リンクフリーを近日中にとりやめる予定です

すでにリンクを貼っていただいている方、ご一報頂きたくお願い申し上げます。


ごく少数ですが、リンクをお断りする場合があります



ブログ内 風景光景カテゴリー

続編記事などをご希望の方は こちらへどうぞ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[検索語彙への応答] 信長の野望 嵐世記 (2)

今回も「嵐世記 攻略」などで検索サイトから訪れるヒトへの応答。



前話で城攻めについて触れたので、その続き・・・


お知らせ
活動休止にともない、この記事を事前に予約投稿してあります。
トップ記事の固定を目的としています


まずは、出陣できるか否かでつまづくヒトがいるかもしれないので触れておこう。
※ わが国の戦国時代に触れる場合「国」と表現される場合、現在の各都道府県と置き換えると理解しやすい。

史実上の織田信長公は尾張 ( 愛知県 ) 一帯を支配下においた後、美濃飛騨 ( 岐阜県 ) へ向かった。
このゲームでは、ほかの国へ出陣したい際、制限が加わる。詳しくは製品付属の説明書の13ページ目中段に載っている。ここで言う説明書とは「戦国兵法書」と題してある小冊子のこと。

※ ゲーム序盤では支配している城が少ない。同じ国内の別の城を攻める場合は特に制限が無い。



出陣可能な条件は
・隣接している国
・国内の過半数を支配下におくこと
の二点。

ひとつめの「隣接している国」に関してだが、その前の烈風伝や、その後のシリーズではこの制限が無い。信長の野望シリーズを楽しんできた方々は違和感かも。

ふたつめの「国内の過半数」に関してだが、注目すべきは「自家の城が過半数」という点。味方の城 ( 敵ではない ) とはいえ、主従関係や同盟関係にある他大名の城は「他家の城」である。
ここでの主従関係とは現在に置き換えれば親会社と子会社の関係のようなもの。
弱小な大名でプレイする際、期が熟すまでほかの大名に従属するのもひとつの策である。従属している間、強力な大名と敵対を避けられる。
ほかの大名に従属している状況、つまり、子会社のような状況においては、他家が攻めてきた際に親会社に援軍を要請できる。反面、他家の城を攻めても良いか否かを親会社の承諾が必要になったり、年始には馬や食糧を献上せねばならない。

もうひとつ他家と争わない方法として、大名の姫が他家へ嫁ぐことで血縁による同盟を結ぶことも可能だ。

弱小な段階では、同じ国内で同盟を結び争いを避けることができる。しかし、ゲームが進むにつれ他国へ出陣できるか否かで足かせとなってしまうかも・・・

さてさて、出陣と主従関係が判ると攻略の近道が見えてくる。
当時の首都は京都。上洛、つまり京都へ軍を進め支配することでゲームを有利に展開できる。京都にある城はひとつ。室町御所、時期によっては二条城。

仮に、現在の九州や東北地方の大名でプレイしていたとしよう。
九州であれば島津家もしくは大友家、東北地方であれば伊達家や南部家でプレイすると早めに地方統一できるハズ。
地方を統一すると、名声が高くなっているので、弱小大名を従属させることも可能。
ということで上洛への近道を・・・



ほか、紀伊 ( 和歌山 ) 、摂津河内 ( 大阪 )から京都へ向かう策や美濃飛騨、近江 ( 琵琶湖周辺 )といったルートもある。
近江では六角家、浅井家が強いだけでなく、さらに朝倉家が敵陣の援軍に加わる。同様に紀伊、摂津も強敵が存在する。
その辺を考えると、伊勢志摩、伊賀、京都へと向かうルートが安易かも。

このゲームにおいて、伊勢志摩には3つの城がある。ある時期までは北畠家と長野家が2対1の関係で支配している。もしこの状態にあるなら上洛のチャンスである。
プレイヤーの名声がある程度の高まっている場合、長野家が従属する可能性は高い。
さらに翌月以降、屈服、軍門に下せば伊勢志摩にある3つの城のうち亀山城が自家の城となる。
伊勢志摩の亀山城から北畠家の大河内御所もしくは鳥羽城へ出陣し、どちらかひとつを陥落させれば過半数を支配した状態となる。伊勢志摩から伊賀への出陣可能になる。さらに伊賀から京都へ・・・

ここで北畠家を滅す必要はない。たしかに、3つの城がある国では全てを支配したくなるものだが、ゲーム終盤までは全ての城を支配せずに過半数でとどめておくメリットもある。
例えば、支配する城が増えたとしても、武将が少ないならば警備が手薄になる。たしかに、多くの武将を登用すれば人材不足の心配から解放されるが、石高に限りがある以上、最小限の人材でゲームを進行しないと食糧不足などに陥る。さらに、大名と相性が悪い武将を雇うと反逆しかねない・・・

最後に、出陣できる部隊数について触れておきたい。参戦できる部隊の数が多いほど戦は有利になる。このゲームにおいて、ひとつの国で出陣できる部隊は最大で10。

ほかの国に攻め入る場合、その2倍、3倍の敵を相手にするかもしれない。その前に、攻め入る隣国の国人衆や水軍衆と親交を深めておけば、戦の協力を期待できる。コマメに物資の援助を行うことで親交が深まる。それらが加わっても部隊数が少ないと辛い戦もある。

複数の軍団でひとつの国に攻め入るならば、軍団の数× 10部隊 の参戦が可能となる。国によっては4方向から40部隊で攻めることもできる。
軍団とは家臣団のことで、支配する国がひとつの段階では軍団を増設できない。2つ以上の国を支配した段階で新しい軍団の作成が可能となる。最大8軍団まで。
軍団を新設したら軍団長を任命し、方針を与えることでゲームを半自動的に進めることができる。軍団長が大名の一族 ( 兄弟や子孫 ) であれば、第一軍団と同様に直接指示することも可能。



大名の属す第一軍団は、プレイヤーの意思によって好きな時に出陣できる。その際、第二軍団以降が同時に攻め入るのが望ましい。
もし、第二軍団以降の軍団長が大名の一族でない場合、直接指示できない。よって、いつ参戦するかは不明。大名の一族の武将でも能力値が低い状況もあり、ゲームを進めるにはほかの武将を任命せざるをえない状況もある。
ほかの軍団と同時に攻め入るようにするには、合戦前に、参戦させたい軍団の軍団長を大名の一族に変更する。
頻繁に軍団長を交代するのは良いことではない。もしかしたら、それまでの軍団長が不満を抱くかもしれない。不満は謀反のもと。それまでの軍団長を大名の側に移動させ、警備を固めることで敵の謀略に掛からないようにしたい。

ここでは合戦が終わるごとに、コマメに軍団の編成を見直すのが近道だ。攻めたい国の近辺を第一軍団、大名一族が率いる軍団に設定する。一方、敵と接していない国を別の軍団に配分しなおす。敵と接していない分、戦は発生しないので軍団長は能力の高い武将に任せ農業や商業に力を注ぐのが良いだろう・・・

※ 敵と接していない国でも、国人衆との交流を怠ると一揆が発生する。

前話と重複するが、全ての武将を参戦させない、留守居役を残すようにしたい。他国で敗れた武将が放浪している状況において、浪人が城を乗っ取ってしまうイベントが発生する。

残りは次回・・・

本日も最後までご覧いただきありがとうございます。

「つまらなかった」「判り辛った」という方もご遠慮なくコメント欄へどうぞ

テーマ : PCゲーム
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

検索サイトからお越しの方へ
検索サイトからお越しの方は、ブラウザのアドレス欄vitalaboloveおよび、fc2.comが含まれているかご確認ください。
含まれていない場合、偽サイトを閲覧なされている可能性があります。

偽サイトは、当ブログの文字部分や画像部分が有害サイトへのバナーと置き換わっているようです。
プロフィール

Author:Vitalabolove
ご訪問ありがとうございます。
店長を任されておりますVitalaboloveです。

コメントはお気軽に。
今のところリンクフリーですが、あと数日でとりやめます。

画像データ、文言の引用は事前連絡くださるようお願い申し上げます。事前連絡の際は、左下、メールフォームを経由をご利用ください。

最新記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
ランキング
いつも応援いただきありがとうございました。ただいま休養中につきランキングへ参加していません・・・

フリーエリア
内緒話などはおきてがみをご利用ください。
月別アーカイブ
メールフォーム
掲載された記事について、ご不明な点はここからお問い合わせください

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
スパムと思われるトラックバックは削除しました
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。