って学習する必要がありそうです。

Intel 80386 が登場したのは1985年の秋。その頃の書籍は今でも入手可能ですが、駆動可能のハードを一式揃えるのは困難となっています・・・

64ビット版の Windows が登場して以降、Microsoft は 開発ツールでアセンブラ言語を利用できないように制限をかけています。
※ 実際のところ、64ビット版でもアセンブラ言語を利用する手段はあります。

当初言われていたメリットのひとつである高速性が、後述する C/C++言語に劣ることも増えてきました。
プログラム、アルゴリズム ( 作業の仕組みや流れ ) を長時間練ることで高速さを発揮できそうです。しかし、練るための時間が膨大になりがちです。
何かを短縮したいハズが手間取ってしまうのでは、本末転倒なのかもしれません・・・


Basic 言語は、皆さんがお使いの PC に搭載されている Windows を開発・販売している Microsoft 社が提供してきました。
1964年に開発されたとされ、1970年代にMicrosoft が MS BASICを投入したのをきっかけに広まったと言われています。



アセンブラなどに対し高級言語と呼ばれています。
コンピュータ文化は英語圏を主導に発展してきました。
アセンブラに比べ、人間の言語 ( ただし英語 )に近い記述を用いてプログラムが書けるようになりました。



1980年代前半において、PC はメーカーごとに独自の作りになっていました。
Windows 95くらいから各メーカーPCの互換性が進みました・・・
言い換えれば、ハードウェアの共通性、互換性がほぼ無かったと言えます。
人間のコトバも地域によって方言があるように、PC メーカーごとに方言のような独自な命令が追加・拡張されました。



Basic 言語でも単純なテスト向けプログラムならば、どのメーカーのPCに打ち込んでも動きました。

しかし、当時主力な記憶装置だったカセットテープやフロッピーディスクにデータを書き出そうとすれば、各社のPC ごとに独自の( 異なった )命令を入力する必要がありました。



この問題に対処すべく、Microsoft と Ascii 社が中心となりハードウェア、命令をほぼ統一した MSX という規格がはじまりました。その後、MSX2、MSX2+、最終的には、MSX TurboR まで発展しました。各メーカーから、この規格に準じた PC が登場しました。

ただし、各メーカーはMSXではない独自規格の販売も続けていました。
MSX はホビー向け、業務向けにはキューハチっ、98という図式が成りたちそうに思えました。

各社独自規格のうち、ホビー分野でも X68000 や FM-Towns の方が高性能だったこともあり、MSX は 事実上の標準にはなれませんでした・・・

さてさて、Basic 言語の話に戻ります。
マイクロソフトの発展、拡大に繋がったこの言語、今でもサポートされています。
名称はVisual Basic となっています。
Excel のマクロ機能などを VBA と呼ぶことがあります。VBA は Visual Basic の機能削減版です。

Visual Basic は現在マイクロソフトのVisual Studio に関するページで配付されています。
もちろん無料!



入手するにはVisual Studio のダウンロードページ
を開き、中ほどににある
Visual Basic 2010 Express をクリックして日本語を選択、
今すぐインストールをクリックすると、インターネット経由でセットアップが可能です。

ネット上での配付はいつ打ち切られるかわかりません。
一度ディスクに焼きいつでも使えるようにするならば、
Visual Studio 2010 Express All-in-One ISO をダウンロードするのも良いでしょう。
ただし、こちらも利用開始から30日以内にインターネット経由で利用継続の認証手続きが必要になります。


C/C++ 言語と綴っていきますが、



1970年代前半に作られたのがC言語、それから10年くらい後、拡張形として C++言語が作られました。
C++言語は現在でも拡張、発展が行われています。事実上の標準といえます。



また、そこから派生したC#という言語もあります。
C#言語はマイクロソフト独自なもので、Windows の搭載されていないPCでは使えないこともあります。



性格としては、Java 言語に対抗するためのものでしょう。
C/C++ 言語に比べ実行時の速さを期待できません。
今回は省きます。


C/C++ 言語の利点としては Basic言語 に比べ高速なこと。入手しやすいこと、
先人達が残した多くのライブラリが活用できること。学習する際に関連書籍が豊富なこと。
標準規格がしっかりしているので、他のマシンに移植しやすいこと・・・

C/C++ 言語に関してはまた後日。

[ おまけ画像 ]



「店長の話、長いニャ~っ」



「おおっ、終わったぜ~」



「アニキー、遊んでくる~」



「何かあったら呼べよ~」



「すぐ行くからニャ~っ」



今のうちに、眠っておこう。

おやすみ~。

本日も最後までご覧いただきありがとうございます。

「つまらなかった」「判り辛った」という方もご遠慮なくコメント欄へどうぞ

テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

02/18(月)

こんばんは(´∀`)

「C言語」って良く聞く言葉ですね~、
という程度の知識しかない人間です。
若い時、コンピュータの勉強したかったな~

先日は自分の質問に答えていただき、
ありがとうございました(*^。^*)
おかげで再びアクセス解析ができて嬉しいです。
しかし説明もなしに突然、
管理画面から「アクセス解析」の項目を消しちゃうなんて…

こんばんわ^ ^

02/18(月)

よくプログラミングを勉強してるって人いますが
一般的というか、仕事などで役にたつのは、
どの言語でしょうか?

またiPhoneとかのモバイルアプリなどはどういった言語でできているのでしょうか?

また、ブログのテンプレートなどを自分で作れる人すごいなぁ~って思っていたのですが、HTMLって何言語になりますか?

すみません、コメントで質問ばかりで

02/19(火)

こんばんは。

大昔、ちょっとだけ、システム開発のお仕事をしていました。
機械も英語も苦手です。
C言語は勉強しかけてすぐやめました。
オブジェクト指向は理解不能です。
去年はWebがらみでJavascriptの本を買ってみましたが、
変数の説明まで読んで挫折中です。
もう私にプログラミングは無理です。
でも、店長の説明を読むのは楽しいです♪

ああっ、拒否反応がっ・・・

02/19(火)

PC使っているのに、頭が拒否反応を(笑)。
昔は読者が製作したプログラミングを載せた雑誌もありましたよね~。
私も眺めたりした事はありましたけど(汗)。

ごぶさたしてます

02/19(火)

久しぶりに懐かしい言葉を見ました。

コボル ベーシック  あとフォートロン
大学生時代泣かされ続けた言語です。

私が学生時代まだ98が出始めた頃で大学のコンピューターは
フォートロンかコボル 情報系でなかった私はチンプンカンプン。

やっと何年かしてIBMの5550が登場して...

懐かしくって涙が出そう

No title

02/19(火)

ご自分でソフトを制作なさるのですか?
凄い!
実は昔むかしプログラマーSEやっていました
言語はCOBOLとPL/1(・・?

No title

02/19(火)

こんにちは^^

私は情報系の学部を卒業しましたので・・・。
プログラミングに関しては色々と勉強しましたよ^^
非常に分かりやすく説明されていますね(*´ω`*)

私はプログラミング言語ではJavaが一番好きですね~。
ただ、他の言語にも色々と挑戦してみたい気持ちもありますよ(´∀`)
プログラミングは、ある程度できるようになってくると楽しくなってくるのですよね^^

初めまして!

02/19(火)

MSX、懐かしいですね。

その前の時代にあった、ソードのM5のOEM(タカラ?)を持っていました。
当時で、3インチFDD、感熱式プリンターや種類の違うBASICのカセットなど、家庭用としては時代を先行していると思いました。
まだ、テープにプログラムを書き込んだのしか見たことありませんでしたから。

また、ゲームに欠かせないスプライトの使い方も分って面白かったです。

ではでは!

No title

02/19(火)

BASICか。三十年前が懐かしいであります。

あのころは方言だらけだったなあ。雑誌掲載のプログラムリストをぺちぺち打ったなあ。単純なゲームをひとつ遊ぶのにも膨大な時間を費やしたうえにエラーが多発しては読み直したなあ。

機械語で打ち間違えると、泣いたなあ……(^^;)

No title

02/20(水)

おはようございます~

MSX懐かしい~

もう少しやると思ったのですが、
ファミコンにその座を奪われてしまいましたね。

自分はその前の、
86ぐらいからかじってまして。
シャープのX1から入っています。

まだ、ソフトバンクの孫さんが本を出しているような時代で...


懐かしいですね。

花札ゲームでアセンブラ、
打ち込んだのが懐かしいです(ーー)

Re: No title

02/20(水)

> こんばんは(´∀`)

おはようございま~す。

> 「C言語」って良く聞く言葉ですね~、
> という程度の知識しかない人間です。
> 若い時、コンピュータの勉強したかったな~


長い間、「C/C++言語」は定番として使われてきました。
方向性がしっかりしているので、教育現場においても受け入れ易かったのだと思います。

学ぶことはいつ初めても遅くないですよ!
たしかに学生時代に比べ、飲み込むのには時間がかかるかもしれません。
ご近所の方で定年間際に、急にコンピュータに凝りだしてメキメキ上達した方がいらっしゃいます・・・


> 先日は自分の質問に答えていただき、
> ありがとうございました(*^。^*)
> おかげで再びアクセス解析ができて嬉しいです。
> しかし説明もなしに突然、
> 管理画面から「アクセス解析」の項目を消しちゃうなんて…


いえいえ、私でわかる範囲であれば・・・

トップ画面にあるとブログを始めたばかりの方でも「アクセス解析」を利用することでしょう。
アクセス解析はサーバ ( コンピュータ )に負担をかけるようです。
運営サイドとしてはサーバの負担軽減を意図したのではないでしょうか・・・

今後ともよろしくお願いします。

Re: こんばんわ^ ^

02/20(水)

沙みおん さま、コメントありがとうございます。
お返事遅れております・・・

> よくプログラミングを勉強してるって人いますが
> 一般的というか、仕事などで役にたつのは、
> どの言語でしょうか?


この記事で取り上げていないことを書きます。
いまのところ、Java 言語を使えるとお仕事に役に立ちそうです。
データベースを扱う作業ならばSQLというデータ操作のための言語まで使えれば評価が高いと思います。


> またiPhoneとかのモバイルアプリなどはどういった言語でできているのでしょうか?


Objective-C (今回の記事で登場したC言語の拡張形 ) や Java が多いようです。


> また、ブログのテンプレートなどを自分で作れる人すごいなぁ~って思っていたのですが、HTMLって何言語になりますか?
>
> すみません、コメントで質問ばかりで


立派なテンプレートを作成なされている方が増えてきましたねっ!

以下、少々自信のない返信です。
「何言語」と問われると「HTM言語」!
Hyper Text Markup Language の訳し方は難しいです。

http://ja.wikipedia.org/wiki/HyperText_Markup_Language
あたりを見ても日本語として不自然な訳です
「ウェブページを作るための言語」とかで良さそう・・・

質問はお気軽にどうぞ~!

今後ともよろしくお願いします。

Re: タイトルなし

02/20(水)

chihaco さま、コメントありがとうございます。

> こんばんは。


おはようございます。

なるほどぉ。
割とお話が通じ易いと感じていたのですが、経験なされていたのですね。

苦手意識を持つと何かを進めるのが遅れてしまいますよ~。
この「苦手」という概念、私たちの社会で独特らしいのです。
他国の方々が日本に観光に来た際、挨拶のコトバを知っているだけでも堂々と「ニホンゴワカリマス」的に日本を楽しんで帰ってゆきます。
このような、少し出来るだけでも「得意」の意識、大切かと思います・・・


> 大昔、ちょっとだけ、システム開発のお仕事をしていました。
> 機械も英語も苦手です。
> C言語は勉強しかけてすぐやめました。
> オブジェクト指向は理解不能です。
> 去年はWebがらみでJavascriptの本を買ってみましたが、
> 変数の説明まで読んで挫折中です。
> もう私にプログラミングは無理です。
> でも、店長の説明を読むのは楽しいです♪


教授さん達が、威厳を持って書いた参考書だと肩が懲りますよね。
学校の授業ではそれも必要でしょう。
しかし、ここはブログ。
入り口はわかり易くても良いと思うのです・・・

言語を使って何かを作るにも限界がありますね。
特に書籍を使った勉強する際、「こんなの作って何に使うの !?」という教材も多々あります。

とりあえず、「挫折ではなく休憩中」と置き換えると気が楽ですよね。
いずれ、気が向いた時に集中的に取り組めば良い具合に進むと思います。

今後ともよろしくお願いします。

Re: ああっ、拒否反応がっ・・・

02/20(水)

はーちゃん さま、コメントありがとうございます。

> PC使っているのに、頭が拒否反応を(笑)。

またまたぁ~。
最近は、市販ソフトのレベルが高くなり、自分で作る機会が減ったせいもあるでしょう。

> 昔は読者が製作したプログラミングを載せた雑誌もありましたよね~。
> 私も眺めたりした事はありましたけど(汗)。


ありました~。掲載されるかワクワクしたりして。
掲載されたときの景品、倉庫に眠っているかどうかチェックしま~す。

今後ともよろしくお願いします。

Re: ごぶさたしてます

02/20(水)

annkichi さま、コメントありがとうございます。

> 久しぶりに懐かしい言葉を見ました。
>
> コボル ベーシック  あとフォートロン
> 大学生時代泣かされ続けた言語です。
>
> 私が学生時代まだ98が出始めた頃で大学のコンピューターは
> フォートロンかコボル 情報系でなかった私はチンプンカンプン。


「A・B・CのC」 に関しては C/C++ よりも COBOL の方がお馴染みの世代もいらっしゃいますよね。
BASIC よりも FORTRAN の方が科学・計算分野ではメジャーかと思われます。

先日、近所の学生さんが宿題として FORTRAN の穴埋め問題を解けないとのお話がありました。
今でも教育現場では FORTRAN が好まれているのかもしれません。
もしくは、指導なされる方の個人的な嗜好なのかもしれません・・・


> やっと何年かしてIBMの5550が登場して...
>
> 懐かしくって涙が出そう


ご存じない世代の方々もいらっしゃることを踏まえて書きますと、
今、多くの方が使っている俗に言う「 Windows 機の先祖 」がこの「マルチステーション5550」でしたね。
記事中でも触れている80386は5550に搭載されていた8086の発展系で、32ビット動作可能でした。
最近のCore~とかPentium~といった俗に言うウィンテル機 ( PC/AT互換機 ) は未だに386の縛りを受けています。
過去の資産を継承できるメリットの一方、新しいアーキテクチャが生まれ難いのかもしれません。

そういえば、IBM の Aptiva が倉庫に眠っています・・・

今後ともよろしくお願いします。

Re: No title

02/20(水)

ショコラ さま、コメントありがとうございます。

> ご自分でソフトを制作なさるのですか?
> 凄い!


過去形で「作っていた」が正解でしょう。
凄くはないですよ~。ご自身で製作なされている方、日本中にたくさんいま~す。

当方ブログ過去記事
http://vitalabolove.blog.fc2.com/blog-date-20120822.html
の中ほどにある、音声エディタ、ミキサーは XP が登場した頃作ったモノです。
今はただのブログ管理人です。小物ツールならこの記事のどれかの言語で作ることもある程度です。
他人様の作られたアプリには何が仕掛けられているのやら・・・


> 実は昔むかしプログラマーSEやっていました
> 言語はCOBOLとPL/1(・・?


おおっ、オモシロそうな裏話をお持ちなのではないでしょうか。

そういえば、2000年問題で金融系機関の入れ替え時に COBOL を扱える方が優遇されておりました。
人員不足で、一度引退した方々を呼び戻して事態にあたったティームもあったようです・・・

今となっては COBOL や FORTRAN は手引書を片手に持たないと・・・

最近は、PL/I で ピーエルワンと呼ぶのだとか。
数字の1ではなく、アルファベットのIに変更されたのですねぇ・・・

今後ともよろしくお願いします。

Re: No title

02/20(水)

SUH さま、コメントありがとうございます。

> こんにちは^^
> 私は情報系の学部を卒業しましたので・・・。
> プログラミングに関しては色々と勉強しましたよ^^
> 非常に分かりやすく説明されていますね(*´ω`*)

おはようございます。

おおぅっ、嬉しいお言葉です!
実は、理系出身ではないのにこのような記事を掲載し、申し訳ないと思っています。

この記事を掲載した理由は詳しくは明かせないのですが、
これからプログラミングを学ぶ方々、とくに現役の学生さんたちに興味を持っていただけたら良いなとの想いから筆を運びました。
詳しい方々からはお叱りの声もあるでしょうが、序章ということでお許しください・・・


> 私はプログラミング言語ではJavaが一番好きですね~。
> ただ、他の言語にも色々と挑戦してみたい気持ちもありますよ(´∀`)
> プログラミングは、ある程度できるようになってくると楽しくなってくるのですよね^^


この記事では Java に関して省いてしまいました。
Java は PC だけでなく多くの装置で用いられています。
記事のスジから言えば C言語を味方すべきですが、コンパイラーの出来上がり具合によってもいろいろ左右されます。
実用性では Java に分がある、つまり、優勢だと思います。

プログラミングに限らず、様々な分野において何かができる様になると楽しいです!
焦って取り組むと楽しさよりも苦痛になるかもしれません。
まずは我流でもよいのでが楽しみながら進むのが良いですよね・・・

今後ともよろしくお願いします。

Re: 初めまして!

02/20(水)

和平 明憲 さま、コメントありがとうございます。

> MSX、懐かしいですね。
>
> その前の時代にあった、ソードのM5のOEM(タカラ?)を持っていました。
> 当時で、3インチFDD、感熱式プリンターや種類の違うBASICのカセットなど、家庭用としては時代を先行していると思いました。
> まだ、テープにプログラムを書き込んだのしか見たことありませんでしたから。

> また、ゲームに欠かせないスプライトの使い方も分って面白かったです。
>
> ではでは!


MSX の考え方は良かったハズなのです。思いのほか主役になれませんでした。
現在のウィンテル ( Intel マシンと Windows 機)に繋がるように何か共通のプラットフォーム、互換性があると消費者としては迷いが減るのかもしれません・・・

SORD と言えばPIPSが有名でしたね。何か新しい風を吹き込むのが上手なイメージがあります。
たしか、M68も SORD だったような・・・

当時、カセットテープベースに比べ、フロッピーディスクでの起動は迅速に感じたものです。
今はフロッピーの火は消えつつあります・・・

スプライトはハードウェアレベルで実装されていましたね。
スプライト表示能力の高さはゲームなどに反映され易いので、各社競っていました。
Windows 限定のお話ですが、
最近はDirectX ( Direct3D / Direct2D ) でソフトウェアによる制御が主流でしょうか・・・

今後ともよろしくお願いします。

Re: No title

02/20(水)

> BASICか。三十年前が懐かしいであります。
>
> あのころは方言だらけだったなあ。雑誌掲載のプログラムリストをぺちぺち打ったなあ。単純なゲームをひとつ遊ぶのにも膨大な時間を費やしたうえにエラーが多発しては読み直したなあ。
>
> 機械語で打ち間違えると、泣いたなあ……(^^;)


1980年代前半からもう、30年経ちますねぇ。
当時、テレビでもPCを主題にした番組が放映されていました・・・

Windows 95の登場以来、メーカー独自の拡張が減っていったように感じます。
方言、つまり、「他で通じない」が排除されることはOSを提供する側には都合がよい事でしょう。
と同時に個性のあるマシンが世に出る機会を奪っているのかもしれません。

打ち込む辛さと引き換えに、動き出した時には感動でした。
時々、意図的な印刷ミス、誤植があって何度打ち込み直してもうまく動かないこともありました。
翌月号の修正記事を読みたさに、また本屋さんに・・・

膨大な時間を費して覚えたことは、なかなか忘れないものです・・・

今後ともよろしくお願いします。

Re: No title

02/20(水)

flowerh さま、コメントありがとうございます。

> おはようございます~


おはようございます。


> MSX懐かしい~
>
> もう少しやると思ったのですが、
> ファミコンにその座を奪われてしまいましたね。


すっかり奪われてしまいましたね~。
「ゲームはゲーム機で」という風潮と同時にNES ( ファミコン ) には、大物ソフトが揃っていたのも定着した要因かと思います。
MSX 機や同後継機のスペックはしっかりしていたように思います。


> 自分はその前の、
> 86ぐらいからかじってまして。
> シャープのX1から入っています。
>
> まだ、ソフトバンクの孫さんが本を出しているような時代で...

> 懐かしいですね。
>
> 花札ゲームでアセンブラ、
> 打ち込んだのが懐かしいです(ーー)


個人的な見解ですが、
この記事を書くときに、「86をご存知の世代の方であれば今回の話題は通じそう」な想像のもと、筆を進めました。
掲載の目的としては「これから、プログラミングに興味を持たれる世代への序章記事」としたいところです。
と、同時にPCの発展をご存知の世代の方々よりたくさんのコメントをいただき、励みになります!

X1 のスペックは良かったですね。Z80系の傑作だったように思います。
スーパーインポーズといったテレビとの連動機能もオモシロかったですね。
私が初めてBASIC を学んだのは、MZ-1200か兄弟機だった覚えがあります。電源オンしてから、カセットテープが読み終わり、起動するタイプでした。
その後は記事中にあるように、 FM シリーズに・・・

記事中にある、K&R 本だけでなく、
月刊誌など、書籍による学習素材も豊富でしたね。
打ち込み終わって、プログラムが動くと嬉しいものでした・・・

今後ともよろしくお願いします。

No title

02/20(水)

Basic 言語、、、懐かしいなあ
Basic のプログラミングが載ってる本があって
それを片っ端から入力するんですが
ちょっとでも間違ってると動かないでしょ
僕には無理でした、、、、、 (笑)
あれからWIN95まで遠ざかってましたネエ  (*^▽^*)

No title

02/20(水)

自己書き換え、ループ展開、サブルーチン排除、1バイトでもサイズが少なく1クロックでも実行速度が速い命令の選定…。
若い頃は、今では役に立たないであろうプログラミングテクニックばかり覚えていましたw
でも、楽しかったですヨ

No title

02/20(水)

プログラミングの「C」を「COBOL」とボケ(?)ようと思ったら、
普通に紹介されてて… さすがです。
本来は「ボケ」でもなかったのですが今では… ←と思っています
あ! その 「ANSI規格準拠」の
「プログラミング言語C」をわたしも持っています…

そういえば、「インタープリタ」を「プリンタ」の事だと
勘違いしているヒトがいて、世の中面白いと思ったものです。

時間があったらまた「Visual Basic」をやりたいと思ってますが…
ここのところ「人生のフロー」が忙しくて、なかなか
創作の方にはいかないです。でも、こういうのをやってると
「考え方」というか、話し方が「システム的(?)になりますよね。

「○○だから△△という結果が出る」みたいな。もちろん、
人間相手でしたらいろんな反応が返ってくるのですけど…
人間相手で「あまりにも突拍子もない反応」がかえって来た時は
「ハードバグ」なんだなと… ←おい

Re: No title

02/21(木)

加夢 さま、コメントありがとうございます。

> Basic 言語、、、懐かしいなあ
> Basic のプログラミングが載ってる本があって
> それを片っ端から入力するんですが
> ちょっとでも間違ってると動かないでしょ
> 僕には無理でした、、、、、 (笑)
> あれからWIN95まで遠ざかってましたネエ  (*^▽^*)

この記事を通じて、
これからプログラミングを学ぶ方々、とくに現役の学生さんたちに興味を持っていただきたいところです。
古くからPCをお使いのご存知の方々より、懐かしいとの声をいただき嬉しいきぎりです。

BASIC 言語で動かしている頃は、自分で打ち込むことがありましたよね。
打ち込むことで、命令や流れを覚えてゆき勉強になりました。
最近はネットの普及もあり、自分で打ち込まず、掲載されているリストをコピーペーストする人が多いようです・・・

打ち込んだものが動かない例も多くありました。たいてい誤植がありました。
月刊誌だと翌月号などに訂正記事が掲載される仕組みでした。
そうでない書籍の場合、直接、出版社に連絡して正誤表を取り寄せるなどしないと、いつまでも動かないままでした・・・

余談ですが、
Windows 環境上でも、Microsoft の Visual Basic のほか、記事中に画像のある F-BASIC などが提供されていました。
これらを使うと旧来の行番号を使うプログラミングが可能でした・・・

今後ともよろしくお願いします。

Re: No title

02/21(木)

キョウ頭 さま、コメントありがとうございます。

> 自己書き換え、ループ展開、サブルーチン排除、1バイトでもサイズが少なく1クロックでも実行速度が速い命令の選定…。
> 若い頃は、今では役に立たないであろうプログラミングテクニックばかり覚えていましたw
> でも、楽しかったですヨ


はずかしながら、私も「少しでも速く」を求めていた時期がありました。
ここ最近はPC が進化し、速度面でも不満が解消されたこともあり、安定して動くこと、や最後まで走りきることを重視するようになりました。
「今では役に立たない」に関しては「今でも通用する」かもしれませんよ。

少し前まで組んでいたものでは、
標準的なコードで組んで、処理に要する時間が60~75分。これを機械任せの最適化を施すことで
処理に要する時間が15~25分。さらに、手動でチューニングを施すと数分短縮できました。
単発の作業なら趣味の範囲、しかし、日ごろの作業の現場でこれだけ差がつくと考えればチューニングによる恩恵は大きいと思います。
ただし、チューニング自体で時間を浪費するのは避けたいところです・・・

キョウ頭 さまにおかれましては、この記事の掲載の意図、お察しいただけたのかもしれません。
最近は市販ソフトが優秀ですので、自分で作る楽しさを忘れがちです。
この記事を通じて、なんらかを伝えたいと思い綴ってみました・・・

今後ともよろしくお願いします。

Re: No title

02/21(木)

よしこチャ さま、コメントありがとうございます。

> プログラミングの「C」を「COBOL」とボケ(?)ようと思ったら、
> 普通に紹介されてて… さすがです。
> 本来は「ボケ」でもなかったのですが今では… ←と思っています
> あ! その 「ANSI規格準拠」の
> 「プログラミング言語C」をわたしも持っています…


記事の長さを無視して、A から Z まで綴るなども構想したのですが、私たちの覚えやすい3つに絞ってみました。コメント頂いた中から、省みるに、5つくらいプラス FORTRAN でも含めたほうが良かったのかなぁとも感じます。
以降の記事展開に関係することで言えば、現状の Windows 環境で無償で手軽に入手できそうな「A、B、C」が今回の3点でした。おそらく、COBOL をご存知の方も多いと思う反面、お手軽に進められないだろうとの判断でした。
ちなみに、Visual COBOL や Visual Fortran が実在するようです

C言語を学ぶ際、K&R本は必須ですよね。
C言語に関する書籍はたくさんあると同時に、現在ではネット上でも学習の参考になるような情報もあふれています。が、K&R本なしに学習を進めるのは非効率ですよね・・・


> そういえば、「インタープリタ」を「プリンタ」の事だと
> 勘違いしているヒトがいて、世の中面白いと思ったものです。


う~~っ、おしいっ、一文字違いっ!
どんな印刷できる機械なのか楽しそうですね。
今でいうネットワーク対応プリンタも「インターなんとか」と言えそうですが・・・

> 時間があったらまた「Visual Basic」をやりたいと思ってますが…
> ここのところ「人生のフロー」が忙しくて、なかなか
> 創作の方にはいかないです。でも、こういうのをやってると
> 「考え方」というか、話し方が「システム的(?)になりますよね。


Visual Basic は部品を配置して、コードを書いてゆくだけで簡単さ。
システム的なことはあまり頭に置かないで取り組めますよ!
かつてBASIC を経験しており、ワープロソフトや簡単な作図ソフトを使ったことのある人であれば、案外抵抗無く進めてゆけるかと思います。
時間があるときがよいでしょう・・・


> 「○○だから△△という結果が出る」みたいな。もちろん、
> 人間相手でしたらいろんな反応が返ってくるのですけど…
> 人間相手で「あまりにも突拍子もない反応」がかえって来た時は
> 「ハードバグ」なんだなと… ←おい


正常に動作している機械に対しては、常に一定の答えを求めがちですよね
ここからここまでといった範囲を決めておき、それを超えると想定外となります。
一方、人間ゆえのオモシロさは、その想定外の反応にあるのかもしれません・・・

「バグ」というよりも、「仕様」。つまり、「個性」として尊びたいですね。

今後ともよろしくお願いします。
検索サイトからお越しの方へ
検索サイトからお越しの方は、ブラウザのアドレス欄vitalaboloveおよび、fc2.comが含まれているかご確認ください。
含まれていない場合、偽サイトを閲覧なされている可能性があります。

偽サイトは、当ブログの文字部分や画像部分が有害サイトへのバナーと置き換わっているようです。
プロフィール

Author:Vitalabolove
ご訪問ありがとうございます。
店長を任されておりますVitalaboloveです。

コメントはお気軽に。
今のところリンクフリーですが、あと数日でとりやめます。

画像データ、文言の引用は事前連絡くださるようお願い申し上げます。事前連絡の際は、左下、メールフォームを経由をご利用ください。

最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
ランキング
いつも応援いただきありがとうございました。ただいま休養中につきランキングへ参加していません・・・

フリーエリア
内緒話などはおきてがみをご利用ください。
月別アーカイブ
メールフォーム
掲載された記事について、ご不明な点はここからお問い合わせください

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
スパムと思われるトラックバックは削除しました
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。