リンクフリーを近日中にとりやめる予定です

すでにリンクを貼っていただいている方、ご一報頂きたくお願い申し上げます。


ごく少数ですが、リンクをお断りする場合があります



ブログ内 風景光景カテゴリー

続編記事などをご希望の方は こちらへどうぞ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アヤメの仲間を知りたい



日曜日、雨が上がり夕方のジャーマンアイリスを撮ってみた。



夕方になるにつれ横風が強くなるなか、撮ってみた。





 

朝のオレンジやピンク。



夕日に映える姿も良い。



黄色を撮るのがむずかしい。



日差しの強い時間に撮ると、色が飛んでしまう・・・



撮っている最中、
「違うお花を撮っていないか!?」
ということが気になる。



「いずれアヤメかカキツバタ」
のことわざもあるように、
アヤメとカキツバタは似ていて区別しにくいともよく言われる。



しばらく前まで倉庫で眠っていた図鑑で



アヤメとその仲間を見てみた。



発刊された日付が古く、最近の外来種には対応できてないのは否めない。



監修者は高名な方々である。

まず、
がく片のもとに小さいヒゲがあるかどうかをみると良いようだ。
ジャーマンアイリスやイチハツはヒゲが生えている。
イチハツは地下茎が長いとのこと。
中央のスジもハッキリしないのだとか。

よそ様のお庭に植えてあるお花を掘り出すわけにはいかない・・・



ショウブ、アヤメ、カキツバタには小さいヒゲが生えていない。
葉の中央にあるスジが太い場合はショウブかその仲間。
葉のスジがハッキリしない場合、葉がねじれていればネジアヤメ。
葉が細く、茎より長いのはダッチアイリス ( オランダあやめ )、
茎よりも短いのがアヤメかカキツバタと分類されるようだ。



アヤメのがく片のもとには紫と黄色の模様があるが、カキツバタは黄色の部分があるとも書いてある・・・




庭のアヤメはこれから咲くところ。
机の上であれこれ悩むよりも、実際に測ってみた。



30cm から 50cm で図鑑にある通り。



続いて、庭に咲いているジャーマンアイリス。



こちらは図鑑では 50cm から 80cm くらいとなっている。
65 cm だと約 8割りくらい。
妥当なところだろう・・・



まだ終わらニャい~っ??



眠くなってきた~っ。
おやすみ~

本日も最後までご覧いただきありがとうございます。

「つまらなかった」「判り辛った」という方もご遠慮なくコメント欄へどうぞ

テーマ : 花の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

No titleアヤメの仲間

05/14(火)

猫に小判・・ならず
猫には花の美しさが解らず・・眠気が優先でしょうかね

アヤメの仲間で良く解らないのが黄色の花。
花の大きさはアヤメくらいなのに、アヤメと違って花茎は枝分かれ
するし、葉っぱは大きさ長さともに杜若だし・・
黄花菖蒲と呼ばれているけど、花菖蒲にしては花小さいし・・
実生でもどんどん生えるし、之もまた何処までも増え広がっていきます。

No title

05/14(火)

こんばんは~

夕陽とのコンストラクトいいですね。

ほんのり外郭が赤く、
温かみが(^^)

昔の図鑑は、
絵が多いのが弱点ですね。

山歩き用のモノとかは、
写真多用されていますが、
今はネットなどの方が、
しらべやすいかもしれないですね。

No title

05/15(水)

こんばんは。

アヤメ 菖蒲 カキツバタ 区別まったくわかりません。
以前、学校のとなりに市営の菖蒲園があって クラブ活動
で撮影に行った際 係りの人に見分け方教えてもらいましたが
未だにまったく区別が付きません。

最近はどれを見ても「菖蒲?」と聞いてます。
出来ましたら名札などぶら下げていただくと
非常に有難いんですが... 

Re: No titleアヤメの仲間

05/19(日)

みー さま、コメントありがとうございます。

> 猫に小判・・ならず
> 猫には花の美しさが解らず・・眠気が優先でしょうかね
>
> アヤメの仲間で良く解らないのが黄色の花。
> 花の大きさはアヤメくらいなのに、アヤメと違って花茎は枝分かれ
> するし、葉っぱは大きさ長さともに杜若だし・・
> 黄花菖蒲と呼ばれているけど、花菖蒲にしては花小さいし・・
> 実生でもどんどん生えるし、之もまた何処までも増え広がっていきます。


猫ちゃんたち、まさに「猫に小判」のごとく、
お花の美しさよりも、それを撮っている人間と遊びたいようです。
トラさんにかぎっては、人間の目が届く範囲で眠くなるクセがあるようで・・・

こちらの庭でも黄色い菖蒲らしき花が咲き出しました。
昨年の水不足が影響しているようで、花の大きさ、葉の形状が例年と違うようにも見えます。

最近は、外来種やそれとの混合・亜種が増えたせいでしょうか、
図鑑、ガイドブックに載っているような姿と比べ、かけ離れた姿になることも多いように感じます。

今後ともよろしくお願いします。

Re: No title

05/19(日)

flowerh さま、コメントありがとうございます。

> こんばんは~
>
> 夕陽とのコンストラクトいいですね。
>
> ほんのり外郭が赤く、
> 温かみが(^^)
>
> 昔の図鑑は、
> 絵が多いのが弱点ですね。
>
> 山歩き用のモノとかは、
> 写真多用されていますが、
> 今はネットなどの方が、
> しらべやすいかもしれないですね。


こんばんは。

昨年の今頃、アヤメやその仲間を眺めていて、夕日を背にした姿が良い光景に感じでした。
来年こそはと想っていたので、今年はチャレンジしてみました。
もっと、やわらかい、温かい、やさしい等を表現できるように練習を進めてみたいと思います。

最近はネット機器を活用し、通信可能なエリアなら散策しながら調べたりできますよね。
昔の図鑑は、机の上でじっくり読むことを想定した作りになっていて、アウトドアには不向きかも。
昔ながらの辞書や図鑑には、紙をめくりながら、ほかの項目に寄り道するという楽しみもあり、捨てがたいところです・・・

今後ともよろしくお願いします。

Re: No title

05/19(日)

annkichi さま、コメントありがとうございます。

> こんばんは。
>
> アヤメ 菖蒲 カキツバタ 区別まったくわかりません。
> 以前、学校のとなりに市営の菖蒲園があって クラブ活動
> で撮影に行った際 係りの人に見分け方教えてもらいましたが
> 未だにまったく区別が付きません。
>
> 最近はどれを見ても「菖蒲?」と聞いてます。
> 出来ましたら名札などぶら下げていただくと
> 非常に有難いんですが... 


こんばんは。

恥ずかしながら、私もズバリと区別できる自信がありません。
自ら庭に植えたお花であれば、「あきらかに○○を植えた」と覚えているのですが・・・

わからない事は詳しいヒトにたずねるのが得策ですよね。
他のヒトに聞くのが恥ずかしいというヒトもいるとは思いますが、知らないままの方が損な気がします。

その時点でわかっていても、後の世の人々がわからない事は多々あります。
名札など等で判るようにしておけば、後で見たヒトが理解しやすいですよね・・・

今後ともよろしくお願いします。
検索サイトからお越しの方へ
検索サイトからお越しの方は、ブラウザのアドレス欄vitalaboloveおよび、fc2.comが含まれているかご確認ください。
含まれていない場合、偽サイトを閲覧なされている可能性があります。

偽サイトは、当ブログの文字部分や画像部分が有害サイトへのバナーと置き換わっているようです。
プロフィール

Author:Vitalabolove
ご訪問ありがとうございます。
店長を任されておりますVitalaboloveです。

コメントはお気軽に。
今のところリンクフリーですが、あと数日でとりやめます。

画像データ、文言の引用は事前連絡くださるようお願い申し上げます。事前連絡の際は、左下、メールフォームを経由をご利用ください。

最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
ランキング
いつも応援いただきありがとうございました。ただいま休養中につきランキングへ参加していません・・・

フリーエリア
内緒話などはおきてがみをご利用ください。
月別アーカイブ
メールフォーム
掲載された記事について、ご不明な点はここからお問い合わせください

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
スパムと思われるトラックバックは削除しました
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。