リンクフリーを近日中にとりやめる予定です

すでにリンクを貼っていただいている方、ご一報頂きたくお願い申し上げます。


ごく少数ですが、リンクをお断りする場合があります



ブログ内 風景光景カテゴリー

続編記事などをご希望の方は こちらへどうぞ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[未掲載分] オレンジ色の蝶

今回はアゲハではない蝶のお話・・・



アゲハを撮っている側で、見かけたオレンジ色の蝶。



そういえば、ここ数年見かける機会が増えたような・・・


お知らせ
活動休止にともない、この記事を事前に予約投稿してあります。
トップ記事の固定を目的としています


よく見かけていたオレンジ色の蝶はベニシジミ。



春先から、初夏にかけてはオレンジ色と黒の割合が半々。
夏になるにつれ、黒い部分が増えてゆく。



冒頭の、オレンジ色に黒い斑点模様の蝶を図鑑で調べてみたところ、
ミドリヒョウモン、ツマグロヒョウモン、ウラギンヒョウモン、クモガタヒョウモンなどなど、
「~~ヒョウモン」と付く蝶だけでも多数の種類が載っていて奥が深い。
専門家でもないかぎり、即座に判別するのは難しそう・・・



これは「ツマグロヒョウモンのメスかなぁ!?」といった具合・・・
パっと見た感じは、カバマダラやメスアカムラサキが似ています。が、斑点、つまりヒョウモンの数が明らかに多い。



これはツマグロヒョウモンのオス???
ツマグロヒョウモンのメスに比べ、オスは他の「~~ヒョウモン」と類似していて、紛らわしい・・・



筆者の手もとにある図鑑は最新版ではありません。それに依ると、
ツマグロヒョウモンの生息する地域は近畿地方より西とされていました。
その図鑑が出版された時点では、関東地方は生息地には含まれていなかった模様・・・



ここ10年くらいの間に、ツマグロヒョウモンは関東各地で見かけることのできる蝶へと変わったようです。

おそらく、気候変動により生物の生息域が広がった ( 北上した ) のでしょう。
蝶の北上は気候変動だけでなく、日本各地で蝶の好む花が栽培されるようになった事も影響しているのかもしれません。

2013年12月25日分で綴ったアカボシゴマダラのように、誰かが野に放ったような例もあります・・・



お腹いっぱいになるまで、ごゆっくり~。

本日も最後までご覧いただきありがとうございます。

「つまらなかった」「判り辛った」という方もご遠慮なくコメント欄へどうぞ

テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

検索サイトからお越しの方へ
検索サイトからお越しの方は、ブラウザのアドレス欄vitalaboloveおよび、fc2.comが含まれているかご確認ください。
含まれていない場合、偽サイトを閲覧なされている可能性があります。

偽サイトは、当ブログの文字部分や画像部分が有害サイトへのバナーと置き換わっているようです。
プロフィール

Author:Vitalabolove
ご訪問ありがとうございます。
店長を任されておりますVitalaboloveです。

コメントはお気軽に。
今のところリンクフリーですが、あと数日でとりやめます。

画像データ、文言の引用は事前連絡くださるようお願い申し上げます。事前連絡の際は、左下、メールフォームを経由をご利用ください。

最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
ランキング
いつも応援いただきありがとうございました。ただいま休養中につきランキングへ参加していません・・・

フリーエリア
内緒話などはおきてがみをご利用ください。
月別アーカイブ
メールフォーム
掲載された記事について、ご不明な点はここからお問い合わせください

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
スパムと思われるトラックバックは削除しました
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。