リンクフリーを近日中にとりやめる予定です

すでにリンクを貼っていただいている方、ご一報頂きたくお願い申し上げます。


ごく少数ですが、リンクをお断りする場合があります



ブログ内 風景光景カテゴリー

続編記事などをご希望の方は こちらへどうぞ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[補足] シオカラトンボの雄、雌

そろそろ、背中が夕焼け色のトンボでにぎわう頃でしょうか。前回に続き、トンボのお話。



初夏によく見かけるトンボ。
筆者の周り(埼玉近辺だけ!?)では、一般的にシオカラトンボと言われています。



水色の背中が印象的。
静かに後方から近づいてパチりっと。


お知らせ
活動休止にともない、この記事を事前に予約投稿してあります。
トップ記事の固定を目的としています




シオカラトンボといえば水色と思いがちですが、これはオス、メスの違いなのだとか。
オスが水色から黒になるそうです。


※ これは2013年 6月12日に掲載した記事の画像です。

一見、麦藁のような色あいから、ムギワラトンボと呼ばれることもあります。
ムギワラトンボとはシオカラトンボのメスの別名だとのこと。
※ オスでも若いうちは水色に至らず、麦藁のような色あいで、日が経つことに水色に変化するようです。



オオシオカラトンボ、シオヤトンボでも同様に、オス・メスで柄が違うそうです・・・



もしかして、ヤマトンボ??
近づいて観たところ、オオシオカラトンボのように見えます。



映りこんだ自分の姿が気になるのでしょうか。
はたまた・・・ガラス越しに何を見ているのやら・・・



前話につづき、
「首を回す姿を撮ってみたい!!」
ということで、気長に待ってみました。



しばらく休憩している様子のトンボ、口をパクパクと動かし始めました。
そろそろ首を回すかも!!



撮れたのは、アゴを突き出して上を向いた姿。
その後も、何回か首を回したのですが、うまく撮れませんでした。

撮れた際にはいずれ・・・

本日も最後までご覧いただきありがとうございます。

「つまらなかった」「判り辛った」という方もご遠慮なくコメント欄へどうぞ

テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

10/06(日)

このコメントは管理者の承認待ちです
検索サイトからお越しの方へ
検索サイトからお越しの方は、ブラウザのアドレス欄vitalaboloveおよび、fc2.comが含まれているかご確認ください。
含まれていない場合、偽サイトを閲覧なされている可能性があります。

偽サイトは、当ブログの文字部分や画像部分が有害サイトへのバナーと置き換わっているようです。
プロフィール

Author:Vitalabolove
ご訪問ありがとうございます。
店長を任されておりますVitalaboloveです。

コメントはお気軽に。
今のところリンクフリーですが、あと数日でとりやめます。

画像データ、文言の引用は事前連絡くださるようお願い申し上げます。事前連絡の際は、左下、メールフォームを経由をご利用ください。

最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
ランキング
いつも応援いただきありがとうございました。ただいま休養中につきランキングへ参加していません・・・

フリーエリア
内緒話などはおきてがみをご利用ください。
月別アーカイブ
メールフォーム
掲載された記事について、ご不明な点はここからお問い合わせください

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
スパムと思われるトラックバックは削除しました
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。