リンクフリーを近日中にとりやめる予定です

すでにリンクを貼っていただいている方、ご一報頂きたくお願い申し上げます。


ごく少数ですが、リンクをお断りする場合があります



ブログ内 風景光景カテゴリー

続編記事などをご希望の方は こちらへどうぞ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生き残るには地味が有利?

キジのオスばかり撮っているの!?



チャンスがあれば、メスの姿も撮りたいところです。
が、なかなか・・・

### 過去記事をご覧いただいていない方へのご案内 ###
・4月15日分羽ばたく前後はふっくらと
・4月10日分羽ばたく姿をみてみたい
・4月 1日分飛ぶのは苦手!?
・3月25日分キジがとれた等の続きです



しばしば言われる
オスの姿を見れば、近くにメスもいる。



たしかに・・・



左方向奥にメス、その手前にオス、近い方右側にメスの姿。
父、母、お嬢さんでしょうか。それとも・・・



オスは派手な柄、周りが土や枯れ草や緑であってもある程度わかりやすい。



ほかの鳥でもよくあることですが、
オスのほうが上手に唄ったり、派手な容姿をしています。
一方、メスは目立たないようにしているように思える。
地味というよりも保護色という感じ。

あくまでも邪推だが、
捕食されない、つまり、外敵に狙われないようには都合が良いのだろう。

たしかに、土や木の色に近い柄だと発見し辛い。



暖かくなり、枯れ草から緑に移るこの時期、
人間の目から視て、草むらのあたりだと認識し易いようにも見える。



木の根元に隠れようとするオス。
派手な柄は遠くからでも認識し易い。



一方、メスが木の根元に近寄るとこの通り。
発見し辛くなるわけです。

現状は暖かくなり、地面に草花の緑があることで、認識できるかも。
しかし、冬場、枯れ草の状態では、周りと同化してしまいます・・・



コメント欄にお寄せいただいた、
人間は女性のほうが華美を好む!?
これについてはキジも含め、オスが華美な姿をしている鳥には共通していると思います。

難しいことを綴りだすと、捕食圧遺伝確率のお話となってしまいます。
ここはブログですので、簡単に話しを進めましょう。

華美なオスほどメスに好まれる。
( 華美な姿をしているオスの ) 子孫を残す機会が増える。
その子孫たちの中から、華美なものがさらにメスに好まれる・・・
これをくり返して進化してきたのではないでしょうか。

メスが綺麗、華美を好むことは変わりないようです。
ひとつ、つけ加えれば、鳥たちには衣類を作る、染めるは無理な話。
ゆえに、自分の好みに着飾ることが無いだけでしょう・・・


さてさて、人間の視点で考えると視覚による情報を捕らえがち。
生き物たちが、ほかの要素からも身を守る必要がありそうです。

過去記事、2013年3月 6日分で、メスが飛行している姿を取り上げました。


※ この画像は2013年3月 6日に掲載したものを再掲載。

この藪で以前、キジのメスが飛行する姿を撮れたことがあります。


※ この画像は2013年3月 6日に掲載したものを再掲載。

しばしば、藪の外まで姿を現していました。



でも、ここ最近、キジの姿を見かけません。
3月中旬からは、何度足を運んでも遭遇できず。
よく見ると、猫ちゃんの姿が・・・



まさか、トラさんを連れて撮りに行ったの!?



はずれ~っ。
猫の尾にご注目。



尾が短い様子がお分かりのことでしょう。



いつも登場する、トラさんの尾はこんな感じ。

さすがに散策にまで猫ちゃんを連れてゆくのは無謀。


※ この画像は2013年2月13日に掲載したものを再掲載。
2013年 2月13日付けの過去記事のように
トラさんは鳥を見ると遊びたくなってしまうことでしょう。



ということで、トラさんはお留守番に決定。



なんだか不機嫌そう・・・



弟がイタズラしないように、



オイラが見守っているからニャ~。

本日も最後までご覧いただきありがとうございます。

「つまらなかった」「判り辛った」という方もご遠慮なくコメント欄へどうぞ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは♪

04/19(金)

確かに鳥さんでは、雄の方が派手で美しいことが多いみたいですね~。
(一部のチョウの種類もそうかも…)
どうしてそうなったかは、推測ですがおっしゃるようにいわゆる自然選択という奴ですね。
羽根の美しい雄が雌に選ばれ続けた結果、オシドリとかクジャクみたくキジの雄も美しくなったんですね。
人間の場合は…好みが多様化してるから、動物界ほど単純ではないかもですね…(^^ゞ。

No title

04/20(土)

こんにちは~

キジ、姿消しますたか...

その前鳴いていたということは、
うまくカップリングができたのかもしれないですね(^^)

猫に邪魔されたのでなければいいのですが...

No title

04/20(土)

何かで見たか聞いたかしたのですが
鳥のオスが派手なのは
妻子を守るための「囮」になる為だそうです。
だからメスも出来るだけ綺麗で目立つオスを選ぶ・・・
勿論、逃げる術や戦う術を持つ種族は違うんでしょうけどね~

人間の女性自身が華美を求めるのは
魅力の誇示(アラのごまかし?)かもですが(^^;

No title

04/20(土)

(*・ェ・*)ノ~☆コンバンワ♪

わかります!
オスの方が派手で綺麗ですよね~
私が小学校の頃オオルリがいたんですが青くて綺麗でした
でもメスは茶色で地味な印象。
これも自然界で生きていくためなんですよね
ところでキジのオスのヒナは茶色いのかな?
大人に成長するにつれ鮮やかになるのか?っとフッっと思っちゃいました。

店長さん!キジのメスが羽ばたいてる姿を写真で撮れただけでもスゴイですヽ(*´∀`)ノ
尊敬です

ニャンコは見事なボブテイルですね!
ニャンコがいたらキジも逃げちゃいますよね
最近こちらはキジの鳴き声・姿が見えなく不思議に思ってるとキツネが・・・場所は違えどキジさんの敵は多いようです(>_<)

Re: こんばんは♪

04/21(日)

星乃裕華 さま、コメントありがとうございます。

> 確かに鳥さんでは、雄の方が派手で美しいことが多いみたいですね~。
> (一部のチョウの種類もそうかも…)
> どうしてそうなったかは、推測ですがおっしゃるようにいわゆる自然選択という奴ですね。
> 羽根の美しい雄が雌に選ばれ続けた結果、オシドリとかクジャクみたくキジの雄も美しくなったんですね。
> 人間の場合は…好みが多様化してるから、動物界ほど単純ではないかもですね…(^^ゞ。


こんばんは。

いろいろ学説をたどると迷ってしまうところですが、華美になったり、上手に唄ったりは進化の結果なのでしょうね。
現存しているクジャクやオシドリにかぎらず、既に滅びてしまった綺麗な鳥たちもいたことでしょう。
現在だと、深い森林地帯の奥にカメラを持ち込んで、綺麗な生き物たちの動画が世界中に配信されていますよね。
現代文明でこそ、人間が入ってゆけますが、人間が生活するのは困難な地帯。
生き残る条件が過酷な地帯で生きるものほど、アピールする力が強くなるのかも。

人間の場合は、自分の好みで着飾れるから単純ではないですね・・・

今後ともよろしくお願いします。

Re: No title

04/21(日)

flowerh さま、コメントありがとうございます。

> こんにちは~
>
> キジ、姿消しますたか...
>
> その前鳴いていたということは、
> うまくカップリングができたのかもしれないですね(^^)
>
> 猫に邪魔されたのでなければいいのですが...


こんばんは。

一部のスポットからは姿を消しました。
遠くから観ているとカップリングできたような一組でした。
ほかにも遭遇できそうなスポットを探してみたいと思います。

藪の近くで見かけた猫ちゃん、このほかにも何匹か。
キジのほうから察して、引っ越したのかも・・・

今後ともよろしくお願いします。

Re: No title

04/21(日)

ROUGE さま、コメントありがとうございます。

> 何かで見たか聞いたかしたのですが
> 鳥のオスが派手なのは
> 妻子を守るための「囮」になる為だそうです。
> だからメスも出来るだけ綺麗で目立つオスを選ぶ・・・
> 勿論、逃げる術や戦う術を持つ種族は違うんでしょうけどね~


オスがおとりの役割をする説、興味深いです。
たしかに、父親が犠牲をかって出たとして、残った子たちが種を絶やさないように・・・

何度か、近距離でオス同志が威嚇しあう場面に遭遇しました。
これは戦っているのではなく、単なるナワバリ主張合戦だったようですが・・・


> 人間の女性自身が華美を求めるのは
> 魅力の誇示(アラのごまかし?)かもですが(^^;


人間には感情や欲がありますからね。
誇示という側面、同感です。

今後ともよろしくお願いします。

Re: No title

04/21(日)

mergoo さま、コメントありがとうございます。

> (*・ェ・*)ノ~☆コンバンワ♪
>
> わかります!
> オスの方が派手で綺麗ですよね~
> 私が小学校の頃オオルリがいたんですが青くて綺麗でした
> でもメスは茶色で地味な印象。
> これも自然界で生きていくためなんですよね
> ところでキジのオスのヒナは茶色いのかな?
> 大人に成長するにつれ鮮やかになるのか?っとフッっと思っちゃいました。


こんばんは。

オオルリのオス、綺麗ですよね。
キジを撮りたくなる前に見かけたました。
撮っておけばよかったなと後悔中。

華美か地味かの話で言えば、やはり生き残る、子孫が残ってゆくには保護色というかカムフラージュになってしまうようですね。

ヒナの姿はまだ撮れていません。
巣の位置はチェックしてありますが、今近づくと警戒されてしまうので、もう少し先になるかも!
幼いうちは、オス、メス同じような柄で、成長するとオスは首の辺りから派手になってくるかと思います。


> 店長さん!キジのメスが羽ばたいてる姿を写真で撮れただけでもスゴイですヽ(*´∀`)ノ
> 尊敬です


いえいえ、羽ばたいている姿で、気に入った画像は、この時だけ。
それ以降撮れていないのです。
また撮れたら良いなぁ・・・


> ニャンコは見事なボブテイルですね!
> ニャンコがいたらキジも逃げちゃいますよね
> 最近こちらはキジの鳴き声・姿が見えなく不思議に思ってるとキツネが・・・場所は違えどキジさんの敵は多いようです(>_<)


その通り!
猫ちゃんは尾が短いタイプ。
ヒナのうちは飛んで逃げることもできないでしょうから、巣ごと引越したのかなぁ・・・

おおっ、キツネがお近くにいるのですか。
キツネやタヌキも天敵と言われているようです。ほか、ヘビが天敵と言われているかも。
しかし、松尾芭蕉の句にもあるように、マムシがキジに食べられてしまうこともあります。

今後ともよろしくお願いします。

No title

04/21(日)

こんにちは。

キジさんたくさん撮れてますね♪
こんなにキジさんをじっくり見るのは初めてかも。
月、綺麗ですよね^^
私も晴れてる日はベランダからしょちゅう見上げてます。
冬のほうがやっぱり綺麗だけど
いつ見ても心が落ち着きます☆
トラさんもたくさん堪能させていただきました♪かわいい♪

No title

04/21(日)

よく動物はオスの方が派手って聞きますよね。
人とは逆のところがおもしろいなぁって思います。

月の写真もいいですね。
僕も今度撮ってみたいなぁ・・・。

いつも面白い写真をありがとうございます。

04/21(日)

写真を見た俺のファーストインプレッションは
「キジって焼いたら旨いの?」
だった。
…マジでアホだぜ。

Re: No title

04/22(月)

@くうた さま、コメントありがとうございます。

> こんにちは。
>
> キジさんたくさん撮れてますね♪
> こんなにキジさんをじっくり見るのは初めてかも。
> 月、綺麗ですよね^^
> 私も晴れてる日はベランダからしょちゅう見上げてます。
> 冬のほうがやっぱり綺麗だけど
> いつ見ても心が落ち着きます☆
> トラさんもたくさん堪能させていただきました♪かわいい♪

こんばんは。

やっと、キジの画像が撮れるようになってきました。
願うは羽ばたく姿、滑空する姿を自分の手で撮ってみたいです。

いま、月が綺麗ですね。
変わらないモノを見ると、落ち着きますよね。
あと、数日で満月となります。
くうちゃんを撮っているカメラでパチりっと撮ってみてはいかがでしょうか。

最近、猫ちゃん画像を忘れていました。
また、撮り次第、アップしたいと思います。

今後ともよろしくお願いします。

Re: No title

04/22(月)

まき さま、コメントありがとうございます。

> よく動物はオスの方が派手って聞きますよね。
> 人とは逆のところがおもしろいなぁって思います。


はい、鳥、蝶は特にオスがアピールする傾向にあるようです。
人間と逆なようなところ、面白いですね。
人間の場合、道具を使って、自分の好みの衣装を作ったり着飾ったりできるというのもありそうですが・・・


> 月の写真もいいですね。
> 僕も今度撮ってみたいなぁ・・・。


月の写真、修行中の私にとってはまだまだ・・・

あと、数日で満月です。
まきさまのマジックで、素敵なお月さまをっ!

今後ともよろしくお願いします。

Re: いつも面白い写真をありがとうございます。

04/22(月)

オレガノフ44号 さま、コメントありがとうございます。

> 写真を見た俺のファーストインプレッションは
> 「キジって焼いたら旨いの?」
> だった。
> …マジでアホだぜ。


いえいえ、お楽しみいただけたようで幸いです。

掲載しているのは、野生のキジです。
一方、食用としてキジの養殖も行われており、鍋やローストとして食すように販売されています

おそらく、養殖されているキジよりも、野生のキジのほうが筋肉などが発達しているはずです。
第一印象として感じられたことも自然ななりゆきかと・・・

今後ともよろしくお願いします。
検索サイトからお越しの方へ
検索サイトからお越しの方は、ブラウザのアドレス欄vitalaboloveおよび、fc2.comが含まれているかご確認ください。
含まれていない場合、偽サイトを閲覧なされている可能性があります。

偽サイトは、当ブログの文字部分や画像部分が有害サイトへのバナーと置き換わっているようです。
プロフィール

Author:Vitalabolove
ご訪問ありがとうございます。
店長を任されておりますVitalaboloveです。

コメントはお気軽に。
今のところリンクフリーですが、あと数日でとりやめます。

画像データ、文言の引用は事前連絡くださるようお願い申し上げます。事前連絡の際は、左下、メールフォームを経由をご利用ください。

最新記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
ランキング
いつも応援いただきありがとうございました。ただいま休養中につきランキングへ参加していません・・・

フリーエリア
内緒話などはおきてがみをご利用ください。
月別アーカイブ
メールフォーム
掲載された記事について、ご不明な点はここからお問い合わせください

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
スパムと思われるトラックバックは削除しました
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。