リンクフリーを近日中にとりやめる予定です

すでにリンクを貼っていただいている方、ご一報頂きたくお願い申し上げます。


ごく少数ですが、リンクをお断りする場合があります



ブログ内 風景光景カテゴリー

続編記事などをご希望の方は こちらへどうぞ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[未掲載分] マンデビラ

ネコノヒゲに続き、掲載に至らなかった件。



開花直前、やさしそうなピンクに魅かれる。



うまく咲いたら載せるつもりで準備していたのだが・・・


お知らせ
活動休止にともない、この記事を事前に予約投稿してあります。
トップ記事の固定を目的としています


マンデビラはキョウチクトウの仲間で、和名はチリソケイ ( チリ素馨 )。
メキシコからアルゼンチンにかけての熱い地域が原産地。



ところで、マンデビラという語を見てニヤっとしたヒトがいるかも。
はたまた、購入の際、店員さんに訪ねるのが恥ずかしい!?!?

マンデビラ

名前の由来を調べようとすると、おおむね
「19世紀にブエノスアイレスに駐在していたイギリス公使マンデビルにちなんで名づけられました。」
など文言は一律。 さらに、1837年 ( 西暦 ) と揃っている。

マンデビラ

んんん??これって
「ブルーベリージャムが大好きなイギリス空軍のパイロットいて、視力が良かった」とか
「ポパイが強いのはほうれん草のおかげ」といった類の話なのだろうか???



ブエノスアイレスといえば、アルゼンチンの首都。また、古文書を探ってみると、本国への打電、軍需品の見積もりや選挙の名簿などの中に Mandeville の名がみつかる。
よって、その説は妥当なようだ。もっとも、マンデビラは食糧でもないし意図的に普及させる目的は無いだろう・・・



ほかにも ディプラデニア や チリアンジャスミン ( Chilean jasmine ) などの呼び方があるが、「マンデビラ」の呼び方が広く使われているようだ。



もともと中南米の花ということで、陽あたりのほか、水と肥料をたっぷり与えるのが良いとのこと。
とはいえ、手間がかかるモノ、手軽でないモノは広まらない。



日本の風土に合わせて育ち易いように改良されてきたとのこと。
アサガオを育てるような感覚で気軽にチャレンジできそうだ・・・



マンデビラの仲間は 100種類以上も流通しているらしい。



こちらはマンデビラの中でも違う種。



ツボミをみるかぎり情熱的。
マンデビラの花言葉のひとつは「情熱」。



私たちは桜を愛でる。それに比べメキシコからアルゼンチンやチリなどは熱い地。
血が騒ぐような情熱的な花が好まれるのもまた然り・・・

本日も最後までご覧いただきありがとうございます。

「つまらなかった」「判り辛った」という方もご遠慮なくコメント欄へどうぞ

テーマ : 花・植物
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

検索サイトからお越しの方へ
検索サイトからお越しの方は、ブラウザのアドレス欄vitalaboloveおよび、fc2.comが含まれているかご確認ください。
含まれていない場合、偽サイトを閲覧なされている可能性があります。

偽サイトは、当ブログの文字部分や画像部分が有害サイトへのバナーと置き換わっているようです。
プロフィール

Author:Vitalabolove
ご訪問ありがとうございます。
店長を任されておりますVitalaboloveです。

コメントはお気軽に。
今のところリンクフリーですが、あと数日でとりやめます。

画像データ、文言の引用は事前連絡くださるようお願い申し上げます。事前連絡の際は、左下、メールフォームを経由をご利用ください。

最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
ランキング
いつも応援いただきありがとうございました。ただいま休養中につきランキングへ参加していません・・・

フリーエリア
内緒話などはおきてがみをご利用ください。
月別アーカイブ
メールフォーム
掲載された記事について、ご不明な点はここからお問い合わせください

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
スパムと思われるトラックバックは削除しました
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。