リンクフリーを近日中にとりやめる予定です

すでにリンクを貼っていただいている方、ご一報頂きたくお願い申し上げます。


ごく少数ですが、リンクをお断りする場合があります



ブログ内 風景光景カテゴリー

続編記事などをご希望の方は こちらへどうぞ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嫌われるなら徹底的に

中古ショップで衝動買いしてしまった・・・



実は、アナログレコードやカセットテープで同じ音を持っていた。



ここ最近は洋楽中心な生活。
なぜか、店頭で見て、思わず欲しくなってしまったのだ・・



今回は音楽の話題ではなく
商品・製品のイメージ、印象に関するお話です。

企業が新製品を世に出す場合、評判、つまり、顧客 ( 消費者 ) のイメージを気にするものである。
とりわけ、売り上げを伸ばすには好印象を目指すことが多い。
当然、音楽CD 、レコード等を商品として考えることもできる。

今回、衝動買いしてしまった2つの演者 ( アーティスト ) たち、既に解散してしまっている。
両者は好印象のアーティストとはかけ離れていた。
というよりも、嫌われ者という印象をお持ちのヒトが多いのではなかろうか!?



まず、悪魔風のグループ、モデルは1970年代にアメリカで結成されたロックバンド、KISS を日本風にアレンジしたとも言える。
出身は音楽や芸術の学校ではなく、W大学の教育学部。つまり、学校で教鞭に立つことを目指していた方々だ。



ヴォーカル担当だったヒトは、現在では相撲の解説ゲストとしても活躍していたり、各楽器パートの方々も精力的に演奏活動や、若手さんの指導を続けている。



つぎに、黒い革ジャン( ライダースーツ ) にドカン ( ワタリが広い白いパンツ )、リーゼントヘアーにサングラスが特徴的な4人組。
現在、ギター担当の方は、某レコード会社の重役さんだとか。ほかの3人は、今でも神奈川方面で音楽活動を行っているようです。
この方々は、A山学院大学に在学していたそうで、実生活ではガリ勉タイプだったとの声も・・・

嫌われ者というキャラづけ、つまり、ステージの上でそのようなキャラクターを演じていたのにすぎない。
当時、コンサートが終わった後、アーティストさんとファンで車座になり、何時間もお話をした事などもあり、実際には悪いヒトでは無いような・・・

狙いとして考えられるのは、
「嫌い、イコール、強烈な印象を与えている」
つまり、インパクトを与えるという意味で成功したと言える。

タレントさんの好感度ランキング上位な方々、嫌いなランキングでも上位に選べばれていることが多い・・・
※ 実生活の場で、周囲に迷惑をかける、実害を及ぼすのば別問題です。

「嫌われ者」という表現に語弊があるかもしれません。
周囲に迷惑をかける「嫌われ者」と区別するためには、「個性が強い」「アクの強い」と言ったほうがよいのかも。
たしかに、「個性が強い」と大勢の中では、浮く存在となってしまう。
「困った奴だな」とは思いながら、「皆は悪く評価するけれど、良いところもあるからなぁ・・・」と感じるものです。

衝動買いとはいえ、なぜ、この商品 ( 音楽CD )を買ってしまったのだろう!?
答えは、記憶に残っていたからである。
「好き」、「嫌い」は案外記憶に残りやすい。反面、どちらでもない、つまり好きでも嫌いでもないならば、記憶として残りづらいものだ。

たとえば、子どもの頃に好きだったお菓子や嫌いだった食べ物を思い出せるでしょうか。
案外簡単なハズ。しかし、それ以外のお菓子についてはどうだろう!?
駄菓子屋さんなどで、( 大人が ) 懐かしいお菓子を見て買いたくなる衝動は、先に述べた強烈な印象に起因しているのではないだろうか。
逆に、子どもの頃大嫌いだった食べ物は大人になっても避けがち。
いわゆる「食わず嫌い」ということもあり、不味いと思い込んでしまっているだけかもしれない・・・

ふだん、私たちは無難な企画で進めようというあまり、没個性な発想をしがちである。
多くの人々に好まれることを目指してモノゴトを進めがちだ。
たまには、逆の発想をしてみるのも面白いのではないだろうか・・・



ヨーラン ( 丈の長い学生服 )姿の高校生が学校に登校することを歌ったロックンロールや、
悪魔たちのろう人形の楽曲をカラオケで、楽しむヒトもいるのでは!?!?



さてさて、
悪魔さんたちが世に出るオーディションで演じた、組曲を聞きたくなった。



法を守って音を楽しみましょうと悪魔さんたちも言っている。
また後日、中古ショップへ音を漁りに行ってみよう・・・

本日も最後までご覧いただきありがとうございます。

「つまらなかった」「判り辛った」という方もご遠慮なくコメント欄へどうぞ

テーマ : 意見・つぶやき
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

05/16(木)

懐かしいー!
どちらのバンドも知っている世代です。
強烈な個性でしたね。
カラオケでは歌ったことないですけど(^^)

今も派手な衣装とメークを貫いている閣下が好きです。
話はそれますが、
最近、某テレビ番組で、司会者が閣下のことを
「陛下」と呼んで、閣下本人に訂正されていました。
その間違いはまずいんじゃ・・・と思いましたが、
そのまま放送されちゃうんですね。びっくりです。

No title

05/16(木)

言い換えると「アクの強い」ということでしょうね
ビートたけしさんとか毒マムシ三太夫さんが最初に毒舌で売り出したときに
この人なら許せる、、、って空気を持っていたってこともあるんでしょうね
フェラーリなどのスーパースポーツも
ある程度アクが強くないと売れないといいますしね (*^▽^*)

No title

05/16(木)

こんばんは~

今は個性が強い方が 人気のある時代と感じます。
容姿はあまり 関係ないようですね。
美形・上手い だけでは ダメなような・・・

こんばんは♪

05/16(木)

勤め先では完全に浮いてる裕華です。
…ってか、浮いてないと一人になれず、創作の時間が持てないのでかえって困る…ということが最近分かりました。
職場近くの喫茶店で一人でモーニングしながら、スマホのメモ帳で二次小説書いてたのに、最近勝手に人の前に座って来るやつ(男、カン違い系)がいてマジで困ってます。
朝食はうまく避けたと思うと昼飯で一緒になるし、今週からは帰りの電車にまで(逆方向なのに!)乗り込んでくる始末。
完全にタイプ違うんですけど、困ったものです。
(よく知らない人との世間話が何より苦痛な裕華であった…)
ハッキリ「うぜえ!」って言った方がいいのかな…?
裕華にとって、浮くことは必要です。
創作は一人じゃないと出来ないですからね~。
平日は、ただでさえ時間取れないってのに…。
おっと、メタルは今でも聴きます。
ちなみに洋楽オンリーですが…(^^ゞ。
(ブラインド・ガーディアン、ニッケルバック等々)

No title

05/17(金)

こんにちは~

確かに発想の転換は必要ですね!

個性は必要ですし、
ただ、日本では叩かれがちですが(^^;

カラオケは可愛いですが、
バイクで暴走するっていうのは少し違う気も...

楽しく昔を楽しんで欲しいですね(^^)

Re: タイトルなし

05/19(日)

chihaco さま、コメントありがとうございます。

> 懐かしいー!
> どちらのバンドも知っている世代です。
> 強烈な個性でしたね。
> カラオケでは歌ったことないですけど(^^)
>
> 今も派手な衣装とメークを貫いている閣下が好きです。
> 話はそれますが、
> 最近、某テレビ番組で、司会者が閣下のことを
> 「陛下」と呼んで、閣下本人に訂正されていました。
> その間違いはまずいんじゃ・・・と思いましたが、
> そのまま放送されちゃうんですね。びっくりです。


懐かしくて、つい購入してしまいました。
その、「懐かしい」に至るのは強烈な印象で記憶に残っていたからだと思うのです。
ほかにも上手に演奏する、見栄えの良い演者さんはたくさんいたのに、パっと思い出せない・・・

そういえば、悪魔さんたちが解散してから、メークも衣装も洗練されてきましたね。
なにげに歌唱力も上がっているような。

呼称に関する件は、閣下本人の申した通りでしょう。
司会者が単純に間違えたのか、不勉強だったのか。
とくに、生放送 ( 生中継 ) だと訂正が効かないですからね。
録画された番組でも流れてしまったのであれば、チェックが甘い、つまり、その番組自体の質は高くないのかも・・・

今後ともよろしくお願いします。

Re: No title

05/19(日)

加夢 さま、コメントありがとうございます。

> 言い換えると「アクの強い」ということでしょうね
> ビートたけしさんとか毒マムシ三太夫さんが最初に毒舌で売り出したときに
> この人なら許せる、、、って空気を持っていたってこともあるんでしょうね
> フェラーリなどのスーパースポーツも
> ある程度アクが強くないと売れないといいますしね (*^▽^*)


はい、言い換えずとも、「アクの強さ」が主題のお話です。

今や世界レベルの映画監督の方も、売り出した頃は教員や親御さんたちが、「子供の教育に悪い」とメクジラを立てていたように記憶しております。
「アクの強そう」に見える有名人、本当に「悪いヒト」「迷惑なヒト」というよりも、知的なヒトが多いですよね。
「この辺までは悪ぶった演出で大丈夫だろう」という計算で振舞っているのではないでしょうか。

世界に名だたるスーパースポーツカー、購入なされる方々の動機としては、その個性に魅力を感じるのかもしれません。
自動車に安全性や燃費の良さを求めるのであれば、日本車のほうが優れていますから・・・

今後ともよろしくお願いします。

Re: No title

05/19(日)

トマトの夢3 さま、コメントありがとうございます。

> こんばんは~
>
> 今は個性が強い方が 人気のある時代と感じます。
> 容姿はあまり 関係ないようですね。
> 美形・上手い だけでは ダメなような・・・

こんばんは。

カラオケが普及したことに加え、美に関する技術が進化したせいか、
「美形・上手い」だけだと、多くの中から抜け出せず、埋もれてしまうのかもしれませんね。

最近、夏フェスなど、同じ会場で多数の演奏が行われることがあります。
同時刻に2つの演奏が始まることがあります。
両方とも演奏の水準が高いとすれば、オモシロい方を観たくなりますよね。
個性的であったり、観客との交流を大切にする演者さんの方が観る・聴く側のココロを掴むのかと思います。

今後ともよろしくお願いします。

Re: こんばんは♪

05/19(日)

星乃裕華 さま、コメントありがとうございます。

> 勤め先では完全に浮いてる裕華です。
> …ってか、浮いてないと一人になれず、創作の時間が持てないのでかえって困る…ということが最近分かりました。
> 職場近くの喫茶店で一人でモーニングしながら、スマホのメモ帳で二次小説書いてたのに、最近勝手に人の前に座って来るやつ(男、カン違い系)がいてマジで困ってます。
> 朝食はうまく避けたと思うと昼飯で一緒になるし、今週からは帰りの電車にまで(逆方向なのに!)乗り込んでくる始末。
> 完全にタイプ違うんですけど、困ったものです。
> (よく知らない人との世間話が何より苦痛な裕華であった…)
> ハッキリ「うぜえ!」って言った方がいいのかな…?
> 裕華にとって、浮くことは必要です。
> 創作は一人じゃないと出来ないですからね~。
> 平日は、ただでさえ時間取れないってのに…。
> おっと、メタルは今でも聴きます。
> ちなみに洋楽オンリーですが…(^^ゞ。
> (ブラインド・ガーディアン、ニッケルバック等々)


こんばんは。

浮いているというより、自ら( 集中するために ) ほかの方々と距離をとっているという感じかと理解します。
何かを創りこんでいる最中って、神経を研ぎ澄ますことになりますから、集中できる場、環境が必要ですよね。

私ごとになりますが、ブースに入って音遊びしている時にかぎって、猫のトラさんがゴロニャーンとやってきて中断することもしばしば。
一服休憩するようにというサインなのかなぁ・・・

創るための環境を外部から崩されたくないですよね。
モーニングや昼食のお店を変えても星乃裕華さまの周囲に顔を出すというのは不自然ですね。
「うぜえ!」のひと事言いたくもなることでしょう。
「今、集中する作業中なのでゴメンナサイ」と毅然と伝えれば、大抵のヒトは理解するでしょう。
が、それでも寄ってくる場合は強い意思表示が必要なのかもしれません。

今回は音楽の話というよりも、商品の印象という観点で綴ってみました。
この記事に出てきた音に関してはまた後日綴ろうと考えています。

メタルはカラダが覚えていますから、いつまで経っても聴きたくなります。
ジャーマンメタルだとHelloween などかなぁ。
国産でもメタル系で優秀なバンドが多々ありました。
またいつか、懐かしい音の話題で取り上げてみようかなぁ・・・

今後ともよろしくお願いします。

Re: No title

05/19(日)

flowerh さま、コメントありがとうございます。

> こんにちは~
>
> 確かに発想の転換は必要ですね!
>
> 個性は必要ですし、
> ただ、日本では叩かれがちですが(^^;
>
> カラオケは可愛いですが、
> バイクで暴走するっていうのは少し違う気も...
>
> 楽しく昔を楽しんで欲しいですね(^^)


こんばんは。

はい、「たまには発想の転換を」という想いを込めて筆を進めました。
もちろん、毎回突拍子もない発想ではなく、たまにはということです。

「出る杭は打たれる」というコトワザが伝わってきた通り、日本の社会においては周囲と協調することが美徳とされてきました。
文明、技術が未発達な時代には、協調してモノゴトにあたるのが最善の選択だったのでしょう。
大勢と同じように振舞うことで、無難に目立たず生活することはできるでしょう。
まれに、強烈な才能を持った方もいらっしゃり、大勢の中では目立ってしまいます。
その才能が活きるように、周りが見守ることが寛容かと思っています。

革ジャンにドカンの4人組、私生活はマジメだったそうです。
現役当時、ある峠でレコードのジャケット写を真撮影しようとバイクにまたがっていたら、本物の爆音を立てて走行する集団に取り囲まれてしまったのだとか。

昔楽しんだ音、レビューも書いてみようかなぁ・・・

今後ともよろしくお願いします。

No title

05/20(月)

久々にコメント~

銀蝿はどっぷりハマった世代です(笑)

聖飢魔IIは少し後なので弟がよく聞いてましたね~。

ちなみに両方共CDもってたりします(笑)

銀蝿はレコードももってるけどねw
検索サイトからお越しの方へ
検索サイトからお越しの方は、ブラウザのアドレス欄vitalaboloveおよび、fc2.comが含まれているかご確認ください。
含まれていない場合、偽サイトを閲覧なされている可能性があります。

偽サイトは、当ブログの文字部分や画像部分が有害サイトへのバナーと置き換わっているようです。
プロフィール

Author:Vitalabolove
ご訪問ありがとうございます。
店長を任されておりますVitalaboloveです。

コメントはお気軽に。
今のところリンクフリーですが、あと数日でとりやめます。

画像データ、文言の引用は事前連絡くださるようお願い申し上げます。事前連絡の際は、左下、メールフォームを経由をご利用ください。

最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
ランキング
いつも応援いただきありがとうございました。ただいま休養中につきランキングへ参加していません・・・

フリーエリア
内緒話などはおきてがみをご利用ください。
月別アーカイブ
メールフォーム
掲載された記事について、ご不明な点はここからお問い合わせください

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
スパムと思われるトラックバックは削除しました
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。